SMの専門サイト
言語切り替え

SM出会いでの注意事項及び現実

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

SMのジャンルだけで数万人登録しているとうたっているSM系出会いサイトについて。

SM出会い系サイトはサクラサイトが多い

登録数が数万人のSM出会い系サイト?はっきり言ってそれはあり得ません。

国内のSMユーザーがどんなに毎年増えたとしてもSM自体に関心がなくなる、もしくはノーマルに戻る方もいるのですから、実際にはSM出会い系サイトに登録するであろう人数はせいぜい数千人規模です、万人はあり得ません。

オープンしてすでに女性が1000人登録してればもうサクラサイト確定です、また、男性が登録してすぐに女性からメールが多数くるようなSM出会い系サイトもサクラサイトです。

BRAND(アステリア)の運営方針

SMの出会いをBrandで利用する場合、Brandはそういう運営(サクラサイト)は一切しません、が、責任も持ちません。好みの女性/男性がいるいないも含めて一切関与はしません、勝手にやってくれがコンセプトですから。メールしても返事が来ない、好みの人がいない、近くの人がいない、自分にメールが来ない・・・これらはすべてそれが現実だからです。

自分の思った通りにメールの返事がきて、好みの人で近場でなんてサクラ満開のサイト以外はありません。自分の思う通りにいかない、何年もかかる・・・そんなのあたりまえです。相手が必ずしも自分の理想とする容姿だったり、返事をしてくれるわけありません、その確率は0.1%以下だとおもってください。普通は誰でも何か月、何年もかけてじっくりと相手を探すものです。妥協するならそこら辺の適当な異性と付き合えばいいだけです。拘りがあるのなら、じっくりといろいろな人とお話しをして時間をかけて自分が妥協する点と推す点のバランスを考えてお付き合いをすればいいとおもいます。

BRANDでは地道なSMユーザーが大半

実際にBrandでのSMユーザーの行動をみていてもわかりますが、98%の方が待っています、行動はしません。

これは他のどのような出会いサイトでも同様で、誰もが”選びたい”と考えるためだとおもわれますが、待っているけど誰からもなにも来ないというのはもうすでに出会いをまじめに考えていないとおもいます。

待っていてもなにも始まりません、行動しないと誰も反応しません、それもまた現実です。

行動して100のうち10反応があれば世の中マシな方です、それほど人は動きません。

女性登録者のおかしな認識

SM系の出会いでよく耳にするのが「危ないから・・・」と女性がコメントする言葉ですが、これは変ですよ?

なぜかというと、そういう女性が登録すらしない、見もしないならわかりますが、登録するは人とメールするはの時点で危ないもなにも自信の行動を派手にしています、その割に危ないという認識はおかしな話です。

こういう女性を結果的に言えば「かまってちゃん」と私たちは呼びます、ただ自分が人よりも特別でありたい、人よりもよい立場に立ちたいと考えている女性です。この類の女性は後々問題が起こるので男性の方は要注意です。


[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ