SMの専門サイト
言語切り替え

HTMLバリデーションについて

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

HTMLはどの程度正しい書き方をすればよいのか?

HTMLバリデーションの実験

HTMLの細かいルールを守った正しい記述(=HTMLバリデーション)をおこなっていなくても掲載順位には影響しない。

つまり、少々適当なHTMLでも記述自体にエラーがあっても掲載順位に悪影響が出る事はないという事だ。

これはGoogleがかねてより発言している公式コメントだが、実際にはHTMLが全てだと考えるWEBマスターも少なくないだろう。

そこで、実際のHTML記述を4パターンに分けて実験してみた。

<html>(文字コード指定なし)、<!DOCTYPE html>、<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>、<!doctype html>を1行目に記述したそれぞれのHTMLでWEBページの作成をおこなう。

コンテンツの内容は全くバラバラだが、決してビッグワードではないページの作成とし、Googleにインデックスされるか?された場合の掲載順位は?を調べてみた。

それぞれのコンテンツはその筋の専門的な記事をそれぞれ2000文字程度で用意し、被リンクを1つずつ貼ってみる。

結果を言えば、どれもさほど変わらなかった。

少々デタラメなHTMLでも掲載順位には影響がない

HTMLのヘッダー指定は関係ない、あくまでもコンテンツ(記事の書き方)で掲載順位の差がでたのである。HTMLのコードはかなりデタラメに記述したものとルール通りの物を設置した。しかし掲載順位はデタラメなHTMLソースでも正規表現でも大して変わらなかった。

つまりGoogleはデザインやコードよりも役に立つコンテンツを優先して掲載している。

筆者もあそこまでデタラメなソースを書いた事がない程ひどいソースを書いたがなんの問題もなく掲載されたのである。

keywordsやdescriptionについてはどのHTMLにも入れなった。

但し、最低限のHTMLルールというものも存在する。

いくらHTMLソースがデタラメであっても、Googleがクロールできないパターンもあったのだ。<head>~</head>の間にimgタグやiframeなど、いわゆるmetaタグやtitleタグではない明らかに<body>~</body>に入れなければならないタグを<head>~</head>の間に入れてしまうとheadの中身を正確に読み込まないという現象が発生する。

<head>の中身はtitleやmetaが主なものだが、descriptionはWEBサイトの説明を記述する部分でもあるため、重要なタグでもある。

結論:HTMLソースは最低限のルールを守れば間違っていても問題はない。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ