SMの専門サイト
言語切り替え

SM嬢(SMコンパニオン)とは

SM藍/全てのSM記事/SMクラブの求人記事と暴露情報

SM嬢の募集とはSMの仕事を本職もしくはアルバイトとして雇用する為の募集。

SM嬢はお客様に接触する役務(えきむ)

雇用主はSMクラブやM性感などの店舗が主な業種とされており、募集項目としてはSMコンパニオンと称しておりますが、普通に風俗嬢の募集という意味です。

SM嬢の仕事は法律的には性的サービスをさせるとされており、SM行為は性的サービスに属しますので、募集要項の本来の書き方はSMコンパニオンではなく、「お客様からの依頼で身体に接触する役務(えきむ)」が正しい記載事項です。

つまり、SM嬢を募集するという意味は「お客様の依頼でお客様の元に行き、お客様の身体と自分の身体を接触させる仕事」を募集していますとなります、これはあくまでも法律的な表現ですので、これをかみ砕いてSMコンパニオンなのでしょう。

では、SM嬢を募集しているSMクラブ等の店舗は「仕事をする為のSM嬢を募集しているのかどうか」を検証してみましょう。

SM嬢を募集するページの認識

まず、SM嬢を募集するページに関してはSMを仕事とする女性のみが見るページと言う認識が間違っています、SM嬢を募集しているページは全体の60%以上が男性が閲覧しており、募集しているお店の動向を確認する手段の1つとしています。

従って、SM嬢を常に募集している店舗はお客様にとって常に新しいSM嬢が入店する可能性があるもしくはお店の経営自体がうまく行っていると判断できる要素にもなっており、店舗が宣伝する為の広報の役目も同時に果たしている訳です。

SM嬢の募集を自店舗HPにのみ掲載している場合、お客様が考えるのは「このお店は広告にお金を使っていないな?」となり、運営自体がまともにされていないのでは?という疑問が浮上し、お店への信頼度にかけると判断する事もあるそうです。

つまりSM嬢を募集している店舗の営業力はお客様が楽しめるお店なのかどうかを見極める信頼性の手段にもなります。

SM嬢募集はSMクラブの営業戦略

SM嬢のクオリティを求めるお客様には店舗側がどれほどSM嬢の募集に力を入れているか?で”ある程度判定”されます、ある程度の判定とはお客様がお店を選ぶ際の判断基準の1つとされるという事です、お店を選ぶ条件はお客様にとって多種多様にありますから、条件がマッチングしているかどうかが店舗が選ばれる目安となります。

SM嬢を選ぶ目安とは見た目、プレイ内容、接客態度が主となっており、特にSMに関してはプレイ内容の充実さは大きく影響していますので、SM嬢を募集している店舗側もSM嬢の教育には手抜きをしない方針としている店舗がほとんどです。

しかし、SM嬢の募集には裏の設定も存在します、裏の設定とは「SM嬢の募集をしているがわき役の人員補填」の意味合いを持つ募集であり、実質上は正式な採用をするのは名目上であり、仕事につけるかどうかはまた別という事なのです。

あくまでもSM嬢の数(在籍数)をお客様に提示し、常に募集をかけることでお客様は賑わっていると錯覚してしまうのです。

これも店舗側の営業方法の1つです、賑わっているかのように見せつければ日本人の真似性質を上手く利用して前に習えの法則で来店に繋げる営業戦略と言えます、その営業戦略にはSM嬢を常に募集する事は欠かせない訳です。

SM嬢募集の本当の目的

SM嬢を募集するページにはよくこのような箇条書きがあります、「イジメや派閥はありません」。

本当にそうでしょうか?SM嬢を募集している店舗に実際に入店した女性がイジメにも派閥にもあっているのは気のせいでしょうか?それとも店舗側がいじめや派閥がある現状を把握していないのでしょうか?もしくは知っていて無視している。

恐らくは後者が答えでしょう、何故なら既存のSM嬢に辞められたらお店の売り上げに響いてしまいますし、SM嬢を新しく募集しても必ず売上が伸びると言う保証はどこにもありません、従って既存のSM嬢優先というのが本音だと言えます。

では新人のSM嬢はなんの為に入店したのでしょうか?それはお店側の潤いを誇示させる為です、SM嬢が多く在籍しているもしくはSM嬢を多数募集している事を誇示する事で店舗がいかに女性を多数雇用しているかを表現しているのです。

結論を言えば新人はいいように扱われて適当に扱われて、既存のSM嬢の引き立て役になる事の方が多くあり、仮に入店してもまともに仕事が自分に来るわけではないのが現在の店舗のSM嬢募集の本当の理由です。

雇用はされます、しかし、その目的は正式な採用としてSM嬢として働ける女性は一握りであり、他のSM嬢は”募集”という言葉に騙されて引き立て役をさせられるだけで、仕事には繋がらないのが今の定番となります。

SM嬢を募集しているお店に入店する際には自分がどのような立場になるのかを良く考えて変に利用される事がないように気を付ける事を心がけるようにしましょう。
[SMクラブの求人記事と暴露情報]

↑ページの先頭へ