SMの専門サイト
言語切り替え

病院の看護師さんとのSMパートナー契約

SM藍/全てのSM記事/SMパートナーの探し方、作り方

彼は会社に行く際にバイクと車の衝突事故に巻き込まれ、左足を骨折する大けがをしました、救急車で運ばれ行きついた病院で3週間の入院となり、入院中に女性看護師との出会いがありました。

女性看護師とのパートナー関係

女性看護師と彼は入院中にも関わらず、SMパートナーの関係を持ってしまったのです。

発端は彼の入院であり、女性看護師は彼の担当となった事ですが、患者と看護師がSMパートナーの関係を持つ等という常識はずれな展開が果たして本当にあるのでしょうか?実は本当にあったのです、何故なら筆者はお見舞いに行ったからです。

彼は元々SMユーザーであり、筆者の運営するミストカの常連的な存在の1人なのです。

彼のSMパートナーは女性看護師

それは突然の事でした、車とバイクが衝突してその近くを歩いていた彼にバイクが降りかかってきたのです。

逃げようとしましたが、大腿骨骨折となり、急遽病院へ運ばれました。

連絡を受けた筆者はすぐに病院へ駆けつけました、が、意外に元気で骨折以外は至って元気そのものでした。

彼の要望で、彼の部屋へ行き、荷物をまとめて病院まで持っていきました、その際に出くわしたのが今の彼のSMパートナーである女性看護師さんです。

とても綺麗な方で、彼よりも10歳以上若く、スレンダーなスタイル、整った顔立ちはまさに女王様そのものの様でした。

が、そんな事を本人に言えるはずもなく、その印象は心にしまい込みました・・・しかし・・・彼は違った。

筆者は週に1~2回お見舞いに行っていましたが、なぜかその女性看護師がいつもいて彼にかなり辛い当たり方をしていたのです、これは患者に対してちょっと横暴では?と思う程でした。

しかし、その時には既に彼らはSMパートナー同士となっていたのです、きっかけは女性看護師が体を拭く時にある事件が行った事です、その事件とはズバリ言って彼は女性看護師さんに拭かれている最中に溜っていたものを出してしまったのです。

聞いた話では、執拗に股間をやたらとこすられたとの事ですが、通常ならそこまではしません。

後から聞いた話ですが、女性看護師が彼へ一目ぼれをしたそうです、そして女性看護師のあの風情は女王様そのものであり、彼はちゃっかりとMだと打ち明けたのです、通常ならばドン引きするシチュエーションですが、彼女は彼を受け止めました。

そして、入院中にも関わらず、怪我の場所以外には爪痕を付けたり頬を叩くなどを繰り返していたそうです。

M男性にとって理想的なSMパートナー

M男性にとってはこんな理想的なSMパートナーはいないでしょう、それほど面倒見も良く、自分がSMのえの字すら知らないのに彼のM事情を聞いた途端に「それなら理想の女王様になってあげる」と言われたらしい、なんとも羨ましい話です。

そもそも、女王様的な知識や行為をどこから仕入れたのか?それが疑問でしたが、直接本人に聞いたところによると、すべてはネットの情報と動画から真似て見せたとの事、見よう見まねは物事の始まりでもありますから正しい選択でもありますが、ちょっとした着眼点を変えるだけでとんでもない事故に繋がる可能性も十分にありえます。

元々彼にはSMパートナーが出来たら自分を壊されたいという願望があり、その言葉「壊されたい」という言葉からよくあそこまでの知識を得て行動をしたと感心するほどでした。

SM三昧な生活と結婚

3週間の間、病室で行われていた密かなSMプレイ、余計に入院日数が伸びそうな雰囲気ではありますが、精神面も健康面的にも彼は非常に元気になって退院しました、その後数ヶ月で2人はSM結婚したのです。

今では毎日朝から晩まで時間がある時はSM三昧な生活を送っており、とても幸せだとの事です。

突然目の前に現れたSMパートナー、そんな偶然もまた新鮮でありお互いを幸せにしてくれる不思議な出会いはまだまだ世の中にはありそうです、筆者宛には次々とメッセージが送られてきていますので、 順次ご紹介していきたいと思います。
[SMパートナーの探し方、作り方]

↑ページの先頭へ