SとMは強いと弱いの関係なのでしょうか?/Sだから強くない、Mだから弱くない/全てのSM記事

  • Sって強いの?Mって弱いの?

    あまり書きたくないけど、カテゴリを作ってしまったものだから書くしかありません・・・(笑)
    SMのSはサドのS、SMのMはマゾのM・・・これは一般的に知られている事です・・・が・・・現実は全く逆なのです。
    SはスレイブのS、MはマスターのMなのがきっと現状なのでしょうね。
    私はこの20年で数千人のSMユーザーと会ってきました、その中でのカップルの内8割が後者のSM関係であると私は思いました。
    S男性とM女性はスレイブ男性とマスター女性という具合ですね。
    プレイの内容、行為、精神に於いてほとんどがマスター側の意向を全面的に優先してプレイを行っています。
    プレイだけではありません、食事や旅行、デートなどもすべてマスター女性が決めていました。
    単純に女性の方が男性よりも精神が強いという所もありますが、あまりにも男性側が言いなりになっているのが本当にご主人様とM女奴隷の関係なのだろうか?と疑いたくなるほどです。結婚すればかかぁ殿下とは言いますが、まさにそのままの関係を目の辺りにするとちょっと笑ってしまいました。
    しかし、とても幸せそうです。立場はどうあれ、自称Sと自称Mの関係であり、尚且つお互いが納得している関係ならどんな関係でも良いのだなと思います。SMパートナーとはそういう関係であり、それが双方でいう「信頼」でもあるのだと思いました。
    マスター女性は決してスレイブ男性に命令する訳ではありません、ここがポイントなのです。
    あくまでもご主人様はSである、私は奴隷でありMであるという立場は変えずに誘導しているパターンが多く見受けられます。
    例を言えばこんな感じでしょうか?ご主人様がたこ焼きを食べている姿を見てみたいです。ご主人さまはもちろん「いいよ、見せてあげよう」と返事を返すでしょう。
    そして二人でたこ焼きを食べました・・・わかりましたか?(笑)
    自分がたこ焼きを食べたいと頼んだり命令するのではなく、あくまでも立場はそのままにして言葉で誘導するのです。
    この言い方であればご主人様は機嫌を損なう事なく、自分が食べたい食べ物を優先して食べる事が出来るわけです。
    M女奴隷さんの殺し文句としてはこれにプラスしてその後でご主人様のおいしいソーセージを頂きたく思います。と言われればそりゃ「よっしゃ!任せとき!」となりますよね。
    でも問題なくお互いに笑顔でいられて幸せなのですから微笑ましいと思います。


    別の言い方があります、SはサービスのS、Mは満足のMとも言いますね。
    これも先ほどのマスター女性の例と同じ内容だと思います、最終的にはM側が満足する事を目的としているSM関係ですね。
    ではS女性(女王様含む)とM男性の場合はどうなんでしょうか?
    私自身はM男性です・・・え?Mっけあるのかって?あります!Sっけは全くありません。
    でもMっけはあってもS女性を徹底的に調教しまくるM男性ではあります(笑)
    正確に言えば、Sじゃなくても無理矢理にでもS側にしてしまうのが私のやり方であり、最終的にはその方法が正しいものである事を相手の女性も納得するのです。それってSとM逆なんじゃない?とよく言われましたが、違います。私は正真正銘のM男性です(笑)
    今となっては過去の話ですが、この記事サイトのどこかに執筆したと思います。S女性は出会うものではなく、作るものであると。人が作ったS女性よりも自分が作ったS女性の方が自分にとっても相手にとっても幸せな気分になれるものです。
    私は人が作ったS女性はあまりよく知りませんから自分を素材としたお話ししかできませんので、自分を参考にさせて頂きますと、やはり自分がリードしますね。食事でもなんでも。
    但し、女性側がしたいこと、行きたい所があればそれはもちろん優先しますので、簡単に言えばSとMというカップルというよりは普通のノーマルなカップルという感じなのだと思います。
    S女性とM男性のカップルの場合はどちらの意見もお互いに聞きあい、最終的には2人で決めごとを作っていくというのが回答になると思います。
    このコーナーでは私の過去の経験談も含めたSとMのねじ曲がった関係を執筆していきたいと思います。
    [Sだから強くない、Mだから弱くない]