そもそもなんでこんなに誰もがSとMを使うようになったのでしょうか?/一般用語化したSとM/全てのSM記事

  • 今じゃ当たり前に使われている言葉「SM」

    私には甥と姪がおります、姪は今現在20歳、普通に叔父と姪という間柄で会話をしていてもSとMなんて言葉が頻繁にでてきます。「おまえ、根本的に意味わかって使ってんのか?」と聞くと、「サディストとマゾヒストでしょ?知ってるよ」と答えてきます。
    ではサディストとマゾヒストを具体的に述べよと聞けばさほど知っている感じはありません、つまり表面上でのSとMという言葉を使っているのが現代っ子なのです。
    私が姪から聞いた言葉で「パネー」という言葉がありましたが、意味不明でした。
    しかし、会話を進めていくうちに「半端ない=はんぱねー=パネー」であることがわかりました。現代っ子は造語をよく使いますので、私の様な昭和世代の人間からすれば「新しい方言なのか?」とも勘違いしてしまう程、造語をよく使った喋りをします。
    すでに一般用語となっているSMという言葉はとても浅い意味を持った使われ方をしています、浅い意味とは実際にここに執筆しているようなSMサイトをみてその情報を仕入れている訳ではなく、単なるマンガやアニメの影響での言葉です。
    つまり、人とSMの話をしていても誰でも普通に話ができる時代になったのですが、では実際に「例えばM女さんとのプレイで浣腸をしてさ~」と話しを振ると「え?なにそれ?」ととんでもない拒否反応を起こします。言葉として使っていても実際にはSMがどんなものなのかまでは誰も追求しないのです、それが一般用語化されたSMという語源です。
    SM-Iをご覧の皆さまはごく当たり前に緊縛だの鞭だのプレイ内容や道具の名称が頻繁に飛び交いますが一般用語のSMにはこの内容は一切ありません。
    言ってみればSは怒りっぽい、Mは弱っちぃの程度で使用されているのでしょうね。
    では、この一般用語のSMから本来のSMの世界に引きずる事ができるのでしょうか?
    ってことでmasterはやってみました、色々と(笑)
    全くのノーマルな人達とまずは普通の会話、その会話の中にSMという言葉を混ぜて話を進めると相手も普通にSMという言葉を発してきます。段階を踏んでSMという言葉をコアなSMの言葉に切り替えていき、会話を進めていくと・・・どうなると思いますか?
    「えっと・・・なにかな?それって・・・^^;」という反応になるのです(笑)
    更に追い込んで「緊縛って綿ロープと麻縄を使い分けるけど、麻縄の方がしっかりと縛れるからある意味女性にとっては安心なんだよね」「ふぇ?」という反応。
    続いて「浣腸はダイエットとか色々な使い方があるけど、SMの浣腸って2リットルとか平気で入れる事あるでしょ?あれは辛そうだよねぇ・・・」
    ここまで来たらもう相手は「???」で返事すらもできなくなります、私が何を言っているのかさっぱりわからないのでしょう。
    つまり、SMの専門用語的な言葉を使うと言葉を知らないものですから言っている意味が全く通じない訳です。相手にとってはどこかの国の田舎の人が方言で話しているくらいの認識にしかなっていないと思います。
    では相手が誰でもわかるような会話の進行に変えてみたらどうでしょう?
    更にmasterのチャレンジは続きます・・・(笑)
    「えっとね、僕ね、Mなんだよね~」「うん、自分でも言ってるから知ってるよ?」
    「だからさ、女の子にいじめられたりするのが割と好きなんだよね~」「うん、それはMってことだよね?」
    「でさ、僕の顔を踏みつけてグリグリと踏みにじって欲しいんだけどさ、できる?」「ええええ!なにそれ!超キモいんですけど・・・」
    やっぱりこういう反応を示します、ただその会話をした女性は「まぁ、気持ち悪いと言えば気持ち悪いけど、どうしてもしたいならしてあげてもいいけどね(笑)」と最後には話を合わせてくれました、これは単純にその女性の理解力があったという結果になります。
    つまり、自分が知っている、理解できる言葉を使ったSM的な発言に対してはほとんどの人がドン引きするのがノーマルな方たちの世界なのです。
    もう1つついでにやってみましょう。
    ドのつくドM女さんに「ねぇねぇ、僕の顔をハイヒールで踏みつけてグリグリしてくれない?」と聞くと「とてもじゃないけど、そんなのはできません・・・無理です・・・」と答えてくれました。まぁ、普通の反応ですね。
    現役の頃はこんなアホな会話をしていたのだなとちょっと懐かしい気分になりました。
    [一般用語化したSとM]