SMの専門サイト
言語切り替え

必ずしもSMパートナーが必要とは限らないのがSM

SM藍/全てのSM記事/SMパートナーの探し方、作り方

SMはパートナーがいないとSMプレイが成立しないとお考えではありませんか?

SMパートナーがいなくてもSMはできる

自虐プレイ(自分で自分を痛めつける)、自縛プレイ(自分で自分を縛りあげる)などの言葉を聞いた事があると思いますが、これも一種のSMパートナーなしでのSM行為になります、自分の中に架空の相手を連想してSM行為を行う類のものです。

SMとされるカテゴリの中には様々な行為があり、その中でも独りでSMを行えるプレイには限りがありますが、M側に多いのが露出プレイ、羞恥プレイです。

SMパートナーの必要性がない露出と羞恥

SMパートナーの必要性がない露出と羞恥とは上に記載した自虐、自縛とほぼ同様な行動で、例えば女性で言えば下着を付けないで外出する、ドラマや漫画に出てくるコートだけ羽織って下は素っ裸が露出であり、SMパートナーが必要ない独りSMではあっても周りの行きかう人々は知らない間にそのSMに巻き込まれているという感じです。

羞恥とは見た目は普通なのですが、裸になってみるといたるところにSMグッズを設置している状態で、例えていうならば女性がバイブを膣に入れたまま外出する行為を示します。

これらのSMにはパートナーの存在はなく、人が沢山いる場所に行って独りで興奮をして楽しむSMになります。

法律的に言えば完全アウトです、迷惑条例の対象とされます。

SMパートナーを必要としない考え

妄想力の強い方からすればSMパートナーは自分の中にいるという方も多くいらっしゃいます、これは自分が作り上げた理想の相手であり、その相手を超えるパートナーは現実には存在しない為、あえてSMパートナーを作らないという考え方です。

当然ながら自分の作り上げた理想の相手は最高の相手であり、その人物を超える事は誰にもできません。

その妄想を持っている人にいくらアプローチをかけても微動だにしないのは鉄板ですが、中にはその鉄板を打ち破るパワーを持つ人間もまた存在しています。

妄想の中のSMパートナーは絶対的ないわば神様の様な存在なのに対して、その神様を上回る人物とはどのような人でしょう?

それは人に対して洗脳に長けている人物です、M側の人間にとって自分の絶対的な神様を上書きするには洗脳して、その神様を打ち破る必要があるのです、洗脳に成功すればMの心はリアルのSMパートナーに切り替わる事になります。

心の上書き方法

SMパートナーになる為にMの心を上書き(リライト)する方法は沢山ありますが、一番身近な例を言えばMの癖に水をさす事が手短であり、有効的なリライトの方法です。

例えば、角切りのチーズを用意して同時にサツマイモの角切りも用意します、同じ大きさに整えて、それぞれを見ずに浸しますとどちらも濡れた角切りのチーズに見えます。

手に持っても極端に長くなければ気にせずに口にしますが、チーズはそのままチーズの味ですが、生のサツマイモは口に入れた瞬間にあれ?とびっくりしながらも食べ物を信用している為に口に入れたら噛みます。

感が瞬間に本人はあれ?あれ?これ、チーズじゃない・・・とびっくりしますよね?これがリライトの初歩的な考えです。

物事は必ずしも正しい方向に進んでいるのではない、これを本人に植えつけていく事によって理想が崩れていくのです。

エスカレーターなども良い凡例です、エスカレーターは乗れば動いているというのが定番であり、それを脳は当たり前だと認識していますが、普段動いているエスカレーターが止まった状態だと階段としてサクサクと歩けなくなってしまいます。

あれ?なんかフラフラするな?なんで?そんな感覚を経験した事があると思いますが、これは脳の認識が拒否反応を起こした際に起こる現象の1つです。

人間は当たり前の事が当たり前でなくなった時に拒否反応を起こします、そこに正しい事はこうだよと知識を脳に与えてやると、今まで独りでSMしていた事が当たり前でなくなり、SMパートナーがいなくてはSMが出来ないという感情に切り替わります。

SMは独りでするもの、SMはパートナーがいないとできないもの、どちらもあなたにとってのSMです。
[SMパートナーの探し方、作り方]

↑ページの先頭へ