SM-I/全てのSM記事/SMに関する話題
  • SMでの拘束とは自由を奪う意味ではない

    SMプレイでは拘束プレイというものがあり、その行為は相手の自由を奪うためのものとされています。
    拘束する事により相手の自由を奪う事は自分にとっては都合のよい状態にできる、自分の好き勝手にできる事で優越感があり、相手の表情も同時に楽しめるのが拘束する意味合いなのでしょう。
    しかし、実は言葉だけでも拘束できる事をご存じでしょうか?言葉は人に攻めはいる事で徐々に逃げ場を無くしていきますので、体への拘束と精神拘束はさほどちがうものではありません。

    自由を奪うこと、これがSMでの拘束ですが、ではあなたは自分自身が拘束されていない、自由だと考えていますか?
    これは非常に屁理屈なのですが、人間は生まれて来た時点ですでに何かしらの拘束をされて生まれてきていると筆者は認識しており、どうして水の中で生活できないのか?なぜ空を飛ぶことができないのかを本気で疑問におもっております。
    海の中で呼吸ができない、羽がないから空を飛ぶことができない、これも一種の拘束だと考えるわけです。
    もしくは、食べること、寝ること、仕事をすること、生活のその全てがすでに拘束されている環境下として成り立っているため、元々人間には自由なんて存在しない、だから最初から拘束されたままで生まれてくるのだという持論です。

    拘束されているのが普通で拘束されたまま生活しているのが人間だとすれば、本当の自由は一体なんなのでしょうか?
    SMでの拘束とは実は解放なのではないでしょうか?その様な考えもまた1つの理論に過ぎませんが、そもそもSMをする理由は自分の自由さを自分に感じたいからであり、誰しもが自由を求める事をし、その1つの選択肢としてSMがあるのだとおもいます。
    SMは自分を自由にしてくれる、これは自分が願った事を成就させる行為であり、成就は自由でもあります。
    つまり、普段人間は全員が拘束されている状態にあり、自分の欲求を満たした時だけ自由を得る事ができるという考え方です、実際にMの人はSに比べてSMプレイ中における脳内分泌物が大量に出る事はアメリカの科学研究チームが立証ずみです。
    そんな研究を真面目にしている研究機関があるのか?とおもわれるでしょう、あるのですよこれが。
    SMプレイにおける人体の特に脳の動きを調べる研究を日々続けている研究チームが存在するのです、研究調査を行ったのはノーザン・イリノイ大学の研究チームです、ネットで検索したらでてくるとおもいます。

    結局の所、真の自由(解放)とは脳が判断する基準レベルの話であって、実際には拘束され続けているのが人間です。
    拘束されているからこそできる事があり、不自由だからこそ自由を得る事ができる、それがSMでの拘束であり、それは自由を奪われるのではなく、自由を得る事ができるのでないでしょうか?

    人は言葉だけで人を拘束できるといいましたが、人間同士が喧嘩をすると言葉巧みなほうが優勢となります、それは責めの言葉のバリエーションが多いのと、的確な部分をつねに言い当てるからです。
    言い当てられた相手はいいわけや逃げに入りますが、いいわけできない状況に追い込まれると相手は何も言い返せなくなってしまいます、これがいわゆる精神拘束であり、SMプレイでいう所の言葉責めプレイというものになります。
    言葉で相手を拘束するとはSM-Iのチャットでしているようなチャット調教のようなお遊びではなく、精神を完全に支配する事を示し、支配された側は完全に服従せざるを得なくなってしまいます。
    方法は開示できません、この方法を知れば一種のマインドコントロールすらも可能となるためです。

    結論ですが、SMでの拘束とは自由を与えるもの、これが本来の拘束プレイというものであると筆者は考えます。
    [SMに関する話題]