緊縛の撮影は技術職と言えます。/緊縛、縄師/全てのSM記事

  • 緊縛撮影って結構難しいんだよ?

    緊縛写真はスマホや一般のデジカメで撮ってもそんなにかっこよく撮影できません。
    緊縛動画ももちろん同じようなものですが、緊縛撮影の全てはライティングと背景にあり、このどちらか一方だけでも抜けていればその写真の威力は半減します。
    特にライティングは非常に重要な要素です、カメラに装備されているフラッシュを使ってもさほど良い雰囲気には撮影できませんが、外部フラッシュを使用すると格段と雰囲気が変わってきます。それ以外にも撮影時に使用するライトも重要です。
    緊縛写真は主に正面からの普通の撮影方法と、陰影を上手く使った美術的手法があり、一般的に使われているのは後者の陰影を上手く使った撮影です。
    通常撮影には特に制限などはありませんので、こちらは説明を省きます。
    陰影をつかった撮影とはカメラが撮影する被写体は正面でも光の当たっている方向は横からだったり左右からだったり、その左右でも右と左の光の強さを変えたりすることで緊縛撮影された写真の雰囲気もガラリと変わります。
    ここでは緊縛される側は女性として説明させて頂きます。
    女性の体の造り自体の把握は不可欠です、モデルさんの体系によっては胸の大きい小さい、または下半身に集中して脂肪が多くついている、全体的に痩せているなど様々な体系の方がおりますので、陰影を使った撮影は凹凸が激しい女性ほど簡単でもあり難しくもあります。例えば胸が大きくてウエストがくびれていてお尻が大きい、いわゆる男性の理想の女性体系モデルがいたとします。こんなに完璧なスタイルでも陰影によってはドラム缶のような写真になってしまう事もしばしばございます。
    また、肌質に関しても同様で人間の体は上から下まで全て同じ肌の色をしている訳ではありませんから、その肌の色をバランスよく調整する為に沢山のライトを使って調整します。
    凹凸があまりないモデルさんは緊縛する事で縄とのコンビネーションがとてもやりやすく、縄の使い方次第ですがあまりライトを調整しなくても比較的綺麗な撮影ができます。
    しかし、凹凸の多い女性は緊縛した後、例えば上からライトを当てれば胸がたるんで見えてしまいますし、下からライトを当てれば胸はキレイに出せでも顎の部分が目立ってしまい、首が太く撮影されてしまうのです。
    私が現役で緊縛撮影を行っていた頃は最低でも8個のライトを用意して撮影しておりました、もちろんカメラは一眼レフで背景と被写体のコンビネーションを上手く組んでおりました。
    一眼レフの利点は背景をぼかして被写体を手前に引き出す撮影が可能なところです。
    例を言えば、背景に壁一面の花束があったとします、モデルから5mほど離れて望遠レンズを使用し、モデルを中心に撮影を行うと背景の花がすべて輪郭が失われてぼやけてしまう為、綺麗な模様ができあがります。その手前にモデルがいるのですから、パッと見は立体的な雰囲気にもなりますし、モデル自体が映えます。
    緊縛撮影は女性の部位を協調するような写真撮影は行いませんので、比較的全体を基準とした撮影を主とします。縛った部分だけを拡大して撮影するパターンはあまりありませんし、それだとモデルがどんな物でもよくなってしまいます、例えば布団でも良い訳です。
    モデルさんを撮影する為のオプションが緊縛なのですから、モデルさんが映える様な撮影をしないと意味がありません。ここで問題です、緊縛はどんな緊縛をすればいいのでしょうか?また、どういう緊縛をすればモデルさんが綺麗になるのでしょうか?
    実は緊縛撮影は縄の技術は大して必要ありません、普通に後ろ手で縛って上半身だけでも全く問題ないのです。モデルさんの体系によって縛り方を変えて、女性が一番気にしている「この写真太って見える~」という事にならなければ良いのです。
    顔も撮影する場合としない場合がありますが、顔は特に凹凸が多いのとちょっと派手なのでは?くらいのお化粧をしてもライトやフラッシュでかなり飛びますので、普通に化粧をしている雰囲気で撮影できます。
    写真撮影に関してはモデルさんの衣装やお化粧に関して言えばちょっと派手目でいきましょう、撮影後にフォトショップで加工すれば済む事かもしれませんが、できるだけ撮影した写真そのものが良い方がモデルさんも喜びます。
    [緊縛、縄師]


  • 緊縛は武士が習得する武芸十八般の1つ、捕縛術
  • 緊縛撮影って結構難しいんだよ?
  • 縄師は仕事になるのでしょうか?