SM-I/全てのSM記事/SMに関する話題
  • 自分の意識に反するSMの世界観と価値観とのギャップ

    自分がおもっている以上にSMへの考えかたが人とちがう、または自分がおもっている程、相手はSMに対して積極的ではない等、相手とのギャップを感じた事はありませんか?少なくともSMパートナーがいるもしくはいた事がある方なら経験をしているでしょう。
    SMという世界観は自分の中にだけあって、相手と共有しても実は「男女どちらか一方がもう片方へ合わせている」事が多くあるのです、それを「私たちのSMの相性は最高だ」と勘ちがいているカップルはおそらく相当数おります。
    SMに対する価値観の差は同じでも世界観はちがうというのはかなり一般的なのです。
    たとえば、SMの価値観とは好きなプレイや好きなSM道具等、好みが相手と同じである事は価値観が共通しており、SMへの優先順位に対してもカップル間ではさほどのちがいは見られません。
    しかし、SMの世界観は人それぞれですから、それを共有できているカップルはほとんどいません。
    実際にいない事もないのですが、筆者も正直SMの世界観がマッチングしているカップルは数千の内1カップルしか見た事がありませんので、それほどSMの世界観までもが共通している人というのはいないものです。

    では、SMの価値観とSMの世界観の差とはどのような物なのでしょうか?一見同じように思えますが、実は全くちがうものですので、ご拝読ください。

    SMの価値観とはSMに対する評価です、例を言えばS男性とM女性はあたりまえだけど、S女性とM男性の組み合わせは理解できないという偏った考え方であり、この考えかたが一致する相手がSMの価値観が同等となります。
    SMプレイで言えば、緊縛をするのはあたりまえと考える人と緊縛なんて古臭すぎて嫌だと考える方がいます、それぞれは自分の考えるSMとはどのような行為なのかを性格として身に着けているのです。
    もしくは、SMとは痛みを与えるものである、反対にSMに痛みは不要であるという考え方です、それがSMの価値観であり、考えかたがマッチングする相手(性別関係なく)をSMの価値観が同じ人となります。

    一方、SMの世界観は価値観とは全然ちがう代物です。
    SMの世界観は本来その本人だけしかもっていない世界であり、その世界を他人と共有する事はまず不可能に近いのです。
    ではここでは1人のM女性を例として考えてみましょう、そのM女性には理想のご主人様がいます、理想のご主人様は背が高く、顔も格好よく、性格も良く自分になんでもしてくれるとても優しいご主人様です。
    SMプレイに関しては全て自分の思った通りの事をしてくれて、何もかもが自分の都合のよい存在である完全無欠のご主人様がそのM女性の理想であり、それが彼女のSMの世界観です。
    そこに背は低いけど、優しいご主人様との縁があったとします、縁があってカップルになったけど、彼女の理想とは大きくかけ離れた存在なのが、そのご主人様です。
    つまり、そのご主人様は彼女のSMの世界観にはマッチングしていない存在なのですが、人は全体の50%を妥協して人と付き合いますので、少々違ってもいいやとか全くちがうけど仕方ないかと妥協をしてしまうわけです、でも本当の理想は自分のSMの世界観にいるご主人様なのです。
    反対にご主人様側としては、出会ったM女性が30代である事を妥協します、ご主人様の理想は20代前半の若くて可愛いらしい従順なM女性を理想としており、それが彼のSMの世界観に住む理想のM女性です。

    このように、SMの世界観とSMの価値観は全く別ものだという事がお解り頂けたとおもいます、人は誰でも何かしらの妥協を余儀なくされますが、自分が許せる範囲以内であればYESという返事をするものです。
    結論を言えば、SMの世界観がマッチングしているとおもっているのは相手が自分に、もしくは自分が相手の世界観に合わせているからそのSMの世界を共有できるのです、お互いが自分の意思を通せば何事も成立しないからです。
    この2つの考え方どちらも共有する事はできません、必ずギャップが発生しますが、それでもそのギャップを乗り越えて相手を選ぶ事をするのもまた人である事の証明でもあるのでしょう。
    [SMに関する話題]