SMの専門サイト
言語切り替え

SEO効果のある記事構成

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

SEO効果のある記事とは全体的なイメージから作成される段落要素と記事の語尾表現の2つに分かれる。

サイト全体のイメージ

全体的なイメージとは、どのような議題(テーマ)のページとし、どのような内容を記載するかがイメージである。

また、記事語尾とは日記(ブログなど)を含む個人が公開しているWEBサイトの記事の最後に使用する語尾の事を示す。

高評価を得ているサイトの多くが使用している語尾とは、だ。である。ちがいない。などの言い切り記事語尾を使用しているWEBサイトだ。

これは一般的にいちばん多い記述として用いているのがコラムニスト、もしくはジャーナリストのニュース記事である。この語尾を使用するとSEO効果が高く評価されるかどうかに対してのGoogle公式発表はなされていない。

しかし、検索するユーザーは情報やこたえを求めている、したがって言い切る記事語尾が結果としての参考になると判断されやすい傾向ではある。

アバウト、自己主張的な記事は信頼性に欠ける

その点、アバウトさや予測、自己主張、意見を構成する記事の語尾はあまりおすすめできない。理由は単純である、それがユーザーが求めるものかどうかといえば、疑わしいわけであり、真偽性も発生するためだ。

特におもいます。かもしれない。と考えている。などは記事にあまり適していない。

記事自体はできるだけそれこそ小学生でもわかるような記事を使用する、難しい記事もしくは法律や医療的な専門用語が絡む記事はどれも似通ってしまうため、SEO効果が期待できるとは言えない。

誰でも理解でき、誰でも第3者に説明できる程の単純且つ明確な記事は口コミでも広がるため、SEO効果が期待できるといえる。

斯くいう私自身も記事語尾に対しては敏感であり、自分が検索しているキーワードにしても自分が執筆する記事にしても真偽性を考えた上で参照もしくは執筆するようにしている。人に読まれない記事ほどつまらないものはないからである。

自然な記事の作成が無難

全体的なイメージはページを作成する最大の難点でもあるが、自分が書きたいこと、議題にしたい事をごく自然に書くのがいちばん妥当と言えよう。

記事の構成についてはページ内部に目次、議題、回答を基準とした構成とし、議題=キーワードについてはぶれないように記事を執筆する。たとえば、冷蔵庫を議題とした記事にテレビや電子レンジのキーワードをひんぱんに入れ込む事はSEO効果的に不利になる。他のキーワードは全体の3割以下とし、7割は議題のキーワードを使用したごく自然な記事を作成する。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ