SMの専門サイト
言語切り替え

SMクラブとは名ばかりのデリヘル産業が増大

SM藍/全てのSM記事/SMクラブの暴露記事と店舗の目的

最近のSMクラブはふたを開けてみれば、普通のデリヘルというお店が多くあります。

SMを全くしていない店舗

このようなSMクラブで実際にSMプレイは成立するのでしょうか?複数の体験者にお話を伺ってみました。

実際の所、SMクラブなんちゃらの名称で運営をされているお店を利用してみると、HPに書かれているSMプレイ内容はほぼできないと言う女性だらけで、何もかもNGプレイと言われるそうです、つまりSM自体を行っていない店舗という事になります。

そんなSMクラブがなぜ”SM”と店舗名に名称を付けたのか?が理解できませんでしたが、蓋を開けてみたらこのような結果でした、ご興味ある方はお読みになってみてください。

中身はSMクラブではなくてデリヘルだった

SMクラブなんちゃらとデリヘルなんちゃらを同時に運営を行い、在籍するSM女性は実はデリヘルに在籍するごくノーマルな女性ばかりでSMの事をなにもわかっていないが、SM自体がカテゴリ化されたのでSMクラブと付けたみたとのことです。

つまり、SMクラブと店名の前に付けていても、在籍する女性はSMの知識は全くなく、完全なノーマル嗜好の女性しかいないという結論でした、しかし店舗側としてはちょっとでも幅広く顧客を引き入れたいという考えでそのような運営方式をとっているというのが今のなんちゃってSMクラブの実情の様です。

事務所は一緒、電話番号は別にして、在籍女性も全て一緒という形ですから、電話の受付の際には相応の対応をしますが、実際にSMプレイを始める段階でNG項目だらけという、言ってみればこれは詐欺に近いのでは?と思える程何もできないそうです。

SM女性の持参するSM道具はお飾り

では、このSMクラブに電話をし、プレイ内容を伝えた上で自称SM女性とのプレイを始めるとします、その際にSMプレイ全てがNGだった場合、どのような対処方法があるのでしょうか?

まず、利用するサービスが風営法絡みであるという点が問題となります、店舗側は届出をきちんと行っている段階で公安委員会から営業の許可を得ています、従ってSMだろうがノーマルだろうが性風俗サービスの仕事である事には変わりません。

性風俗サービスの仕事とはSMプレイも含まれますが、唯一ノーマルとSMの違いを言えば”使用する道具があるかないか”になりますので、例えば自称SM女性が部屋に来た際に道具があるかないかの確認をし、その道具は使用可能かどうかを更に確認します、その時点で自称SM女性がSMプレイができるかできないかの判断はある程度行えます。

SMクラブ側に「SMプレイができない」という旨を伝えれば、それ以上のプレイ強要はありません、何故ならそれは信用問題にも発展する可能性がある為です、最もSMできるとうたっておいて実はできませんでしたと言う時点ですでに信用がないとお客様には思われてしまいますが。

指名料で匠に稼ぐSMクラブ

この様なトラブルは割と発生しがちであり、言ってみればSMプレイの中でもア〇ル責めというプレイがあり、これを専門としているSMクラブがあるのですが、実際にSM女性が部屋に来てプレイをする際に「実は体調が悪くてア〇ルができません」と言われてしまう事があるそうです、このケースでも同様に「事前に店舗側から説明された話と異なる」ので、その時点でプレイを断っても問題はありません、もちろん当然ながらプレイ代の支払いをする義務も発生しません。

但し、悪意のあるSMクラブの場合、指名料を3000円以上取るお店があります、指名料の金額が高いのではありません。

プレイはしなくても指名はしたのだから、指名料だけはお支払いくださいという営業方法なのです。

お客様が女性を選んで指名をした時点で、指名料は発生しますから、この類の営業をされた場合は泣き寝入りになります。

このようにSMクラブと名称はついていても実際にはSMを全くしないお店が沢山あるのです、巧妙に料金システムを作られているお店も多々ありますので、どのようなSMクラブであってもまずは情報収集を行い、評判などが参考できれば参考し、ご自分が損をしない形でのご利用をお勧めします。
[SMクラブの暴露記事と店舗の目的]

↑ページの先頭へ