SMの専門サイト
言語切り替え

SM系サイトのSEO対策と基礎知識、作成の基本

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

SM-Iは素人でもわかりやすいようにSEO対策の内面をかみ砕いた表現でコンテンツを無料掲載しています。

こちらでいう素人とは最低限HTMLの基礎やCSSの基礎がわかっている方を示します。HPを作った事がない、ブログを運営しているけどHTML自体は全くわかっていないという方は大変恐縮ですが、まずHTMLの基礎知識をネットで調べてある程度のレベルに達してからお読みになれば非常に理解しやすいとおもいます。また、文章表現として”取材のような口ぶり”のように感じられるとおもわれますが、こちらはご了承いただきたくおもいます。

SEO対策趣旨と実験検証

Googleの公式発言を元に事実であるかどうかを予め数か月前からつねにテストサイトを作って検証をし、報告するのがSM-Iです。したがって、Googleの公式発言とは異なる結果が出力される事もしばしばございますが、Googleのアルゴリズムがアップデートされてもなお検証結果は今まで変わっておりません。だからといってSM-Iの検証結果が100%正しいと思いこむご判断はおすすめできません。

SM-Iの更新ひんどは数百設置したテストパターンを公式発言と照合し、その結果が2重3重にも同様の結果とされた場合のみそのご報告をしておりますので、ランダムな更新になります、こちらはご理解いただきたくおもいます。また、SM-IのSEO対策検証は「.tk」という数ヶ月なら誰でも無料で使用できるドメインでテストを繰り返しております、ご覧になっているみなさまがそのテストの結果を自分の目でみたいと思う頃にはドメインは失効しておりますので、こちらも合わせてご了承いただきたくおもいます。

SEO対策は無意味なのだろうか?

人によってはSEO対策など無意味と言う、これは考え方の価値観の差でもある。我々のようなつねにSEOを意識しているWEBサイト運営者にとっては重要度が高いが、ネットで物販をおこない、売上がそこそこ伸びているサイトには全く無縁だともいえる。それに過去の統計データでは非常に興味深い結果がでている、特定キーワードの上位サイトのほとんどがSEOを意識していないというものだ。これはSEOを意識している人々が損なイメージもあるが、そうではない。

この結果は実際には頷(うなず)ける部分がたくさんある、たとえば我々がSEO対策をするためにいろいろと時間を費やして調べたりソースやキーワードを変えてみたり、筆者の場合はテストを繰り返す等の作業をしている間に彼らはSEOなんてどうでもいいと考え、コンテンツをひたすら作っているのだ。我々SEO対策者側は時間のつかい方がコンテンツ制作よりも研究がメインとなっている、しかし彼らは売上を伸ばす手段を考え、コンテンツ制作だけをしている。これがGoogleのスポークスパーソンであるジョン・ミューラーの発言通りの結果となっている。「Google対策よりもユーザー対策をするべきだ」この言葉は正しい、現にユーザー対策をおこなっている業者のほうが掲載順位もよく売上も伸びている。

しかし、一旦パンダアップデートが行われるとSEOを意識していない業者も若干は慌てふためいている。それでもコンテンツ制作を基準に業務をこなす姿勢はとてもすばらしい。仮に掲載順位が下がり、売上が下がっても商品の質やコメントでふたたびのし上がってくる。

このような状況を考えると実際にSEO対策をするのは我々SEO好きマニアだけであり、ユーザー対策をしている業者や個人はSEOの重要さのかけらすら持っていない事になり、しいて言えば彼らのやり方がもっとも正しいWEBサイト運営ではないのか?と考えさせられる。


SEO対策は気が向いたらする程度が無難:

結論としてはこんなところだろう、気が向いたらちょっとソースをいじるなどしてみたり、デザインを変えてみたりする。それは人間でいう気分転換に似たようなものであり、我々のように1日中Googleを追いかけまわしているよりも余程効率的だ。但し、SEO業者だけはそうはおもっていない、なぜなら実績を持っているからだ。SEO対策をする事で掲載順位も上がり、同時に売上が伸びるという実績を残している以上、彼らのSEO対策という業務もまた間違ってはいない。彼らも統計データは当然とっているだろうし、顧客の契約を継続させるためには信頼第一でもある、信頼は結果が全てであり、顧客の満足を得るための研究をしているのも事実だ。

しかし、筆者がネットで調査した限りではSEO業者はいちばん重要な武器は絶対に使っていないのだ、こればかりはさすがにたとえ顧客といえどもテクニックを知られたくないのだろう、技術の出し惜しみをしているのも明確にわかる。これは権威として、顧客よりもつねに強い立場を維持するための手段の1つだと筆者は考える。

ページランクとサイト評価のちがいとは?

勘ちがいをしている方が非常に多いので、ここにズバリ書くがページランクは1ページに対する評価だ、そのサイト全体の評価ではない。そもそもサイト評価自体はユーザーが決める事であり、Googleのアルゴリズムが決める事ではない。Googleのアルゴリズムが決めるのは1ページ毎に対する評価だ、それをページランクと言う。サイト全体の評価として悪質もしくは詐欺的な行為、スパムなどガイドラインに背いたWEBサイトは圏外というペナルティが課せられるが、これはGoogleのアルゴリズムではなくおそらく人が実際に確認して圏外追放していると推測する。なぜなら、ページランクを基準に考えればよいコンテンツを作成しているサイトも多いからだ。スパムサイトや悪質サイトがSEO対策をしない訳がない、確実に意識して作成しているのはまちがいないとおもわれる。

上記に記載した通り、ページランクはページ単位での評価をしている、したがって特定のキーワードで上位に掲載されるのはサイトのトップではなく、そのページが上位に表示されているはずだ。1ページをどれだけ丁寧に作り込むかがページランクの基準になっている、それぞれのページは全て別々に評価されている、したがってサイト全体という評価があるとすればその合計値に基づいてそのWEBサイトのいちばん基準になるキーワードで上位掲載するのだとおもわれる。たとえば楽天やYahoo!ショッピングなどを例とした場合、「ネット通販」で上位に掲載される。しかし、その下層ディレクトリにはさまざまなショップがあり、その更に下には商品の詳細ページがある。検索キーワードによって表示するのは楽天やYahoo!ではなく、その商品ページが表示されるのはみなさんもご存じだと思う。もしくは仕事を探しているユーザーが決めたキーワードが必ずしも就職/転職サイトがヒットするわけではなく、条件にマッチングした会社の「社員募集」ページが表示されるケースはよくある。これはその会社の社員募集ページの評価が高いために上位表示する、そういう意味ではいくら大手サイトであってもキーワードによっては苦手な部類もあり、得意な部類もあるのだろう。

現在Googleではページランクを表には一切公開していないが、Google内部ではかなり重要な評価要素として使用していると公言している。ページランクはページ単位での評価、これをまずは頭に入れていただきたい、そして1ページ1ページを丁寧に作り上げる事が高評価を得る方法であると筆者は考える。

正しい被リンクと相互リンクの知識

まず、被リンクとはなにか?相互リンクとはなにか?から説明しよう。被リンクは特定のURLから静的にリンクを貼り付けるリンクの事であり、相互リンクとはちがうドメイン所有者がお互いにリンクしあう事をいう。このちがいがお解りになるだろうか?

被リンクは内外URL、相互リンクは外URLという事だ。

よく無料被リンクというキーワードで検索している人がいるようだが、それは無意味である。外部でも内部でも被リンクは同じ代物であり、その価値は大して変わるものではない、被リンクは他サイトからのリンクではない、内部と外部それぞれのURLからのリンクが被リンクというものだ、そこをまず勘ちがいしている人がいれば概念を正してほしい。

つまり、被リンクは自分のサイトの中でいくらでも作る事ができるということである、但し1ページ内に設置する被リンク数は適度でなければならない、言ってみれば多くても30程度ではないだろうか?この数字に関しては筆者もテスト検証した結果明確なこたえは出せなかった。たとえばこのサイトは上と左に被リンクが貼られてある、上にはメニューで6リンク、左に14リンクあり、その内、外部へ被リンクしているのは6リンクだけだ、その他は全てサイト内の被リンクとなっている。

Googleはこのメニューやサイドバーリンクはデザインの1つとして認識するため、リンク先を辿(たど)るのは上から3つ程度しか辿らない。つまり、本文中の被リンクのつかい方でページの評価が左右されるという事だ。本文の中には不自然な被リンクを記載しないように心がける、たとえば携帯という文字がキーワードである場合に全ての携帯という文字を被リンクにしてしまうのはスパム行為と判断される事があるので要注意だ。


相互リンクの仕方にはルールがある:

相互リンクをもしするならば必ず同じ条件をお互いに決める事が必須となる。同じ条件とはリンクを貼り付ける場所の事だ、お互いにリンクページというページを作り、そこに貼り付けるのもよいしお互いにトップに貼り付けるのでもよい。しかし、お互いに相手へのリンクをリンク専用ページから相手のトップに貼り付ける事はスパム行為と判断される事があるので、気を付けてほしい。

また、相互リンクする場合にはカテゴリが統一されていない場合はnofollowを入れないとお互いに評価を下げてしまう可能性があるので、注意してほしい。

nofollowの記載方法:<a href="http://exsample.com/" rel="nofollow">

ちがうカテゴリ同士はなぜ相互リンクしてはいけないのか?

疑問に思うかもしれないが、これはユーザーの行動をさまたげる行為が何度も発生してしまうためである。ユーザーはテーマを基準にサイトの巡回をおこなう、たとえばペットというテーマでサイトを巡回している中でレストランに行きついたらテーマ崩れを起こしてしまうわけだ、これをGoogleは阻止したいと考えているのだろう。ユーザーは頭に疑問を抱き、その解決策を探している、その先に別のカテゴリのHPが出現したら、ユーザーの行動のさまたげになるのは理解できるはずだ。したがって、相互リンクは同一カテゴリにするのが理想であり、別カテゴリのリンクを設置するならnofollow(このリンクは勘弁してくれのようなもの)を入れるのがルールとなっている。


URLとは何を示す言葉なのか?:

割と知らない人がいるのでついでにここで説明するがURLとは1つのページを表示するページ単位の事である。たとえばexsample.com/shop/abc/123/456.htmlもURLであり、www.exsample.com/もまたURLである。それぞれは1ページしか存在しない(正確には表示しない)ので、世の中で1つしかないページなわけだ、これをURLという。

SEO診断/自分のサイトを確認してみよう

自分のサイトがどのような構造になっているのか、もしくはテーマが決まっているのか?SEO診断をしてみてはいかがだろうか?SEO診断とはおそらく造語であり、決まったルールは特にないとおもわれる。しかし、このSEO診断は割と自分が見えていない部分がみえてくるかもしれないので、若干役に立つ・・・かもしれない。

SEO診断:

・タイトルはテーマを含んだタイトルになっているか?

・サイト構造はテーマに沿った構成になっているか?

・1ページの中に被リンクが30を超えていないか?

・1ページの中に外部リンクがあり、テーマがちがう場合にnofollowを入れているか?

・<strong>タグを1ページ3つまでとしているか?

・canonicalを設定している場合、全ページにそれぞれのcanonicalを設定しているか?

・サイト内容に専門性/権威性/信頼性があるか?

・問い合わせフォームやFAQなどの設置があるか?

・UX(ユーザーエクスペリエンス)を考慮しているか?

・モバイル対応している場合、読み込みスピードを計算して作成しているか?

・metaタグにスパムと認定されるような大量のキーワードを入れていないか?

・本文は議題と解決策の構成としているか?


このSEO診断はあくまでも筆者の私見である、最低限このルールに沿っており、掲載順位があがらないのは他に理由が考えられる。たとえば自分のサイトへの被リンクがスパム指定されているサイトであるなどがあげられる。これは否認ツールを使えば防御できるが、あまり乱用するととんでもない結果になってしまう事も実は経験ずみなので、できる限り使わない事をおすすめする。その他の理由としてはキーワードの選択ミス、及びキーワードがビッグワードである場合にも掲載順位がなかなかあがらない原因の1つである。

YMYL(Your Money or Your Life「お金や生活」)はみなさんもご存じだと思う、このYMYLに仲間入りするキーワードをテーマとして作成すれば上位掲載を狙う事も不可能ではない。たとえばお金で言えばビジネス/国債/投資/販売/クレジットカード/借金などがこれに該当する、仮にビジネスというテーマを選んだ場合にどうやってビジネスをするべきなのか?はテーマから若干ズレる可能性があるので、具体的に議題と解決策の組み合わせでコンテンツの作成をするとよいだろう。上記例がなぜテーマから外れるのかと言えば、ビジネスの仕方を執筆する事は読み手にとってアイディアを分けてもらう形になるため、WEBサイト運営者自身にメリットがない、したがって伏せた記事になりがちになってしまうのだ。伏せた記事は真偽性が強く、信頼性の面で言えば信頼できないという考えも想定できる。したがって、SMビジネスの種類をテーマとし、どのような種類があり、どんな内容でどのような利益見込みがあるのかを起承転結で執筆すればよい。ここでいう種類は議題、利益は解決となるので、記事形式によほど変な文体を使わなければそこそこの評価はえられるだろう。

高品質コンテンツとは?その意味とは?

高品質コンテンツとはページそのものを示す、この一言で終わってしまっては意味が伝わらないのでその具体的な例を下記に参考資料として提示する。

高品質コンテンツとは?:

記事/画像/動画/リンクをバランス良く配置し、尚且つユーザーが何度も見返したくなるような人を引き付けるページの事をいう。高品質と命名されるからには理由がある、

どこの誰も書けない独創性ユニークさが盛り込まれたページであり、テーマ崩れをしていない、専門性/権威性/信頼性のあるページを示す。

上記例からすれば専門性はまだネットで調べればある程度コア的な記事を執筆できるかもしれないが、権威性と信頼性はどう作り込めばいいのか?実はこの3つの俗にいうE-A-TEA-Tに分けられるのが実践での結果だ。

・E:Expertise(専門性がある)

・A:Authoritativeness (権威がある)

・T:TrustWorthiness (信頼できる)

なぜEとA-Tに分かれてしまうのかの理由だが、ちょっと考えればわかる事だ、1つのページを作った、そのページを誰も見ていないとすればE-A-Tは成り立つだろうか?考えてみてほしい、Eは上記記載通り、専門性についてはネットで調べれば書ける項目だが、Aはいわば実力者であり、教祖様のようなものだ。誰一人見ていないのに教祖様もなにもないだろう。次にTだ、信頼もAと同様に人が見なければ信頼もなにもない、人がそのページを読んではじめて信頼にあたいするかどうかの判断をする。したがって、ページを作成した時点ではEしかないわけだ。


結論:E-A-Tコンテンツの作成は不可能である

AとTはコンテンツがインデックスされ、尚且つ人がたくさん読みはじめて権威と信頼が発生する。ではAとTはどうやって獲得すればよいのだろうか?これには相当な努力が必要になる、たとえば1つのテーマのWEBサイトを運営し、10年以上継続して信頼を得る、信頼を得れば権威が発生する。そのWEBサイト内でEコンテンツ(専門ページ)を作成すれば、それはE-A-Tコンテンツとして評価される。したがって、AとTはサイト全体に対する権威と信頼性を維持しなければEを評価される事もないのだ。

よく他のSEO対策サイトでE-A-Tの作成の仕方がどうのこうのと書いているがそれはあり得ない、現に筆者はサイト開設から18年以上運営しているサイトがある。それと去年オープンさせたサイトもあるが、この2つのサイトの差はまるで話にならない、18年経過しているサイトはどんな記事を書いてもユーザーは何度も読みに来るが、去年オープンさせたサイトについては閑古鳥状態だ。どんなに専門的な知識でコンテンツを制作してもE-A-Tのコンテンツの作成は時間と労力が必要であることを忘れないでほしい。特にSEO業者がそんな告知や文句で宣伝したり、ブログにいかにも「あなたにでもできます」の様に書いているのは大嘘だ、これは筆者の経験からしても絶対にありえない事である。

HTMLのエンコードは何が正しいのか?

HTMLのエンコードは主に次の3種類に分けられる。UTF-8 / Shift_JIS / EUCがメジャーなエンコードだが、果たしてちがいはあるのだろうか?現在のHPはほとんどがUTF-8で作製されているが、どこがどうちがうのか?また、Googleの評価に影響があるのかないのか?をこちらで解説する。そもそもUFT-8がメジャーになったのはバイト数が2倍である代わりに化け文字にほとんどならない点が注目をあつめた。Shift_JIS(sjis)をCGIで動かすと主に「申/予/十/表」などの文字が化け文字として表示されてしまう事に対し、UTF-8は文字化けにならないのだ。これは作成側にとっては非常に楽である、従来のsijisを使用している場合は¥でくくらなければならない、たとえば¥表¥示のようにしないと化け文字となってしまっていた。UTF-8はその面倒な作業がない、但しこれはHTMLだけで構成されているページについてはどのエンコードも変わらない。あくまでもCGI(パール)のようなプログラム言語でHPを作成した場合にのみ発生する現象だ。

GoogleやYahoo!がUTF-8だからそれを使うべきだと発言するあるいはそう認識している人も少なくないとおもわれるがそれはまちがいだ。実際にはどのエンコードを使用しても問題はない、つまり掲載順位にエンコードは全く影響はしないのだ。現に筆者はここ数年のエンコードちがいによって順位に影響があるかないかを検証してきたが、結果としては全く関係ない。sjisで1位もあり、eucで1位もあるのであくまでもコンテンツの問題だと証明された。

但し、エンコードの種類はどうあれ「日本語で記述しています」という発言は必須となる。<html dir="ltr" lang="ja">のような”日本語で書いてます”発言はHTMLに記述しないと、ブラウザによって化け文字で表示される事はしばしばある。

筆者が作成するWEBサイトは2つのエンコードを使用している、これは単純にパソコン/スマホ/タブレット/携帯電話(ガラケー)の端末で接続していると仮定しているためだ。UTF-8は全体的なページ作成に使用しているが、メールフォーム(お問い合わせ等)においては上記端末の中でガラケーだけがsijisでないと未対応になってしまう。ガラケーからのメール送信はsjisのみとされており、SM-Iのお問い合わせフォームも同様にsjisで作製している。りんきおうへんではあるが、実際に何機種かテストした結果UTF-8ではメールが化ける事が筆者の検証では確定事項となったためこの様な仕様としている。もちろん、筆者の運営する他のサイトも全て申込フォームやメールフォームについては全てsjisで作製している。この方式でガラケーからの問い合わせでメールが化けた事はなく、他の端末からのメールも文字化けする事なく読めている。

結論:HTMLエンコードは何を使っても掲載順位に影響しない

HTML構成で作るならば、お問い合わせや申し込みなどがページ内にあるとすればsjisで作製するのが堅いとおもわれる、猫もしゃくしもUTF-8とされているが、単なるはやりの程度として考えても問題はない。

Googleのクローラーとは?

Googlebotと呼ばれるHPを自動で巡回し、HP内容をデータベースに読み込む自動のプログラムがあるのはご存じだろう。まず先に言っておくが、クローラーとGoogleアルゴリズムは無関係である、クローラーの来るひんどが高いと掲載順位が上がりやすいという話をよく耳にするが、これは考え方しだいである。クローラーがひんぱんに自分のサイトをクロールするのはそれだけ外部からの被リンクを集めているからだ。仮にコンテンツが適当なものであっても外部被リンクが数万、数十万あればコンテンツの品質がどんなに悪くても上位表示する(但しスパムサイトや詐欺サイトは除く)。これはGoogleの公式発言でいう高品質コンテンツと被リンク数でほとんどが決まってしまうという発言には繋がらない。Google側がにごした発言がある、「ユーザーのアクセス数もしくはブラウザへのブックマーク」という言葉だ、これはなぜにごしたのだろうか?結果は一目瞭然(いちもくりょうぜん)であった。筆者が試したテストサイト運用でこの裏付けが取れたのである。ページ内容は至って単純なキツネのページをテーマとしたもので、ページの作成後にインデックス処理をおこなう(コンソールのFetch as Google)、数日待ってGoogleにページがそれぞれインデックスされたのを確認し、協力者を募って2000人程あつめた。協力者はそれぞれバラバラに200人ずつ毎日10日間に渡りキツネページへのアクセス及びブックマークをしていった、結果は1位であった。外部/内部共に被リンクなし、ページは普通にキツネの生態系と写真、サブページにはキツネの習性や世界に分布する種類等のページ、合計で16ページのWEBサイトだ。YMYLに準じていない、E-A-Tにも準じていない、どこからもリンクされていないのに堂々の1位獲得を果たした。更にユーザーからのアクセスがあればあるほど、ページを更新すればクロールされる率が高くなったのである。つまり、外部からの被リンク=0(ゼロ)であってもアクセス数があればクロールひんどは多くなり、ページの更新は適度にすれば問題なく掲載順位を上位に維持できる。同様の実験をテーマ”タヌキ”でやってみたが結果は同様であった、但し、キツネ/タヌキどちらもその1単語ではなく、2単語での検索結果での1位である事を付け加えておく。


Googleのアルゴリズムはページ単位でその評価をおこなうが、評価というのはコンテンツの質/被リンク/アクセス数/共有数/ブックマーク数の5つで主に判定されているのはまちがいない。そして、クローラーが訪れる回数がふえるのはユーザーの行動と外部被リンクによってトリガーとなるのだろう。Googleのガイドラインによれば、1ページ内に多くの外部への被リンクをはりつけているとペナルティ扱いとされる、よくある相互リンクページという中にありえない数のバナーリンクが設置されているのを見た事はあると思う。このようなページはスパム行為のあるページと判断され、下手をすればそのドメイン丸ごと圏外扱いとなってしまう。いくらアクセス数を伸ばしたいからといってスパムサイト扱いにされてしまっては本末転倒だ。外部からの被リンクは適度におこなう、後はリピートユーザーを増やす事を優先すればクロールされる回数が自然に増えていくので、何事も適度にするのが無難だろう。

SM-Iの運営趣旨について

ご覧になっている方は「このサイトは何がしたいんだろう・・・?」とおもわれているだろう、このサイトは筆者がSEO対策のテスト実験検証結果を残すためのコーナーである。筆者にとってSEO対策とは趣味の一環であり、こうやって記事を書きつづる事で新たな発見が見出されるアイディアを見つけるためのサイトでもある。SM-Iを偶然にも発見したユーザーは他のSEO対策サイトと視点がちがう事に若干おどろくかもしれないが、筆者は実験を繰り返し明確な回答を出す事がとても楽しい。Googleの公式発言はガイドラインに書いてあるものを詳しくユーザーに伝えているものであり、正しいという事は否定しない。しかし、現実を言えばGoogle自体も理解をしていない、もしくはGoogle自体がわかっていない事もたくさんあるのだ。これはGoogleのスポークスパーソンであるジョン・ミューラーも公言している事だが、スタッフもGoogleの全てを把握しているわけではないのだ。では誰が証明する?誰もしないなら自分で試してみようと考えた結果このサイトの運営にたどり着いたのである。

SM-Iに記載している実験検証結果はあくまでもその時期のアルゴリズムであり、月日が経てばアップデートが繰り返される。しかし、実験はつねに起動しており、その都度わかった事があればこちらへ掲載しているのが現状だ。筆者は何事も研究という精神に基づいて活動をしている、本職は単なるHTMLコーディネーターであり、正直言ってWEBデザインのセンスもほとんど持っていない。他にもいろいろなサイトをてがけているが、そのほとんどがこのような執筆サイトだ。画像も使用していない、動画も使用していないような見た目がパッとしない記事サイトでしかない。筆者がはじめてHPを作成したのは1995年である、今から21年前にさかのぼるが、その当時は日本にYahoo!も存在していないようなネット自体がまるで統一性のとれていないバラバラな環境下にあった。それがYahoo!や他の検索エンジンの誕生でサイトの登録という概念が発生した、それが一時期はメジャーとされていたが、Googleの出現でネットの世界は規律とルールの世界に切り替わっていった、そもそもGoogleが大成功を治めたのは「ユーザーが必要とする情報を検索結果に出力する」事だけを考えて検索アルゴリズムを作ったからである。発想がすばらしい、筆者はGoogleにすぐに飛びついた、その後はこうやってひたすら研究と成果を執筆している。


[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ