SMの専門サイト
言語切り替え

SMは道具を使うからSMプレイじゃないの?

SM藍/全てのSM記事/SMプレイとは

SMプレイと聞けば緊縛、鞭、蝋燭責めなどを想像するとおもいますが、実は道具を全く使わないSMプレイが存在している事をみなさんご存知でしょうか?道具をつかわずにどうやってSMすんの?それってSMなの?

道具を使わないSMプレイ

ネットの世界又はリアルの世界でも道具を使わないSMプレイは存在します、それは環境/状況/把握/雰囲気/言葉を組み合わせたプレイ方式です。SMチャットで言えば調教部屋で文字だけのプレイも道具を使用しないプレイに当てはまります。

過去の例から辿っていきましょう。

SM-IのチャットでS男性とM女性がチャットでの調教プレイをしました、その2人はリアルで会う事になります。

でも男性にはSMの道具を使った実績がありませんでした、ですから自分流のSMプレイを開拓しようと考えたのです。

その方法とはチャットと同じプレイをリアルでおこなうことでSMプレイが成り立つのではないか?というものでした。

実際にプレイは成功、見事にM女性を確保する事ができたのです。

SMプレイのバージョンアップ

環境/状況/把握/雰囲気/言葉を組み合わせたプレイとはどのようなものでしょうか?

環境=今2人がいる場所を指します。

状況=相手がどんな行動をしているか検証します。

把握=相手がどんな状態になっているか見極めます。

雰囲気=自分がリードして自分のペースに持っていくために気配りをします。

言葉=最終的に言葉で相手を興奮させ、ピークまでもっていきます。

この一連の流れを上手く組む事ができれば晴れてM女性獲得となります、その後は同じパターンを繰り返しながら徐々にエスカレートさせていけばよいのです。エスカレートさせればさせるほど次のステップを相手は求めてきます。

実際に体に触れる行為のタイミングはその人それぞれなのでいちばん的確なタイミングはわかりかねますが、ステップを積ませていくと自分が道具を使用しなくても相手がたとえばローターなどを勝手に持ってくるようになります。

M女性側の自分自身の向上心でもあるので、SMプレイはどんどん進化していきます、言ってみれば相手が勝手にバージョンアップしていくのです。

SM道具は置き換えられる

たとえばアナル拡張という行為がありますが、この2人には道具は不要なので全て手を使って拡張行為を繰り返します。

M女性は指の本数が多く入ればはいるほど達成感を得る事ができ、同時にご主人様が喜んでくださるからもっと頑張ろうという気になっていきます。結果的にはアナルフィストファックまで到達するかもしれません。

体の一部を使ってプレイをする、それが道具をつかわずにするSMプレイです。

M女性側の頭の中の認識ではご主人様の手、ご主人様のペニスは全て道具に切り替わっていますので、ご主人様そのものが道具そのものだと置き換えられてしまっています。ここまでくればその後も道具は不要、道具なしのSMプレイが継続できます。

※この実例は私ではなく数人の成功者の話を再現したものです。

よく聞く言葉でSMとは精神的なモノ、SMとは心の繋がりといいますがあながち間違ってはいません。

依存をうまく使ったSMプレイ

相手の精神を支配できればそれこそ小指をこすってあげるだけで相手にエクスタシーを与える事もできます。


ここでちょっと反論!(笑)

masterはこの類の行為をあまりおすすめしておりません、人にあまりにも依存してしまうため、周りの人間を巻き込むトラブルが後を絶たないという経験をイヤというほど味わってきました>私は巻き込まれる人間。

人を巻き込まないなら問題ありませんが、S男性は必ず他のM女性にも手を出すのが鉄則でもあります。

1人といつまでもずっとなかむつまじくなんて見た事ありません、男の浮気・・・特にSMプレイに関してはあたりまえのごとくありますし、多頭という言葉もあるくらい1人のS男性の周りにはM女性が集まってきます。

ですから、人間と道具両方に依存するほうがよいのです。

たとえば浣腸は道具を使わないとできないプレイです、そういったプレイをしていけば浣腸器という道具にも依存をしますので、対相手のみに依存する事のないようなプレイを心がけていくほうが男女お互いにとってリスクの少ないSMプレイが楽しめるとおもいます。
[SMプレイとは]

↑ページの先頭へ