SMの専門サイト
言語切り替え

SMの出会いは本質の相違点がある

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

SMの出会いでは本質的な相違点があります、これは利用者同士がどのような使い方をするかという疑問でもあります。

本質的な相違

参加者は出会いによって得られる利点を考慮して利用をします、しかしこの利点が異なればどんなに気持ちを伝えても伝わらないのが本質的な相違点です。

ちょっとSMちっくな事がしたいから、そういう理解のある彼女が欲しいと考えたり話してみると結構お金持ってそうだなと金銭目当てであったり、人それぞれの思惑はバラバラにあるものです。

SM出会いでのすれ違い

SMを基準に考えて行動するならきっとよい結果を得る事ができると思いますが、大半はSMはおまけ程度であり、実際の所は違った考えで参加しているため、相手とのすれ違いや会話のズレが発生しやすくなるのです。

たとえば、リアルタイムで話せるチャットやLINEなどはその例で、自分が話している事と相手が話している事が知らない間にズレてしまっていて、ログも1つ飛ばしに返事をしあう形になる事はご経験あるかと思います。

その様な相違点が本来するべきSMでの出会いの妨げになっているのはいうまでもありません。

今から遡って20年前(1997年)のメールのやり取りやチャットのログを見てもそのすれ違いは頻繁(ひんぱん)に発生しています、この相違点はお互いが同じテーマの会話をしているにも関わらず、違った答えをそれぞれが導き出す事、それぞれの答えを強制的に自分に合わせようとする発言で意見の食い違いが起こり、縁が出来ない結果となります。

それぞれのSM観

元々はSMの出会い目的で集まった人達が自分なりのSMの世界を人に押し付ければ、それは相手にとっては迷惑でしかありませんし、たとえば緊縛がSMの主流だと思っている人もいれば緊縛なんぞ意味ないと考える人もいるのです。

かといって、相手の好みを聞いてそれに話を合わせた所でどうでしょうか?成功した事がありますか?

誰もが失敗していると思います、これは相違点があるからです。

SMといっても非常に幅の広いジャンルですからSM好きな人が1000人集まれば例え趣味が似通っていても1000通りのSMがあるわけで、その中から出会いを成就させる事は困難極まりないわけです。

SM出会いに成功する方法は「わかってあげる事」

では、実際にSMの出会いに成功している方達はどのような方法で成功へ導いたのでしょうか?

これにはある特有のルールがありますが、基本は「わかってあげる事」です。

「わかってあげる事」とは相手の話を聞くだけではなく、その人の立場になって物事を考えたり意見したりすることの総称とでも考えてください、SMの出会いを求める人達はほとんどが「自分を知って欲しい」ですね?

だからぶつかり合うし、理解しあえないのです。

相手に合わせるのではなく、相手の事をわかってあげる事をまずはしてみてください。

自分を知って欲しければまずは相手を知る事からが鉄則だと思って頂ければ、あなたのSMの世界は出会いでいっぱいになります。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ