SMの専門サイト
言語切り替え

高品質コンテンツとは?

SM藍/全てのSM記事/SMサイトの運営に欠かせないSEO対策

高品質コンテンツとは人のためになるページ、Googleが認識しやすいページ、人がなんどもみてしまうページの事をいいますが、これをうだうだと説明してもしかたないので、このページ自体を高品質コンテンツ作成します。

高品質コンテンツの作成

どのような作り方が有効でなにがいけないのかわからない方はたくさんいるとおもいます。

ですから、まずはこのページを見てご自分が作成しているページと何が違うのかをよーく見比べてみましょう。

言っておきますが、ものすごく適当に作るので、いいまわしは雑ですから気分を害されないでください。

なお、HTMLバリデーションは関係ありません、つまりHTMLタグは視野にいれなくてもよいってことですから、簡単だとおもいます、文章と画像とリンクだけみてください。

それと、文字をボールドしたり色を付けたりしているのもまったく関係ないし、CSSも関係なしです。

そもそも高品質という言葉から説明しないといけませんが、この高品質という言葉そのものがみなさんを惑わしているとおもいますから、高品質とはなにかについて説明します。

高品質コンテンツとは誰がみても理解できるような文章と画像などをまぜたページの事をいいます。

高品質コンテンツのサンプル画像

上記の画像はSM-Iのトップページの画像です、あたりまえですが超高品質コンテンツでつくられています。

一般的には2~3カラムでトップページは作成しますが、筆者は超めんどくさがりなのです、だからカラムはつかってません。

それにこの方式のほうがスマホで見るユーザーにとって使いやすいし、UX(ユーザーエクスペリエンス)もズバぬけてよいからです。

SMのページ作成で高評価を得るためにはどうすればいい?

SMサイトの中にあるページ全てにおいて高評価を得る事はまず不可能です、だからどこかのページに絞ってそのページを高品質コンテンツにして、つねにキープするのがよいといえます。

では、普通のページと高品質のページをそれぞれサンプルとして教えますから、このページも含めてよくみてください。

SM-Iの中ではSM女王様の説明ページが高品質コンテンツです、んで、SM記事が低品質コンテンツとなります。

この2つのページの違いがわかれば、このページがどれほどのクオリティで作られているかわかるとおもいます。

もちろん、SM-IのトップとSM記事ページを比較してもいいです、それもさほどかわらないので。

まぁ、私的にはこのページは超高品質コンテンツの部類にはいるんじゃないかなぁ....とおもいますが、どうなんでしょ。

たとえば、高品質コンテンツだからといっても掲載順位がすごくあがるわけでもありませんし、数がそろえば全体的にのしあがる程度のものですかねぇ....あ!このクオリティくらいのページを最低でも300ページ以上つくったら、たぶん「SM」ってキーワードでWIKIをぬいて1位になるとおもいます(笑)

筆者はそんなにこだわってないので、そこまでめんどくさいことはしません。

文字数や画像、リンクはどの程度必要か?

文字数が多ければテーマがばらけます、画像が多いとサーバからの読み込みスピードに影響がでます、リンクが多いとスパムページだと認定されてしまいます。。。。おいおい!んじゃどうすんねん!(笑)

文字数は1000~2000文字前後かな、あいまいで申し訳ないですけどそんなもんです。

筆者はだいたい1500文字超えくらいをめどにしてますけど、毎日なにかしら書いているので気づけば長くなってたりします。

最近では2000~3000文字くらいで書いているとおもいますけど、これってあんまよくないんすよね。

やっぱりテーマのばらけができてしまうので、たとえば普通のページがレベル5だとして高品質がレベル10だとしたら、最近筆者が執筆しているページはほぼ5~6レベルでかいてます、ちなみにこのページは8~9です。

あ?え?いえいえ、実はなにか考えているのでは?とかおもわないでください(笑)

なーんにも考えてません、かきたい事と研究結果の公表などを書いて楽しんでいるだけですから、意味はありません。

少なくとも、外部へのリンクは多くても3つくらいがいいとおもいます、多いとスパム扱いされてしまうから。

内部に対してのリンクはいくつ付けても問題ないとおもいますけど、まぁ上限で30リンクかなぁ・・・

高品質コンテンツの作成方法のまとめ

HTMLタグでh1~h6をバランスよくつかうのもいいですけど、筆者はhタグそのものをほとんど使いません。

え?理由?めんどくさいから(笑)

以前はGoogleの公式でh1が重要とされ、数字が大きくなるにつれて重要度が低いと判断されてましたが、いまはもうど~でもいいよ~ってのがGoogleの公式発表です、だから本当にHTMLタグにこだわる必要はないんですよ。

今もっとも重要とされているのはGoogleのレンダリングと読み込みスピードとガイドラインに沿っていることです。

たとえばこのページだと、つか、SM-I全体でhタグは使わずにspanでおぎなってます、簡単だから。

問題がレンダリングです、これを適当にすれば掲載順位はとんでもなく変動しますから要注意っすね。

レンダリングって見た目ってことです、あ~!かんちがいしないでください!!

デザインがよければじゃなくて、見た目がごちゃごちゃしてないかとかです。

普通にパッとみて「う~ん....普通っすね」の程度なら問題なしです、ごちゃごちゃとリンクや広告があるのはNG。

サーバスピードはMFI(モバイルファーストインデックス)に影響でることはまちがいないので、あまり遅いサーバをつかうのはおすすめできません。

あとは、ファイルの圧縮は重要っすね、htaccessで設定しちゃいましょう。

ガイドラインは説明しなくてもいいとおもいましたが、いちおう説明します。

あ、ちがうちがう!あのね、ガイドラインに違反するかも?とおもったらnoindexにしときゃいいのよ。

たとえば、自分が作ったページで「うーむ...このページはSMだらけだがガイドラインに違反しているのではなかろうか?」とおもったら、そのページにnoindex設定しておけば安心、さらにいえばnofollowにしておけばもっと安心。

だから、ガイドラインに沿って作成よりも、わからなければnoindexにしちゃえばいいってこと。

以上です、これは筆者としてはかなり高品質に作成しましたから、わからない人はさっき紹介したページやこのページを何度もみてください、早ければ1~2時間で高品質コンテンツの作り方がマスターできます。

長いと4ヶ月くらいかかっちゃうかもしれませんけど、がんばりましょう。

何度もいいますけど、HTMLソースをみても意味ないです、タグじゃないんで。

それとこれは人から教わるよりも自分で発見したほうが、アレンジしやすいし、気づいた時の感動がありますからね。

高品質コンテンツの作り方がマスターできた!って人はメールくれれば「おめでとう!」ってお返事します^^
[SMサイトの運営に欠かせないSEO対策]

↑ページの先頭へ