SMの専門サイト
言語切り替え

SMキーワードは9億1千万ヒット

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

「SM」とGoogleで検索すれば9億以上のヒット数となっています、元々はアダルトの世界が牛耳っていたキーワード「SM」ですが、今はアダルト要素のあるサイトはアクセス数が多い場合においてある程度上位にヒットし、残りは完全に圏外とされるアルゴリズムが活発化しています、その対策方法はあるのでしょうか?

キーワード対策

キーワードは短ければ短いほど上位表示が難しくなります、特に「SM」というキーワードは英語解釈もあり、全世界共通のアルファベットでの認識もあるため、その上位表示は困難極まりないのが現状です。

「SM」+「複合するキーワード」であれば、ある程度の上位表示は狙う事は可能です、たとえばSM-Iでは下記が上位ヒットとなり、上位ヒットさせるためのSEO対策がある、ないは相当な影響を得る結果となっています。

「SM掲示板」「SMチャット」「SMカウンセリング」「SMカウンセラー」「SMサイト」「SM結婚」「SM婚」「SM婚活」

「SM出会い」「SMパートナー」>この2ワードは現在2ページ目にヒット

その他にも「SMリンク」「SM交流」等でもほぼ1ページ目にヒットしますが、これらはSEO対策をおこなっているページと何もしていないページがあり、対策は行っていないが裏技を使用する事によって上位表示をさせている物もあります。

「SM」のキーワードは?

では、SM-Iで「SM」のキーワード順位はどの程度なのでしょうか?

まだまだGoogleの変動が収まりきっていないので、何とも言えませんが10ページ目~20ページ目にヒットしました。

SM-I自体はSEO対策をしておりません、しかし9億ヒット中で20ページ目以内にヒットするという事はそこそこの評価がえられているという事にもなるとおもわれます、筆者は「SM」というワードは狙っていませんが・・・

なぜ「SM」というワードを狙わないのか?と言えば、アクセス数=利益ではないからです、アクセス数がいくら伸びてもサーバ負荷がかかるだけで目的としているキーワードで上位表示させる事のほうが的確に利益につながるためでもあります。

アクセス数がどんなにたくさんあっても誰も利益に繋がる行動を起こさなければ、それは単にサーバ負荷をひたすら得るだけなので損しているだけに過ぎないのです、つまり「SM」というキーワード自体には魅力がないということです。

「SMクラブ」のキーワードだと?

たとえば、SMクラブ運営者が「SMクラブ 東京」で1ページ目の1位にヒットすればそれは広告効果としては絶大な威力を発揮するとおもいます、この場合はアクセス数=利益は比例しますので、ビジネスモデルや店舗運営をされている方は絞り込み検索をターゲットとしたSEO対策をおこなうのが何よりもベストだといえるでしょう。

しかし、最近の脅威と言えば”SMの付与するキーワードの一般化”です、新しいGoogleのアルゴリズムはみなさんのご想像通り、アダルティックなサイトは全て格下げをおこなうようになっており、商品名や一般サイトが上位を牛耳ってしまっている現状ですので、たとえばSMクラブのキーワードで「SMクズ・ラブ♪」のような一般サイトがでてきた場合、アダルト要素がなければ群を抜いてこのサイトが1位になってしまう事でしょう、そんなサイトが山ほどでてくればSMクラブの店舗サイトが徐々に上位ヒットが困難となってしまい、やがては営業自体にも影響をおよぼすおそれもでてきます。

では、SMクラブのサイトそのものをノンアダルトとして運営すれば1位をめざせるか?と言えばYESとなります。

しかし、その意味はSMクラブとしての営業そのものを廃棄する事にも繋がりますので、全く意味をなしませんし、そのサイトが仮にSM風俗としてのSMクラブのホームページへのリンクをかねそなえていれば、たとえ一般サイトであっても上位ヒットを狙う事はできません、一般サイトからアダルトサイトへのリンクは極端に評価を落としてしまうためです。

その逆は問題ありません、アダルトサイトからいくら一般サイトへリンクを貼っても何の影響もありません。

「SM風俗」のキーワードでは?

では「SM風俗」とうキーワードを狙った場合はどうでしょうか?これもSMクラブ同様にもし、「SM風な俗世間(ぞくせけん)」という一般サイトを立ち上げられてしまったら、SM風俗サイトも一般サイトには勝ち目がありません。

もちろん、それぞれの例「SMクズ・ラブ♪」「SM風な俗世間」はコンテンツが充実していること、SEO対策がなされている事が最低条件となりますし、低品質コンテンツだらけの場合は上位ヒットの可能性は低くなるとおもわれます。

筆者がこの2サイトを作成した場合、はっきり言ってどちらも1位にヒットさせる事ができます。

「SM」というキーワードは文字の短縮で使用される事が多くあり、スマートメディア、スーパーマーケットなどをSMと短縮してしまえば、いくらでも一般サイトを構築する事はできるのです。

SEOのテクニカルな技術については省きますが、これからもっとこのようなアダルトやスパムサイトの排除を徹底したGoogleのアルゴリズムが組まれていく事はまちがいありません。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ