SMの専門サイト
言語切り替え

恋愛に繋がるSMパートナーはパートナーとは言わない

SM藍/全てのSM記事/SMパートナーの探し方、作り方

出会った頃にSMパートナーとして知り合ったSM男女が付き合うようになり、お互いに恋愛感情を持った場合はSMパートナーとはいいません。

SMパートナーと恋人の違い

SMパートナーとは友達以上恋人未満です。

恋人という境目を超えればもうそれは単に彼氏彼女の関係と言えますし、彼氏彼女の関係でありながら相手をSMパートナーですと人に紹介するのは相手にとってとても気分の悪い紹介のされ方となります。

最も、SM関連のイベントや飲み屋などで紹介する程度ではありますので、通常は彼氏彼女と紹介するとは思います。

恋愛に繋がるSMパートナー

では、今回のお題は恋愛に繋がるSMパートナーについてです、これは非常に言いにくいのですが現状としてSMパートナー同士でのお付き合いでどちらかが片思いをしているカップル数がとても多く感じられます。

例えば、S男性とM女性のSMパートナー同士でS男性には恋愛感情がないが、M女性には恋愛感情があるという具合です。

S男性の感情は遊び相手、M女性の感情は恋愛対象となっており、相思相愛が成立していませんので、恋人同士ではなくSMパートナーという括りとなってしまいます、これはM女性にとってはとても悲しい事でもありますが、仕方ない事でもあります。

基本的にSMパートナーとはSMプレイをする為の相手であり、それ以上でも以下でもありませんので、そこに恋愛感情そのものがあってもなくても関係ないというのが一般的な考え方とされています。

双方とも恋愛感情を持っていない場合は完全に割り切った関係であり、ただSMを楽しむ為だけにいる相手となりますが、この割り切りこそが実は精神的にストレスにならず、一番良い関係とも言われています。

既婚者側は遊び相手がSMパートナー

SM男女がパートナーとしてしかお付き合いをしないのは大半がどちらか片方が既婚者である可能性が高いというのも1つの原因であり、既婚者側は不倫相手にも満たない遊び相手がSMパートナーです。

もちろん、遊び相手ですから特にM側に位置する人にはプレイ痕を残さないようにするなどの条件も発生しますが、M側が独身であり、尚且つ彼氏彼女がいない場合に於いてはプレイ痕を深く残す事をする人達も大勢いらっしゃいます。

プレイ痕とは鞭などで体へ傷をつけたり、縄で絞め痕を残す事を示します、これは単純に独占欲でもあり、自分の所有物である証を体へ残す儀式的なものでもあるのですが、考え方が偏っている為、精神的に不安定である事を裏付ける場合もあります。

信頼関係とは

SMパートナーは遊び相手である、この定義は覆せませんが信頼関係なくして成立はしません、従ってお互いの信頼関係が根底にある事が条件となりますが、この”信頼関係”という言葉が実はくせ者でもあります。

信頼関係という言葉を使えばどうにかなるという輩は非常に多く、それ以前の話がないのが問題視されている部分です。

例えば、SM男女が知り合った際に最初に言う発言は「初めまして」であり、その後にお互いのSM嗜好などを語り合い、徐々に距離を縮める事で信頼関係が育っていくのです、つまり、言葉にする事が非常に怪しいとされています。

実際にSM掲示板やSMチャットなどでも信頼関係という言葉をいきなり言い出す人がおりますが、それは当たり前の事なので言葉にする必要性は全くないのです、つまり、口説く為だけに使われている言葉でもあります。

特にS男性がこの言葉を相手を選ばずに発言している光景は不愉快さを感じられるものがあります。

SMパートナーとなる相

出来れば相思相愛な関係を築き上げてSMパートナーではなく、彼氏彼女になって欲しいと筆者は思いますが、世の中のSM男女にそれを強要しても、所詮は遊びだというコンセプトは揺るがないでしょう。

少なくともSMパートナーとなる相手、もしくはその候補とされる相手に関しては「男性のせっかちさ」を重点的に置いてSM女性は話を聞くと良いと思います、せっかちなSM男性はまずアウトだとご認識ください。
[SMパートナーの探し方、作り方]

↑ページの先頭へ