SMの専門サイト
言語切り替え

アステリアでSM出会いを成就させたカップル

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

当サイトでSM出会いに成功したカップル様からお礼のメールを頂きましたので、ご紹介したいと思いますが、メール内容に記載のある人体の部位に関しての表現などについては別の表現で執筆致しますので、ご了承ください。

SM出会いアステリアへの登録

初めまして、私はつい先日新しくリニューアルされたSM出会いアステリアに登録をし、プロフィールは公開せずにどんな人がいるのかな?と色々な方の詳細を見ていましたが、ある日の事、1人の男性が登録してきました。

私はプロフィールを公開していないので、SもMも何歳も住まいすらも相手にはもちろんわかりませんけど、メールをすれば自分の詳細は相手に見えるのだとメールをして初めて知ったのです。

SMの出会いは特に用心深くなりますし、滅多やたらとメールが来ても返事に困るので、私の場合は私が相手を選ぶ選択をしたのです、それがプロフィール非公開です、というか、女性はほとんど公開しない気がします。

誰だって、自分が選ばれるよりも自分から選びたい願望のほうが強いはずですから。

求めているキーワード

SM出会いと聞くとちょっと引き気味の印象もあったのですが、実際に使ってみると操作がとても簡単でお相手とのメールもスムーズにこなす事が出来て、とってもらくちんでした。

私が目的としていたのはあるキーワードです、そのキーワードが果たしてSM出会い系サイトにあるのかな?という疑問もあったのですが、たった1人だけそのキーワードを書いている男性がいました。

私は現在20代後半で、その男性は40代後半なので、年齢差は20歳以上でしたが私には大ヒットしたのです。

迷いはなく、速攻メールをしました、その当日にメールの返事が返ってきて、SM出会い・・・侮れねぇ~と思いました。

私が希望するワードを書いていた男性そのSM出会いはもう運命でしょ!これ!と思ってしまい、私はかなり積極的にメールをしたら彼の方から直アドを教えて頂けました。

その後はLINEでやり取りをするようになり、色々と音声通話でお話をしましたが、大正解でした、超満足です。

私が求めていたワードは○○○です、たぶんSM出会いサイトの中でもこんな嗜好を持った女がいるなんて男性からすればたぶん想像もつかない事だと思いますが、まさかそんな天然記念物みたいな男性がいるとは想像もつきませんでした。

私たちはSM出会いで知り合ってから2週間ほどで顔を合わせての会話をし、お互いの嗜好を改めて確認しました。

「もしかしたら、たまたまそんな嗜好を書いたかもしれない、嘘かもしれない・・・」それも念頭に置いていたので、実際に顔を合わせて話をするまで、正直いって彼の事を疑っていましたけど、間違いはありませんでした。

なんせネットですから、言葉ではどうとでもいえますから、実際に顔を合わせて話してみないとなんともいえなかったので、現実の彼に会って話をした時には正直ショックを受けました。

はっきり申し上げて、私の趣味嗜好の遥か上を凌駕している人だったのです、とても嬉しかったです。

SMという言葉は一般化されているという現実

余談ですが、彼の見た目や年齢は私にとっては評価に値しません、なぜならその特殊な性癖を持っている人間自体が恐らくほとんどいないからです、欲をいえば私は彼とSM結婚までしたいとも考えています、幸いにもお互い独身ですし。

こんな特別な出会いの場をつくって頂いた事にとても感謝しています、これからも頑張ってください。

あ、○○○は伏せてください(笑)

という内容のメールを頂きました、嗜好についてはこちらでは伏せさせて頂きました。

筆者はこのメールをもらって、SM出会い系サイトのあるべき姿を再度考え直さなければと感じました、それはいってみればどこぞの記事に記載した、すでにSMという言葉は一般化されているという現実があるからです。

SMというカテゴリは幅は広いのですが、マニアックの中に更にマニアックな部分もあります、これは検索でいうと絞り込みと表現しますが、趣味嗜好の在り方は人それぞれであると同時に、導いてあげなければならない事を今回は勉強させて頂きました。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ