SMの専門サイト
言語切り替え

コンテンツ作成の基本

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

ネット検索でもよく見かけるのが良質なコンテンツ(高品質コンテンツ)という言葉である。このコンテンツとは具体的に言えばページの内容そのものを言う。

コンテンツ作成は誰が見てもわかりやすくする

仮に物販のWEBサイトを構築したとする、そのコンテンツ内容は商品販売及び商品の宣伝を主に扱ったWEBサイトであり、運営者は利益を上げるために運営をするものだ。

しかし、商品販売サイトなど山ほどあるわけであり、当然ながらライバルサイトも多数存在する。そこでGoogleの掲載順位を意識したコンテンツ作成をどこの会社でも行っている、いわゆるSEO対策という方法だ。

このコンテンツはGoogle掲載順位に大きく影響する、コンテンツ内容が役に立たない、内容が薄い場合は掲載順位があがらない。

しかし、コンテンツ内容がオリジナリティがあり尚且つ誰がみてもわかりやすい構成になっていればその商品ページに対して自然にアクセスのリピートが発生する。

独創性が高品質コンテンツの答え

すぐれたコンテンツは何度もみられるものである、これが高品質コンテンツの基盤となる。更にユニークさや他の人が真似できないような記事表現をするとSEO評価があがる。

例題を言えば地域限定の商品を販売する場合、あえて方言を使った商品説明をしたり、遊び心を加えた画像を掲載する事でコンテンツ評価が上がる。

ようは”独創性”が良質なコンテンツのこたえでもある、つまり記事芸術とでもいうべきものの評価をGoogleはしている事になる。

次にコンテンツの基本について説明をする。

コンテンツ作成の基本は自然表現

コンテンツとはページ内容のこと、即ち記事そのものである。

コンテンツの議題は1ページにつき1つ、欲を言えば1議題は1URLとするのが理想である。これはGoogle公式発表にもあるのだが、exsample.com/list1/というURLに議題を1つ決める。この議題=キーワードになるのだが、このキーワードを混在させながら自然な記事を記載する。

もちろん、キーワードを盛り込んだ不自然な記事は低評価されるので注意していただきたい。あくまでも自然表現であり、記事内にアンカータグを自然に入れ込むとSEO効果があるとされている。

Googleの公式発表は確定事項であるが、必ずしもGoogleの公式発表が正しいとも限らない。これは実例として実際にSEO効果があるとされている話だが、1ページの記事量を最低でも2000文字以上にする、長ければ長い程SEO効果が期待できるというものである。

しかし、Googleの公式発表によれば「長文だからといって評価が変動する事はない」らしいが、実際は効果がでている例を良くみかける。

基本的なコンテンツ作成はGoogleガイドラインに沿った作成でかまわない、しかし場合によっては例外も存在するという事も否定できないのがコンテンツ作成のSEO効果である。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ