SM-Iが「SM」のキーワードで上位掲載されない理由と、上位掲載される理由を暴露します。同じ条件を繰り返せば掲載順位は下がります/SMサイトのSEO対策/全てのSM記事

  • 「SM」のキーワードは変動しやすい

    「SM」のキーワードでSM-Iが検索結果として出力されるのは良い時は50位以内、悪い時は180位くらいなのですが、これは意図としてしている為にこのような変動が起きやすくなっています。
    そもそもGoogleは「更新されたサイトは掲載順位を落とす」という仕組みが元々備わっており、ほぼ毎日更新されているSM-Iが上位掲載される事は筆者が病に倒れた時くらいなものです、通常は上位には掲載されません。
    「SM」というキーワードは短くアルファベット2文字であり、これを日本人が検索した場合、変動しないページで尚且つノンアダルトである事を条件として上位掲載されますが、無意味なページがズラリと並んでしまっています。
    さて、まずSM-Iを上位掲載させない理由についての説明をしましょう。
    はっきり言って本当は1位にする事はできます、それはさほど難しい事でもなく意外と簡単に行えますが、それをしてしまうとSEO戦争が勃発します、言ってみればどうにか上位掲載をさせたいとあの手この手を使ってくることでしょう。
    つまり、仕掛けたら最後、こちらも徹底抗戦する形となり、イタチごっこが延々と続く状況となってしまいます。
    これは相当前のGoogleアルゴリズムのバージョンの際にやったのですが、正直あれは疲れます。

    では、SM-Iにあるコンテンツについてヒットするキーワードで変動がない物はかなり沢山ありますが、これらの変動が見られない原因は単純に「更新してない」からです、更新すればそのキーワード順位は下がります。
    もしくは、データの上書き(例えばindex.phpをそのまま上書き)するだけで順位を下げる事はできますが、それは望んでいませんし、内部コンテンツの上位表示は逆に喜ばしい事ですから完全放置としています。
    早い話がSM-I自体は上位表示されなくても、下層コンテンツが上位表示されればその方がターゲティングしやすいのです。
    どういうキーワード構成でたどり着いたのか?最も多いとされるキーワードの組み合わせは?など、単なる「SM」のキーワードよりも全然役に立つのが下層コンテンツのキーワード検索クエリです。
    このクエリを分析する事によって、次にどこの階層のどのコンテンツにどのようなキーワードを仕込むかを決定します。
    そうする事で複数のクエリによる検索上位を常に狙う事が可能であり、SM-Iの求める仕様となるのです。
    それを「SM」のキーワードに特化してしまうと、最も重要なクエリが手に入りません。
    SMに特化したサイトの構造そのものが別の動きをしてしまえば、そのSMサイトの意味はなくなってしまいます。
    例えば、SMクラブのサイトの内部にそのお店の歴史を書き綴ったとします、しかし検索クエリが「SM 歴史」になってしまえば、そのキーワード構成を求めるお客様がSMクラブに来るかどうか?と言えば100%来ない訳です。
    つまり、全く無意味なクエリはサイトにとって単なる障害となり、他の重要なクエリの評価そのものを下げてしまいます。

    SMクラブというキーワードを例とすれば、当然ながら「SMクラブ」のキーワードで上位ヒットしたいのが一般論です、しかし全く違うクエリだらけになってしまえば、そのお店のHPは何の役にも立たなくなってしまいます。
    それほどクエリの分析は非常に重要なのです、実際にSM系サイトで自分が全く予想していないキーワードで来ているユーザーがいると、その何ら関係ないキーワードがそのSMサイトには重要と判断されてしまえば、それを覆すには半年以上かかり、それなら作り直した方が早いと思える程酷い状況にも陥ります。

    更にSMクラブで例を言うならば、「店長」「お店」「プレイ」「料金」「待ち合わせ」などのクエリです、これらに「SM」を付けてみてください、SM店長、SMお店、SMプレイ、SM料金、SM待ち合わせとなりますが、この中で唯一検索するユーザーがいるとすればSMプレイだけになります、他は、まず検索する人はいないでしょう。
    ではSMプレイのキーワードで来店数が伸びるか?と言えば伸びる訳ありません、逆に邪魔なだけなのです。
    SMクラブにとっては、エリアとSMクラブという2つのクエリ以外は不要な訳です、それ以外が検索結果に表示されても何ら意味をなしませんので、仮にサイトの閲覧者数が増えてもサーバ負荷がかかるだけで損にしかなりません。
    筆者が「SM」というキーワードを避けている理由はそこにあります、閲覧者数が増えても重要なコンテンツに繋がらなければ全く無意味な結果となってしまいます、だからSM-Iの構造は2部構造としているのです。

    尚、これは仮にサブドメインを作成して分割した所でなんの役にも立ちません、お互いのサブドメイン同士が繋がっていなければ別サイトと判断されますが、お互いにリンクし合っていれば同一サイトのコンテンツとみなされます。
    従って、どんなにサブドメインを作成してもディレクトリを切っているのと同様の効果しかもたらしません。
    例:hentai.sm-i.netとwww.sm-i.net/hentai/は相互にリンクがあれば同じ扱いとされますので分ける意味がありません。
    より明確な目標のクエリのみを検索結果に表示させる為にはワード分散をできるだけ防ぐ事です、他に手はありません。
    ワード分散とは「女王様」を「女」と「王様」と判断されてしまう現象です、サイト内には「王様」というキーワードは一切ないのに「女」と「王様」に分散されてしまう為、「女王様」でヒットしずらくなるのです。
    これが定着するとどんなに「女王様」というキーワードを入れても全部分散対象となってしまいますので、これを覆すのもまた半年以上かかります、それならば作り直した方が早いのです。
    他の記事にも記載しましたが、何をしたいのか?何をしているのか?を明確に記述するようにしましょう。
    今のGoogleのAIは日本語の誤認識率4.6%です、つまり日本人で言えば高校生又は大学生以上の認識力を持っています。
    AIに勘違いされないように、明確な構造化とコンテンツ作成を目指しましょう。
    [SMサイトのSEO対策]


  • 「SM」のキーワードは変動しやすい
  • SMキーワードは9億1千万ヒット
  • 「SM」が付与するキーワード検索が大変動しています
  • SEOミラージュのテクニック
  • 重複するSMコンテンツのSEO対策は意味があるか?
  • SEOの本当の意味がわかってしまった
  • Googleで検索順位が1位になる裏技!?
  • YMYL対策とE-A-T対策
  • Googlebotの苦手なタグや同一とみなすタグ
  • SM系アダルトサイトの間違ったSEO対策
  • SM系サイトでmetaタグのSEO効果はあるのか?
  • SM被リンクとページランクの関係
  • SMサイトの長文SEOは高評価されるのだろうか?
  • SM相互リンクとSM被リンクの落とし穴
  • SMユーザーの行動は検索順位に影響を及ぼすのか?
  • canonicalタグの使い方と実例
  • SM系アダルトサイトやスパムサイトからの被リンクについて
  • 効果のあるSM被リンクと効果のないSM被リンク
  • URL1つにSMコンテンツは1つ
  • HTMLバリデーションについて
  • URLのSEO対策及びURLに使用不可記号
  • ユーザーエクスペリエンス(UX)はSMサイト順位に影響するか?
  • サブドメインとディレクトリの違いについて
  • SEO効果のあるSM文章構成
  • SMコンテンツ作成の基本
  • SM系サイトのSEO対策と基礎知識、作成の基本