SMの専門サイト
言語切り替え

SMクラブで出会いを求めるのはNGの理由

SM藍/全てのSM記事/SMクラブの暴露記事と店舗の目的

「こんな所で働いてないで私のパートナーにならない?」SMクラブを利用するお客様でこのようにSM女性を独占したいが為にその様な言動を発するお客様は沢山おります。

SM女性は独占できるものではない

これは逆効果になっているという事をご存じでしょうか?

SMクラブに在籍するSM女性が特定のお客様になびくのは信頼性と人間性にSM女性が惹かれた場合に限りありえますが、その他の場合ではまずありえません、何故ならキャバクラと同じで”思わせぶり”をどんなSM女性でも利用しているからです。

つまり、次の指名に繋げる為にいかにもその気があるかのように見せつけているだけに過ぎず、実際にはSMクラブに依存しているSM女性だらけの場所から自分だけ特例扱いされて自分だけの彼女になることは滅多にない訳です。

特例はさきほども申し上げた通り、信頼性と人間性によりSM女性がお客様だけの彼女になる事も稀にはありますが、SMクラブをSM出会いに使うようなやり方をしても上手く流されてしまうのがオチです。

では、どのようにしてSM女性を自分になびかせる事ができるのでしょうか?もしくは何度通えば自分の事を好きになってくれるのでしょうか?そもそもその行為そのものが目標を達成する事が出来るのでしょうか?

SMクラブを出会いに使うのはNGとされる

まず、根本的にSMクラブを出会いに使うのは完全なるNGです、この言葉の意味がわかれば口説き落とせます。

SMクラブは出会いを求めるSM女性が在籍する場所ではないという事、SMクラブは仕事をする場所である事を認識した上でSM女性は在籍している事を念頭に置いて考えてみてください、ではお金が目的なのか?それもまた違います。

いくら高額なお金を提示されても見事に撃沈するでしょう、そのような例は山ほどあります。

つまり、SMクラブに所属するSM女性はお金目的でもSMプレイ目的でもなく、単にお店自体に依存している為、それをめくる事は接する人物の権威性、信頼性、人間性がSMクラブよりも上回らなければ成り立たないのです。

かといって、所属するSMクラブへの批判や文句などを発言すればかえって悪循環するハメになりますので、まずは現状のSM女性がどの程度SMクラブに依存しているかを確認する事から始めます。

SMクラブは物理的に存在する居場所

SMクラブで働くSM女性はかなりの確率でお店自体に依存しているのです、言ってみれば”私の居場所”という概念が彼女達には染み付いているのです、これを覆す為にはお客様自身が”彼女の居場所になってあげる”事が得策と言えます。

しかし、人が人の居場所になるという考え方は日本語でも正直おかしな話であり、それは物理的な考え方ではありません。

SMクラブは居場所、つまり物理的に存在する場所としてあります、だから身を置き、精神を置きます。

彼女達の居場所になれる人間とは彼女達の精神を置く場所を自分の中に作り上げる事です、難しいようですが、これは何事にも当てはまる事であり、人とは人の精神に依存する事で自分の居場所を得る事は科学的にも証明されています。

つまり、SMクラブという場所そのものが彼女達の依存する居場所となり、精神の安定をもたらす場所でもあるのです。

出会いNGはSMクラブ側の適切な対応策

結論を言えば、何故SMクラブでの出会いを求めるのはNGとなるのか?はお店側がSM女性をお客様にとられてしまうのが理由なのではなく、お客様そのものが不快な想いをしてしまう為です。

例を言えば法律の中で日本人が生活しているごく当たり前の事を覆すような事と同様となるのです、法律を覆すのはテロ的な行為となり、そのテロに参加しないか?とSM女性を誘っているのと同じ行為にみなされます。

誘われたSM女性は一般人である為、安心や安定を優先しますから、先の見えないテロ行為に自分が参加するという険しい道を選ぶことは滅多にありません、だからSMクラブでSM女性を口説き落とせるお客様は滅多にいません。

口説くというのはある意味、お客様自身の理論を尊重している事になります、自分の考え方が正しいと思ってその発言をしますが、それがことごとく却下されれば誰しも気分が悪くなることでしょう。

それを防ぐ為にSMクラブ側としては、在籍するSM女性への勧誘や個人情報交換などを一切NGとしているのです。

ひいてはお客様と所属するSM女性どちらも守る立場にあるSMクラブ側の適切な対応策だと言えるでしょう。
[SMクラブの暴露記事と店舗の目的]

↑ページの先頭へ