SMの専門サイト
言語切り替え

SM被リンクとページランクの関係

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

Googleが前にユーザーに公開していたページランクは今でもGoogle内部だけ利用されている、というか正確には表に公開されなくなっただけである。

では被リンクとページランクの関係性について今回は検証する事とする。

ページランクとは?

まずはページランクとはなんなのかの説明を簡単にしよう。

ページランク

Googleが開発したサイト評価をする仕組みであり、点数制のプラスマイナスを計算するプログラムだ。(アルゴリズムとも言う)このページランクは予めどんなサイトにも最低基準の点数(たとえば100点)が配布されている。その100点がいろいろと変化していき、180点になったり50点になったりの変動を繰り返し、その点数の高い順から掲載順位を決めるものだ。当然ながらマイナス点(たとえば-50点)になってしまった場合は掲載順位は圏外となる。

このページランクの初期点数は全てのサイトが同じではない。それは初期点数を決める際にサイト評価をするためだ、サイト評価をした時に初期点数が決定され、この点数を元にページランクを決めていく。

ページランクの点数制

WEBサイトをはじめて立ち上げた時に点数が100点付いたとする、この100点を1000点にすれば掲載順位はデフォルトよりも上がるが、0点になれば下がる。そして、それはコンテンツ内容及び、被リンクで殆どが決まってしまう。コンテンツが高い評価を得て被リンクが自サイトへついていけば、その分自分の点数は上がる。

たとえば10サイトからの被リンクがされたとする、各サイトには外部への被リンクが10個ずつあり、その内の1つが自サイトへの被リンクだ。仮に外部への被リンクが5点とした場合、各サイトは10サイトの外部被リンクを設置しているために50点失う。

この時点で自サイトへ被リンクをくれているサイトはそれぞれ残り50点になっている。自サイトは10サイトから5点ずつもらっているので、合計150点になった、したがって掲載順位は上がる。

それではせっかく被リンクしてくれたサイトが損しているだけじゃないのか?

外部への発被リンク

それはちがう、被リンクしてくれたサイトにもリンクをしているサイトがあるからだ。

付け加えて言えば、外部への被リンクはよいコンテンツに対してリンクを発すればページランクは「良くこのサイトを紹介してくれたね、ありがとう」という感じに自分のサイトに対してボーナスポイント(たとえば10点)を付与する。では、自サイトへ被リンクを貼ってくれたサイトは一体何点になったのか?

合計10サイトへの被リンクがすべて良質のコンテンツであった場合100点獲得で合計150点になっているという事だ。したがって損しているわけではない、良質なコンテンツを紹介したという評価を得ているのだ。

発リンク先によっては点数が下がる場合もある、これは自サイトから被リンク発信するコンテンツが悪質であったり、質の悪いコンテンツであった場合発リンクに対してページランクは「ここを紹介すると検索ユーザーが危なくなるかもしれないよ?だから減点させてもらうね」と発リンクに対しての評価を下げる、結果的に持ち点は下がってしまうわけだ。

被リンクの良い例

1ページ内部にて適度な被リンク(発リンク)をし、そのリンク先はすべて良質コンテンツであり、1ページ当たりの被リンク数はごく自然な数にする。また、リンク先は発リンクを貼ったページと関連性のあるページとし、テーマが分散しないようにする。

仮に車のページを作成したとする、発リンク先のページも車に関する情報コンテンツであればなんら問題ないというわけだ。この場合はボーナスポイントがはいる。

被リンクの悪い例

1ページ内部で極端に多い被リンク(発リンク)がある、リンク先は良質なのか悪質なのか定かではない。リンク先はテーマがバラバラであり、自サイトページとなんら関係ないサイトに対して発リンクする。この場合は減点される。

ランキングサイトはどうなるんだ?検索の掲載順位がよいし、悪質なコンテンツにもリンクしているし、されているじゃないか?それにテーマもバラバラだ、それなのに掲載順位がよいのはどうしてだ?

普通に疑問に思う点だが、これは至って単純な結論だ。

ページランクは様々な評価で点数を決めている

ページランクは点数評価をするが、被リンクだけを評価しているわけではない、コンテンツ内容が仮に低品質だとしても検索ユーザーが毎日リピートしている場合は、検索ユーザー評価を参照している。もちろん、ブラウザへのブックマークやお気に入りリストの同期など、ユーザーの行動自体も評価の対象となっている。

したがって、いくら低品質でリンクだらけで内容のないコンテンツだとしても、ユーザーがそれを求めているならば、それはそれで高評価されてしまうのだ。

では、誰しもがランキングサイトを運営すればいいじゃないか?とおもわれるだろうが、すでに上位をキープしているランキングサイトに対して対抗するには一気に被リンクを集める必要がある、しかしこれはガイドライン違反になる。違反をすれば掲載順位はおろか、圏外へと飛ばされてしまう。仮にランキングサイトを始めようと思う方がいるなら、ゆっくりと時間をかけて被リンクを設置していくようにするとよい。数年後には既存の上位キープしているランキングサイトを超える事ができるかもしれない。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ