SMの専門サイト
言語切り替え

SM出会いの統計は意外な結果に

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

過去のSM出会いに関するアンケート及び、姉妹サイト、他提携サイトからのこの15年の統計結果です。

※当記事は主に男性に対しての記事に特化してしまいます、ご了承ください。

S女性/M女性と出会えた方法

1位:個人のSMホームページ

2位:SMコミュニティ(SMチャット含む)

3位:SM出会い掲示板

4位:SM個人ブログ

5位:SMクラブ

6位:YouTube

7位:SM出会いサイト/SNS

8位:その他SM系サイト

という統計結果です、6位のYouTubeは自分の動画を公開して男性と知り合ったパターンであり、投稿者は全員M女性でした。その他SM系サイトとはたとえばSMリンクや情報サイトの運営者と知り合ったというパターンになります。

私の考えで謎なのがSM個人ブログが4位で個人SMホームページが1位の差です、これらはそんなに大差がないものとおもわれますが、おそらくブログはSM専門のレンタルブログがないため、専門分野としての検索順位をGoogleが下げているのでは?とおもいます。また、SM個人ホームページは基本制限がありませんから、自由な構築が可能です。

リンク、情報、メンタルケアー、手作りグッズなどなどブログではできない構築が可能です。

意外な統計

また、おもしろい統計も取れています、男性が運営しているサイトに対して女性がメールをする比率として、HPデザインが暗黒系(黒とかちょっと怖い系)よりも、ほのぼのとした白ベースの言ってみれば女性が運営してそうなデザインのほうがメールが来る率が高かったようです。

SMの出会いでつかいたいHPやブログでNGなのが広告の表示です、広告は少なくともアダルト系の広告を表示します、この表示が女性にとって不快なものであったり、広告がデザインの一部として成り立っている場合は信頼度が下がるそうです。単純に言えば、女性からすれば広告で利益を得ている男性はあまりかっこよくないというイメージなのでしょうか?その詳細は不明です。

SM出会いの基本

SMの出会いの基本は「きっかけ」と「タイミング」です。

女性が興味あること、悩むこと、知りたいこと、経験したいこと、このどれかに当てはまり、尚且つ運営している方がそれを解決する術を記述もしくはサポートすれば必然的にきっかけとタイミングが備わります。

また、興味を持ってもらう事は非常に重要な点です。どんな人間性であり、どんな見た目でどんな趣味を持っているのか?聞かれなくても記載しておけば、それに興味を示す女性もいます。

緊縛の個人HPはお勧めできない

SM個人ホームページでも「緊縛系サイト」に関してはおすすめしません、デザインでも写真でもすでに他の女性を縛っている写真を使用するためです。

文章勝負で運営する場合は問題ないとおもいますが、SM出会いを目的とした緊縛サイト運営は非常に難しいとおもいます、文字で説明するなら専門用語をひんぱんに使わなくてはなりませんし、初心者からすれば?だらけですから、すぐにサイト移動をしてしまいます。

その点、M男性サイトはすばらしいです、自分の写真(調教されている写真など)や道具の写真、自分のしたいプレイ内容や女性の好みを細かく記載されています。と同時にどのような女王様からでもご調教をお受けいたしますという具合に女王様メインの文章を記載しているパターンもあります。

ただ、残念ながらM男性はほとんどの方が視野の狭い人物ばかりであり、自己中心的な考え方のみを提示する傾向が強くあります。また、SM出会いに執着はせず、出会えたらに執着している傾向が強いのです。

出会える確率が低いのは当然です、出会うまで費用をかけない、出会ったら費用を出すかどうか検討するという具合にいちばん大事な基本の部分ですでにロスしています。自分をアピールするところは出会うまでです、そこに費用をかけないという考えが女王様側からの言葉で言えば「M男はケチだから」になるのです。第一印象で「ケチ」のレッテルを貼られればそれ以降の未来はありません。SM出会いサイトに金使えとはいいません、SM出会いサイトはほとんどがサクラです、利用する価値はありません。たとえば自分をアピールするためにただ裸の写真を撮るのではなく、その写真自体に費用をかけろということです。

もしくは、無料ブログではなく有料サーバを借りてホームページを運営しなさいということです。

ホームページが作成できなければ、業者に頼めばいいことです。

まとめ

・男性が女性を獲得する確率がもっとも高い方法はSM個人ホームページである。

・出会った後よりも出会うまでに費用をかける事がアピールに繋がる。

・S男性の場合、他の女性の写真を掲載しないホームページの運用をする。

(但し、カメラマンなどの写真サイトの場合はその限りではない)

・M男性の場合、自分のアピールを誰よりも誇大な表現で披露する、その場合費用は惜しまない。

※尚、女性がブログでもホームページでも運営している場合はたくさんの男性からメールがきますので、上記の事項は全く当てはまりません、男性のみ当てはまる事項となります。

■男女関係なくホームページの運営、レンタルサーバ、ホームページの作成についてはお気軽にご相談ください。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ