SMの専門サイト
言語切り替え

SM出会い系で出会ったS男性には言葉の共通点があった

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

SM出会い系で知り合ったS男性について、複数のM女性から様々なコメントを頂きました。

中でもひときわ目立つコメントは「誰と会っても同じことをいうんです」という言葉の共通点があるようです。

では、SM出会い系で知り合ったS男性が発する言葉の共通点とは一体どのような言葉なのでしょうか?

SM出会いでの信頼と疑惑

比較的多いのはまずメールでのやりとりもしくはLINEなどでのやり取りの中で”信頼”という言葉を使用する事、そして信頼とは全く逆の”疑惑的行為を起こす”事です。

信頼という言葉を頻繁(ひんぱん)に使う、これは相手への信頼度を上げる要素として用いるのに対し、行動では全く逆のパターンをするというのは一般的には「嘘つき」という判断になると思います。

実際に顔を合わせて話してみても信頼や信用という言葉を頻繁(ひんぱん)に使用し、自分をアピールするのではなくS男性なりの常識的な信頼とは何かという話をするのが多いとの事ですが、これは一体どのような事なのでしょうか?

相手を非常識と認識させ、洗脳する

SMの話よりも出会いの話よりもむしろ「あなたは常識的ではない、まずは人を信頼する事をしなければならない」のような話をして、権威度を上げる行為をするS男性が比較的多いという事です。

自分をアピールするよりも先に自分が常識的である事の協調、そして相手が非常識である事を伝え、自分の立場を優位に立たせる事を先に行います、つまり一種の洗脳的効果を最初に行うそうです。

その後の会話は押しの一手、相手が嫌がっても信頼関係があれば大丈夫と念を押す始末。

しかし、最初に自分の非を指摘され、S男性が常識的だと思ってしまえば当然ながらここで権威力が備わりますから、S男性のいっている事はなにごとも正しいという判断になりがちになってしまいます。

ここまでくれば後は押せば落ちるという考えなのでしょう、自分のアピールをマシンガントークで行い、自分の立場を飛躍的に上げていきます、M女性は権威力に圧倒されて信頼をし、S男性との縁を持ちます。

会うようになると行動が一変する

しかし、実際に会うようになってからは全く逆の行動をするようになります、言葉ではどんなに素晴らしい事をいっていても実際に行為に及んだあとは適当にあしらわれ、信頼関係があるはずなのに他の女性にもアピールしているS男性が多くおります。

SMで出会った時は「おまえだけだ」といっても繋がりを持ってしまうとそうではなくなってしまう、そのようなパターンが多くあり、最初と最後が違うのが普通なんだなとさえ思ってしまう程にS男性は変わってしまいます。

いいえ、実際にはS男性が変わったのではなく、最初からそういう人であり言葉巧みに落とされたというのが実情でしょう。

これはSMに限らず、一般の男性も同様で最初は優しく接しても慣れたら適当にあしらう男性は多くおります。

M女性がSM系出会いサイトで気を付ける事はS男性のいかなる言葉も信用せず、自分のペースを崩さないで対等に話をする事からはじめる事です、最初からどんなに素晴らしい言葉を使って来ても時間をかけてゆっくりと信頼関係を築くようにしましょう。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ