SMの専門サイト
言語切り替え

YMYL対策とE-A-T対策

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

今更ではあるがYMYL及びE-A-Tの説明を簡潔にかみ砕いて説明する。

YMYLコンテンツ

YMYL(Your Money or Your Life「お金や生活」)とは?

人が生きていく上で必要な物、それはお金と生活だ、お金というのは買い物/銀行/クレジットカード等であり、生活というのは住宅/学校/健康/医療/法律の類を示す。

これらはGoogleの公式記事内で正式に説明されている。

ユーザーがネットで検索する非常に重要な事柄、それがYMYL(Googleの造語)だ。

YMYLサイトは主にショッピング/銀行/病気関連/法律関連/不動産等のサイトの事であり、サイトの重要性が高いとされている。ゆえに検索順位も非常に高い順位に優遇されているが、その分コンテンツ内容の品質も重要視される。

どのようなカテゴリでもこのYMYLに関連するキーワードを含む高品質コンテンツは上位掲載が非常に多い。これを意識してサイトのサービス項目にわざわざYMYLにぞくするページの設置をする業者も少なくない。いちばんメジャーなYMYLキーワードは診断だ、これはどんなカテゴリにでも適用できる。

たとえば、住宅診断/性格診断/相性診断/比較診断などなど、それこそ造語としても用いられているくらいだ。ではこの診断という言葉はYMYLの何にぞくすのか?考えるまでもなく医療に属している。しかし、上位掲載するサイトは医療となんら関係ないサイトが多い、ではなぜ上位掲載するのか?それがYMYL対策でもあるのだ。診断と付ければとりあえずは上位掲載されやすくなる、但しコンテンツ内容が不じゅうぶんだと効果は期待できないので、すでにこのキーワードを使用しているサイトページよりも更に高品質なコンテンツを作成しない限り掲載順位をめくることはできない。

YMYL対策とはこのような事をいう。

E-A-Tコンテンツ

E-A-T(Expertise/Authoritativeness/TrustWorthiness「専門/権威/信頼」)とは?

SM-I内の高品質コンテンツにも記載があるが、専門的知識があり、教祖様で信者になれるようなコンテンツの事をE-A-Tコンテンツという。高品質コンテンツの説明とダブるのであまり詳しく説明する必要はないと思うが、はっきり言ってE-A-Tコンテンツは経歴が必要だ。経歴がない人間がどんなにすばらしいコンテンツを作成してもE-A-Tには属さない。専門性は誰でも執筆できるが、権威と信頼は継続年数や経験値がないとその評価を得る事はできない。したがって、はじめからE-A-Tコンテンツを作成する事は不可能だとおもわれる。

すでに10年以上サイト運営の実績があり、尚且つリピートユーザーも多く、自然な被リンクもそこそこ貼られているサイトであれば可能だろう。


上記理由により、E-A-Tコンテンツの説明は除外する。

YMYLサイト

ではYMYLの話題に戻そう、たとえば経済情報サイト(投資/学校費用/生命保険/税金)のコンテンツを扱うサイトがあったとする、このサイトは全般的な情報サイトであり主にその専門サイトへのリンクが貼られているだけであれば上位掲載はできない。コンテンツとは記事/画像/リンクの組み合わせをバランス良く作り上げるページの事であり、リンクだけ載せていても評価はひたすら下がる一方だ。なぜなら自分のサイトページに予めある評価ポイント(ページランク)を他サイトへ分け与えているだけになるためだ。仮に1ページに20サイトの関連サイトへの外部リンクを設置したとしたらそのページの評価は1/20に切り替わるといっても過言ではない。しかし、外部リンクが自分のサイトページよりもページランクが上の場合は逆にポイントがふえる場合もあるが、基本的にはポイントの垂れ流し行為である事には変わりない。

したがって、高品質コンテンツを自力で作製するのがいちばん効率的というわけだ。

リンクはある意味「楽をする」行為でもある、それはGoogleから言えばユニークさもなく、オリジナリティもなく、大胆でもアイディアでもないページだ。そんなページが評価される訳がない。但し、これはあくまでもサイト運営年数が少ない場合もしくはサイトを始めたばかりの話になる。すでに長年運営しており、アクセス数もそこそこあるならば、1ページに2~3サイト程度の外部リンクをし、リンク先はページランクが高いであろうとおもわれる先とすれば全体的な評価は上がるだろう。

更にYMYLサイトであれば尚更Googleは重要と判断し、上位掲載をしてくれるかもしれない。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ