SMの専門サイト
言語切り替え

年代別SM出会いサイト利用者数の統計データ

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

主なSM出会い系の年代別利用者数は最も多いのが40代、次に30代となっており、20代と50代の世代に関していえば、両極端な利用率となっているのが現状です。

新しいSMになじめない

主に50代~60代のSM出会い利用者はSMがはやった時代に美味しい想いをした事をいまだに引きずっているため、新しいSMの世界にはなかなか踏み出せない固定観念があるようです。

新しいSMの世界とはすでに一般化されたSMであり、必ずしもアダルト的な要素を持つカテゴリではないという事実です、この事実をいまだに受け止められない層が50~60代のSM出会いユーザーなのです。

年代別SM出会い系ユーザーのSMの捉え方

SM出会いやSMクラブ、SM嗜好そのものがはやったのは2000年代前半であり、この頃にSMの技術や内面を知った世代はネットでのSM出会いも活発だった時期でもあり、その時にたくさんのSMユーザー同士の出会いがあったのでしょう。

異性との出会いがあるという事はSMプレイ数もそれなりに経験を積んで来たわけですから、その時のSMに対する自分の栄光が忘れられずに今の時代のSMを受け付ける事ができないでいるのです。

それは40代の方も同様で、最も多いとされる40代のSM出会いユーザーも同様の考え方を持っていますが、50~60代の年代の方から比べれば柔軟性がありますので、今のSMの世の中を受け入れている傾向もみられます。

では、20代となると平成生まれの人が多くおり、平成生まれの層がどれほどSMを受けて入れているかといいますと、ほぼ全員受け入れているのが現状です、なぜならSMはすでに一般化されてしまっているからです。

もちろん、アダルト的なSMも把握しており、一般のSMとアダルトのSMの区分けはできているようです。

きっちりと判別できているからこそ、その使い方の区別もできており、理解した上でアダルトのSMと一般のSMを使い分けているのが今の20代世代の方々です。

30代のSM出会い系ユーザー

30代のSMユーザーは微妙なラインに立たされているのが現状です、SMがはやった頃には彼らは20代でしたから、時代が移り変わった事自体は受け入れているようでもあり、その時の栄光が忘れられない方々もまだ多くいらっしゃいます。

特に女性が多く、2000年代前半の頃にSMクラブなどで仕事をした際にそれなりの給料をもらっていた事が忘れられずに、それをいつまでも引きづってしまう人も少なくありません。

その様な30代の女性SMユーザーは今現状でもSMクラブへの在籍やSM出会い系での援助交際などをしている層も多くおりますが、時代の移り変わりを受け止めざるを得ないという現実は身に染みて理解しているようです。

給料を多くとっていた女性の中で最も多く収入の良かった女性SMユーザーは毎月100万を超える給料をとっていました、その頃に自分の生活の基盤が出来上がってしまった場合、余計なプライドが邪魔をしてしまいます。

生活レベルを落とせない、だから借金したりなど波乱な人生を送っている方も少なくありません。

40代~60代のSM出会い系ユーザー

40代~60代の世代は特に緊縛がはやった時代を生きています、緊縛が出来ればM女性が手に入るというのがS男性の常だった時もあり、それをいまだに引きづっている人も多くおります、しかし今ではM女性からしてみても「へぇ~できるんだ」の程度である現実を知ってしまい、緊縛をやめてしまった方々も大勢います。

SM雑誌がはやった頃は雑誌への緊縛投稿なども積極的に行っていた方も多く、それがM女性獲得や利益に繋がる事にもなっていた人もいますが、この偏ってしまった新しいSMの世界はこだわりを持っていても仕方ないのです。

今のSM出会いはそんな偏った世代とSMが特殊ではないと考えるユーザー層とが混在する世界観になったのです。

まずはその現実を受け止めるようにし、新しいSMの世界を理解していく事からはじめてみましょう。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ