SMの専門サイト
言語切り替え

スタッフが潰す店舗運営の実態と内部事情

SM藍/全てのSM記事/SMクラブの暴露記事と店舗の目的

通常のSMクラブのスタッフと言えば男性になりますが、自分が働いているお店を自らが潰そうとしている事があったという話を聞いた事があります。

売り上げは全て経営者の遊ぶお金になっていた

なぜ自分の仕事先を潰そうと考えるのでしょうか?検証をしてみました。

実際に自分の働いているSMクラブを潰してしまった男性にアクセスをしたみた所、取材に応じてもらえました。

その男性は当時自分が若かった頃にSMクラブで男性スタッフとして働いておりました、彼が初心者のうちは色々とSMやクラブの運営方法などを学び、ある程度仕事ができるようになった頃にはお店の売り上げをガンガン上げていく程の営業力を身に着け、そのSMクラブは他にも店舗を出せるほどの運営資金が貯まったのです。

ある日の事、店長(経営者)が新しい店舗を作り、その新店舗の方に移動をし、既存のお店の全てを自分が任されて立場的にはそのSMクラブの店長となったのですが、既存のSMクラブから何か月経っても売り上げ金を新店舗へ持って行ってしまう経営者の行動がとても不信に思い、既存の在籍SM女性に新店舗へ自らが希望して行かせるように仕向け、情報をかき集めました。

新店舗で経営者がやっていたことはPSPのゲームです、電話もならずに適当な所でパチンコ屋に行く毎日であり、既存の店舗の売り上げは経営者の遊び代に全て使われていたのです。

信頼度が全くないSMクラブの経営者

その事実を知った彼は自分が頑張って来たSMクラブだけど、あの経営者の遊びの為に自分が働いていると思うと非常に馬鹿らしくなったのです、その後彼は電話が鳴っても「今、SM女性が全員出ておりまして、派遣できる娘がおりません」等と嘘をつき、ことごとくお客様の利用を断る方向に転換していったのです。

その結果、既存のSMクラブはとうとう閉店する事となり、新店舗はもちろんその前に閉店しました。

社員やスタッフというのは本来経営者や社長に向かって敬意を表すものですが、それに値しない場合はその限りではないのです、自分がどんなに頑張っても給料は上がらず、逆に売上が下がれば自分の給料が下がる、しかし新店舗へもって行かれてしまうお金は毎月自分の給料と比較にならない金額です。

しかし、経営者から言わせれば自分が起業した訳ですから、売り上げをどのような事に使おうと他人にとやかく言われる筋合いはないと言うのがご意見だと思われますが、それで敵意を持つ人間が育ってしまう事もあるのです。

SMクラブ潰れればいい!

筆者の知り合いにSMクラブでスタッフをしている男性が店長に対する不満を持っており、その彼からは色々な話を聞かされますが、業務は真面目に行っていても内心では「こんなSMクラブ潰れればいい!」と思っているそうです。

そう思わせる理由が、在籍SM女性に対する破廉恥な態度が1つの原因ですが、自分が入店した頃に店長は「絶対に在籍SM女性に手を出してはならない」と自分に何度も言っていた割には、店内の数人と関係をもっており、その内2人を妊娠させてしまったという、とんでもない事実が発覚した為です。

彼は自分の職場を潰そうとまでは思ってませんが、現段階ではお店の売り上げに対しての情熱は全くありません。

経営者だから何をしても良い訳ではない

どのようなSMクラブでも全ては店長もしくは経営者の行動や言動1つで全てが変わってしまうのです、経営者だから何をしても良い訳ではなく、店長だからなんでも許される訳でもないというのがスタッフ側の意見です。

確かにそれはごもっともな意見なのですが、それもまた少々疑問を持ってしまいます。

それを言ったら大企業の社長さん達は何やってんのさ!と思いませんか?それをグダグダと文句を言っても給料が上がる訳ではありませんし、給料が上がらないのであれば先を見越して転職も念頭に入れても構わないと思います。

自分が働ける場所があるだけでも今の世の中はラッキーと思った方が良いですし、この先まだまだ就職難な時代が続いていく日本で例えSMクラブでも働けてノウハウを得る事が出来るのであれば、充分なのではないか?と筆者は考えます。
[SMクラブの暴露記事と店舗の目的]

↑ページの先頭へ