SM-I/全てのSM記事/M男性
  • M男性がモテない比率は多いと思いませんか?

    M男性が比較的(ひかくてき)モテない理由は単純に2つの要素があります。
    1つ目はエゴであり、身勝手、わがままであることです。女性は包容力(ほうようりょく)のある男性を求めます、自分が男性に守られたいのであって自分が男性を守りたいのではありません。
    もう1つはナルシズムにあります、これは非常に多くのM男性が持っている資質です。
    例を言えば自分のはずかしい姿を見られたい、自分のイク顔を見られたい、自分ががんばっている姿を見られたい等ですが、これはM女性も同様です。しかし女性のナルシズムは相手が男性である場合、相手が包容力(ほうようりょく)を持ってさえいれば関係は続ける事ができるのです。
    しかしM男性の場合は状況が異なります、M男性のナルシストな部分をみたいと思う男女は余程その男性の容姿がすばらしい場合に限定されており、通常のM男性のナルシズムには興味を示すはずもありません。
    つまり、興味が沸かないのです。
    興味がない=どうでもいい相手=関わりたくないという考え方という所でしょうか?
    ナルシズムは容姿だけではなく、男性性器に対してのナルシズムを持っている男性も少なくありません。
    が、男性性器が大きいから自信がある=女性を征服できるナルシストであるも変なのです。
    実際に男性性器が大きいとモテるケースは1/100程度で、男がモテる要素は全く別物なのです。
    大きいと損する男性を過去私は何人も見てきました、大きすぎるからイヤだとか、下手すれば風俗でさえも断られている男性を何人も見た事があります。つまり男性性器の大きさは女性にとって一般サイズが理想なのです。
    では容姿に気を配っている男性がいたとします、しかし容姿の好みは人それぞれであり、どんなにかっこよく洋服を着こなしたとしても相手の女性は「へんなかっこ♪」と思う事は多々あるとおもいます。
    S男性、M男性関係なく男性自身におけるモテ方という法則があります、この法則は女性特有の理論の中で作られる法則なので必ずしもどのような女性に対しても通用するわけではありませんが、基本は同じです。
    ・自分の性別は関係なく、人として人に理解される事。
    ・人として人の心の痛みがわかる事。
    ・どのような状況下においても決して追わない事。
    ・自分を誇大表現しない事。
    ・相手の話を9割、自分の話は1割とする事。
    ・男女の性別関係なく同様に会話ができる事。

    などが主にあげられます。
    チャットで言えば男性同士では話はしないが、女性となら話をするというのをよく見かけます、これは典型的にダメダメなパターンですね。性別関係なく誰とでも同様に話ができる事は鉄則でしょう。
    さて、M男性のみなさん、上記の6項目でかけている所があるとおもいませんか?ご自分の胸に聞いてみてください、必ずかけている部分があるはずです。
    「こんな人間いるわけないじゃん!」と反論されそうですが、私は過去何百人も見てきたので存在しております。
    その大半がS男性でしたが、M男性も3割くらいはおりました。
    自分がどんなに自分を認めても他人は評価してくれないのが世の中です。


    これを例として1つだしてみしょう。
    身近な環境で言えば電話や歌です。
    電話は自分がどんなに音声で相手に伝えようとしても100%伝える事ができません、これは声の母音が原因です。
    自分が電話で相手に喋っている言葉は全体の80%しか届いていません、日本語にはすべて母音があります。
    この母音を明確にキレよくしゃべる事が出来ればほぼ100%伝わるのです、変な話ですが事実なのです。
    次に歌です、カラオケで歌っている時に自分がビブラートをかけて歌っている・・・それを録音してみるとあら不思議・・・一生懸命かけていたビブラートが全くかかっていません。本人は相当ビブラートをかけて歌っていたはずなのに録音してみるとほとんど聞こえてきません。
    これは本人の認識と実際の音の差があるからなのです。
    本人がビブラートを一生懸命かけていても、聞いている人にはほとんど伝わっていません。
    ビブラートを相手に伝えるためには大げさなくらいのビブラートをかけても実は相手にとっては普通のビブラートに聞こえたりするものです、自分で歌って録音してみてください、びっくりするほどビブラートが入っていません。
    それほど人に言葉(音)で伝えるのは難しいものなのです、であれば当然ながら容姿でもしぐさでも同様でしょう。
    自分の認識と相手の認識が同等に共通する、それがモテる男の第一歩だと考えます。
    [M男性]