SMの専門サイト
言語切り替え

SMの本質は知らないが出会いは求める

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

SM出会いサイトを利用するユーザーの半分はSMをわかっていない方です。

SMという言葉しか知らない

SMがわかっていないというのはプレイの事ではなく、根本的にSMはサド(責める側)とマゾ(受ける側)だという程度の知識しか持ち合わせていないという事です。

当然ながら、そのような相手と会ってもSMプレイが成り立つはずもありません。

この項ではSMの本質は知らなくても出会いは求めるユーザーについての解説をさせて頂きます。

SM出会い系で学ぶSMの本質

最初にSMの本質についてのお話をします、SMの本質はサディズム、マゾヒズムではなくわかってくれるかわかってあげられるかが本来の本質です、私はドSだと淡々という方はSMの本質を理解していません。

それは自分自身に対しても同様で、自分が自分を理解しているかしていないかに関しても同等といえます。

詳しく説明しましょう、”理解”とは人が言った事や記事を見てそう思ってしまったのは感化です、つまり影響されたという程度のものであり、理解とは異なります。

人から影響されたから自分もそうだ、あるいは相手もそうだと考えるのは自分で勝手に妄想しているのと同様で実際の本質には一切触れていません、本質とは本来の目的、本当に願っている事を示します。

SM出会い系では本質を分かりあう事が一番重要

SM出会い系ではこの本質を理解していない人が多数おります、かといって本質を分かっている人だけに巡り合うのは不可能に近いため、出会いから縁を作り、お互いの本質を分かりあう事が一番重要な事なのです。

相手がマゾである、そのマゾはどのようなマゾヒズムなのか?を理解する事こそがSとMの関係を強く結びます。

難しい話かもしれませんので、ここで1つSMプレイでの例題を参照してみましょう。

SMプレイをする際に様々な道具を利用しますが、ではたとえば鞭を使ったとします、鞭を打つ側と打たれる側は頭の中でリンクした考えになっているでしょうか?鞭を打つ=痛みを与える、鞭で打たれる=痛みを伴うがお互いの目的ならばリンクしているといえますが、もし鞭を打たれる側が痛みを伴う事で「痛みに耐えている自分が好き」という感情を持っていたとしたらどうでしょう?打つ側はただ打っているだけ、でも打たれる側は自分を好きになるために耐えているならリンクしていません。

つまり、双方の本質が違う場合に於いてはSとMの繋がりがないのと同様でもあり、この縁は短い期間で終了します。

SM出会いではSMの本質を知る事は思いやりである

本質がすれ違えばいつかはそのズレにどちらかが気づきますので、「私が求めているものとは違う」と考えるようになりますから、その瞬間からはストレスが増え続けていくのです。

ストレスが増え続ければ崩壊します、それは縁が切れるという意味です。

SM出会いで出会った時にはその本質は見抜けませんし、当本人もわかっていないのが一般的ですから、会う前にその本質をお互いに知る事をまずするようにしましょう、本質を知った上で会えば理想的なカップルとしておつきあいできるはずです。

ここまで考えて付き合う必要なんてないんじゃないか?と考える人もたくさんいる事でしょう、そういう方達はSMの本質はどうでもいいので、とりあえず出会いを求める人達です。

それがいけないとは言いませんが、本来のSM関係を目的とした繋がりはいつまで経っても成就される事はありません。

長い間何十年も夫婦として生活している人達は夫婦間でお互いをわかりあっています、この人はこういう人だ、この人はこういう時にこのような行動を起こしたり発言をしたりするだろう、それを理解しあっているからこそ長く連れ添えるのです。

結果的にはお互いの扱いに慣れてしまうので、トラブルでもなんでも最小限に防ぐ事ができるようになります。

SMの本質を知る事は相手への思いやりであり、自分への思いやりである事を少しでも覚えておいてください。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ