SMの専門サイト
言語切り替え

検索上位に表示するSMクラブはクオリティが高いと判断するのは間違い

SM藍/全てのSM記事/SMクラブの暴露記事と店舗の目的

今の世の中は殆どがGoogleを基盤にした検索となっています。

GoogleはSMクラブのクオリティまでは理解できていない

”SMクラブ”と検索した結果、上位に表示されたお店は果たしてクオリティの高いお店であるもしくは、人気のあるSMクラブだと思っていませんか?

検索順位はあくまでもユーザーが決めているのではなく、Googleのアルゴリズムが勝手に決めているだけであり、検索結果の上位に表示する理由は”そのページのクオリティが高い事”を示しますので、SMクラブのクオリティではありません。

Googleが検索上位だと判断したら間違いないと判断する事こそが間違いです、SMクラブというキーワード検索結果で下位に表示されたとしても、クオリティの高いSMクラブは沢山あります。

SMクラブに在籍するSM女性のクオリティはGoogleが決める訳ではない

SMクラブのクオリティとはSM女性の容姿ではなく、検索結果でもなく、SMプレイの濃度がどの程度なのか?という判定です。

こればかりは検索結果が例え上位であっても下位であってもGoogleはもちろん判断はつきません、また、ネットの掲示板などによる評判についても参考程度にしかならず、実際にそのSMクラブに行ってみて確かめる以外に方法はないのです。

Googleのスタッフが言ってました、「私達にもGoogleがどのような検索結果を出すのか全くわからない」と。

つまり、検索結果はGoogleのスタッフでさえもどのような結果になるのかは想定すらできないという代物です、従ってGoogleが間違ったプログラムをすればSMクラブとは全く無関係のSMクラブというキーワードのあるHPが上位表示される事もしばしばあり、必ずしも正しいとは限らないというのがGoogle側の返答です。

「SMクラブ」のキーワード検索

ですから、もしSMクラブというキーワードで検索をするならば、上位ページだけでなく気になるお店を全てチェックする事をお勧めすると共に、余裕があるならエリアやプレイ内容なども絞り込みで検索する事をお勧めします。

なんせ、検索エンジンを作っている人達が「どうなるかわからない」と言っているのですから、どうにもなりません。

かと言って、ネットでの評価を参考にするにしても自作自演も多々あり得ますし、そもそもSMクラブを選ぶ基準をまずご自分で決めなくては事が進みません。

強いて言うならば、誇大な表現をしているSMクラブはショボいという事くらいです、下記に例を記載します。

「好評につき、料金マイナス5000円でプレイ可能です!」「こんなに可愛い子が入って来ました!」「国内最大の!」等々、これらはすべて自作自演であり、実際にそれを正当に評価するものがありません。

好評とは誰が言ったのか?可愛いと誰が思ったのか?国内最大とはどういう意味なのか?をまず考えてみましょう。

そもそもAさんが可愛いと思ってもBさんが可愛いと思わなければ可愛さってなんなの?ってなりますし。

SMクラブの自己評価はあてにならない

物事にはなんでも自己評価というものがあります、例えば「アワード最優秀賞授与」と記載のある商品などもそうですが、あれも単純にそういう所にお金を払えばそのような優秀賞を発行してくれるだけであり、根拠がないのです。

更に言えば、野菜ジュースというものを毎日飲めば野菜の栄養分が補給できる、もしくはサプリメントなどもありますが、あの類も全て”自称”でしかなく、根拠が全くないのです、研究もされてなければ人間で実験もしてません。

もしくは国が定めた法的な機関で間違いなくこういう効果がありますという商品は国内に於いては殆どありません。

無農薬>野菜に使ってなくても土には使っている、無添加>添加物は表記しなくても良い成分が数百種類も存在する訳ですから、結局はすべて自称なんちゃらに過ぎない訳です、ですからSMクラブ側が記載している内容が誇大な表現であればあるほど、筆者なら逆に全く信頼性がないと判断します。

SMクラブのクオリティはそのお店に在籍するSM女性のSM濃度です、これも筆者の見解に過ぎませんがご自分の嗜好に対して満足を得る事をする場所がSMクラブなのですから、お店側の勝手な評価には惑わされずにご自分で判断する様にしましょう。
[SMクラブの暴露記事と店舗の目的]

↑ページの先頭へ