SMの専門サイト
言語切り替え

SMクラブの求人に見た目やセンスのクオリティは求めない

SM藍/全てのSM記事/SMクラブの求人記事と暴露情報

SMのクオリティを主に重要視するSMクラブの求人は、はっきり申し上げてお勧めです。

お客様はSMプレイのクオリティを求めている

SM女性を見た目やセンスで判断するSMクラブはお勧めできませんので、求人応募は控えるべきです。

これは何を根拠にそんな事を言うのか?と言えば、来店されるお客様が最も重要視する部分がSMのクオリティだからです。

SM女性はできる事と出来ない事があります、それは誰でも当たり前なのですが、できるだけ広い範囲のプレイに対応できる事は、SM女性にとって充分な武器となり、リピート率を上げる事がどのような店舗でも立証されていますので、結局の所は何が出来て何ができないか?にかかってくるのです、従ってSMのクオリティを重要視するSMクラブの求人応募は賛成します。

マルチに対応できるSMクラブ

お客様はピンからキリまでいます、どんな要求あるいはどんなプレイを求めてくるか?想像をはるかに超えたとんでもないプレイを希望するお客様もいますから、SMの知識や技術に対して向上心のあるSMクラブへの求人応募は未来があります。

入店直後では大して給料にならないとしても、コツコツと様々なお客様対応を学んで行く事により、マルチな対応ができるSM女性に育てば、指名も取れるようになりますから「このSMクラブに求人応募して良かった」と思えるでしょう。

あらゆるサービスに対応する、あらゆる分野に適応できるというのは人材として非常に優秀とみなされます、従って優秀な人材を多数在籍させるSMクラブそのもののクオリティが高いと評価され、プレイ幅が広く何事もマルチに対応できればお客様にとっては「実は新しい嗜好を持ってしまった・・・」と悩んでも対応できるSMクラブがあれば安心感が得られます。

この安心感こそがお客様がリピートしやすい感情となりますので、マルチに対応できるSMクラブへの求人応募は自分自身の未来を含めた先のある行動と言えるでしょう。

SMのクオリティの高さ

お客様の殆どは「自慢したがり」なのです、例えばあなたがM女性であり、お客様がS男性であれば通常はお客様がM女性であるあなたを緊縛したりしますが、反対に「私を縛ってみなさい」と言って来る場合があります。

これはお客様がM女性に”縛りを教えたい”と考え、自分が教えた縛りをテストしたいと考える先生感情です。

自分が先生となり、M女性という生徒に教え込む事、これも立派なSMプレイになるのです、何故ならSM調教とは「SMを調べて教える」と記述します、つまりM女性が教わる立場となりますので、お客様の手によって教養を身に着けるとなります。

あるいは、本当の自分はMである事を隠してS男性として来店し、M女性にプレイ方法を仕込み、自分がMの立場としてプレイされる事を望むお客様もいますから、そこで「え?私はM女だから男の人を責める事はできない」と言ってしまえば、そのお客様は二度とリピートしなくなってしまいます、ひいてはお店の売り上げにも大きく響く結果となります。

いくら自分がM女性だとしてもお客様がM女性とM男性のプレイを望むのであれば対応するのがプロであり、プロは給料を貰う立場として成り立ちます、どのようなご希望でも叶えてあげられるのがSMのクオリティの高さです。

別の目的を持つSMクラブの求人

SM女性はお人形ではありません、見た目が良ければもしくはセンスが良ければ良いという考えをもつSMクラブは求人を利用して別の目的を持っていると考える方が妥当だと言えます。

別の目的とは多種多様ですが、例えば非常に酷いケースだと単純にSMクラブを運営しているが実際には機能していない、しかし求人を出す事によって女が手に入る、ただ女が欲しいだけである等のケースです、これ、割と多いです。

求人とは「人を求める」と書きます、SMクラブによっては給料の提示はなく、ただ求人を出しているケースもあるのです、例えば「M女性募集!お気軽にご相談ください」と記載があれば、「あれ?これは求人かな?」と思ってしまいます。

言葉は世の中で一般的に使われている言葉という免疫が身についていますから、”求人”と記載があれば”仕事をする人の募集”と受け取ってしまうのは言葉の免疫が身体に備わってしまっている為です。

SMクラブが仮に求人を出していても必ずしもそれが「SMを職業とする人材を募集しており、給料を支払うシステムがある」とは限らない訳です、実際には別の目的を持って求人をするSMクラブは少なくありません。

失敗することもまた1つの成長とは思えますが、やはり何事も行動前に確認する事が重要でしょう。

従って、まず求人ページを閲覧し、そのSMクラブは明確な営業をしており、クオリティの高い店舗であると判断できた時だけ面接に行くようにすると良いでしょう。
[SMクラブの求人記事と暴露情報]

↑ページの先頭へ