SMの専門サイト
言語切り替え

SMのSEO対策、発被リンクの重要性

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

SMワードの付与する被リンクをクオリティの高いコンテンツに発被リンクすると、リンクをしたページの評価が上がる事がわかりました、評価を上げたいページの中のコンテンツ内部にリンクをする事で評価がえられます。

発被リンクでも評価を得られる

通常、高評価を受けるコンテンツはその階層下もしくはコンテンツそのものに専門的知識のあるページが5ページ以上はリンクされている事が条件となりますが、そのページへSM系サイトがリンクをするとGoogleでの掲載順位が上がります。

たとえば、掲載順位を上げたいページの文章の中に「SMサイトへのリンクはこのように評価されるため、リンクを付けたほうがよいだろう」等の文章を書き、そのSMサイトの部分を評価の高いサイトへリンクを付けます。

自分のSMサイトから相手のSMサイトもしくは自分のSMサイト内部へリンクを付ける事を”発被リンク(はつひりんく)”といいます、被リンクは受ける場合と発するの2パターンありますが、被リンクそのものは受けるだけが評価の点数稼ぎになるのではなく、紹介する事で評価を得る事もできます。

その数が多いほどそのページの重要度が高評価され、掲載順位が上がる事がわかりました。

但し、発被リンクをする場合にはリンク先のコンテンツがGoogleに全てインデックスされている事が条件となります。

たとえばSM-Iで言えば、「SM婚活とは」に発被リンクをつなげる事で評価をえられますが、リンク先のコンテンツ内部にあるページが全てGoogleにインデックスされている場合において評価がえられます、同じくSM-Iで本日(2017/06/29現在)において、「SMクラブとは」に発被リンクをしても「SMクラブとは」のコンテンツがGoogleに全くインデックスされていないため、評価を得る事はできず、むしろ逆に評価を下げる結果となります。

また、カテゴリが異なる場合においても同様で、自分のサイトと関連性のない発被リンクを付けても逆効果です。

SM-Iは「SM」というワードを基準に構成されていますので、SMと付けばどこに発被リンクをしても評価をえられますが、SMクラブのサイトが冷蔵庫の高評価ページへリンクをしても逆に評価が下がってしまうということです、発被リンクをする場合は「テーマが同じカテゴリであり、リンク先のページが全てインデックスされていること」が条件です。

SMサイトの高品質コンテンツとは?

高品質コンテンツなんて言葉は聞いた事がないでしょう、筆者が勝手に作った造語ですから(笑)

コンテンツの高品質バージョンが高品質コンテンツです、高品質とはE-A-Tコンテンツの事です、専門性/信頼性/権威性を持ったページの事を高品質コンテンツといいます。

SMサイトですから、少なくとも”SM”に関する専門的な知識をベースにページを作る必要がありますので、たとえばいくらSM歴30年の人がSMサイトを運営した所で専門的な知識がなければ評価は皆無となります。

高品質コンテンツを作成するためには長年の研究やデータ収集に加えて、知識力/技術力をかねそなえているページ構成(サイト全体)とする必要があり、尚且つ文章を的確に執筆できる事が最低条件です。

誰からも認められるようになれば、作成したページは何度も読み返される現象が発生します、何度も読み返される又はブックマークされる事でそのページが徐々に高品質コンテンツであるとGoogleに評価されるのです、つまり高品質コンテンツは作った時には単なる1ページに過ぎませんが、月日を重ねる事で徐々に評価をえられるページという意味です。

内部被リンクは高品質コンテンツ同士で固める

自分のSMサイトの内部に「これは高品質コンテンツと解釈してもよいだろう」とおもわれるページを紹介します、つまりそのページ内に発被リンクをつなげる事で作製されたページ自体にも高い評価がえられる事となるのです。

高品質コンテンツの見分け方は単純で、自分のSMサイト内の中でもっとも多く読まれているページが高評価ページだと判断すればよいとおもいます、もっとも多く読まれているページに対して発被リンクを行えばサイト内部だけでも評価が上がります。

先ほどから”評価”という言葉を使っていますが、評価とはGoogleのAIが解析する際に使用される”信号”です。

この信号はSMサイト内部がユーザーにとってどの程度重要視されているかを解析して、点数を加算します。

その点数が多ければ多い程、そのコンテンツページの評価が上がるのがGoogleのAI(アルゴリズム)です。

SMのワードを組み合わせた発被リンクは有効

SMサイトであれば「SM」の付与するワードの発被リンクは全て有効になります、リンク先が高品質コンテンツである場合にはその威力はかなり強力となり、相乗効果でサイト全体を高品質に近づける事ができます。

SMワードの付与する被リンクの例

上記画像はSM-Iの記事の部分をまとめている場所です、この中で高品質コンテンツとされるページは下記となります。

「SMうんちく」「SM結婚とは」「SM婚活とは」「SM出会いとは」「SMサイトのSEO対策」「SMパートナーとは」これらはどのページも高評価をすでに受けているページであり、SM-Iの中枢にもなっています。

これらのページに発被リンクをする事で高い評価を得る事ができ、SMの付与するワード検索において掲載順位が比較的(ひかくてき)高い位置にヒットするのです。

SMワードの組み割合わせの後(うしろ)に付く文字がSMカテゴリにおいて一般的に使用されている言葉である場合、たとえばSM婚活サイトをしているなら「SM婚活とは」に被リンクする事で評価がえられます。

SMサイトに特化したSEOサイトをしているならば、「SMサイトのSEO対策」へのリンクをする事で評価がえられます。

SM出会いサイトならば「SM出会いとは」への被リンクを付けるだけで評価されますが、新しく被リンクを付けた「SM女性募集」「SMクラブ求人」「SMクラブとは」「SM嬢募集」に被リンクをしてもインデックスがされていないため評価されません。

簡単な凡例を下記に加えます。

SMサイトの凡例:

SM-Iというサイトがある、ここのマスターは変態だが知識はそこそこ持っており、特に雑学や研究においては多方面からのちゃくがん点を持っており、評価にあたいするといえるだろう。

いちばん注目しているのはSMサイトのSEO対策だ、なぜならわざわざSMに特化してSMワードの解析をおこなっている国内に唯一1人しかいない人物でもあり、彼のSMワード解析の情報は非常に役に立つと言えよう。

まぁ、ちょっと俺すげー!みたいな事を凡例にしてしまってますが、このように文章内部において高品質コンテンツへの発被リンクをつなげる事で実は今執筆しているこのページ自体も高評価をえられるのです。

もちろん、インデックスされてからの話となります。

但し、絶対にテーマは外さない事です、SMクラブとSM出会いはアウト、SM結婚とSMパートナーもアウトです。

しかし、SMクラブからSMサイトの発被リンクは有効、というかSMサイトに関しては何を受けても何を発してもOKです。

なぜ言い切れるかというと、すでにSM-Iをモルモットにして何年もテストしているからです。

発被リンクはテーマが同じである事が条件、但しその総合的なSMワードを中心としたサイトへの発被リンクは有効です。
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ