SMの専門サイト
言語切り替え

SM婚を目的とした相手さがしならほぼ100%の割合で成立する

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

SM婚を目的とした利用者がただ単におつきあいをする相手さがしでサイトを使った結果、結婚目的でなくてもSMパートナーができてしまうという実体が明らかになりました、これはSM男女にとってはうれしいお話かも?

カップル成立率100%、恐るべしSM婚

カップル成立率はほぼ100%、SM婚は最強のSM出会いとして活用できるのです、ちょっとビックリ!

よくあるのがSM系の出会い掲示板やら出会い系サイトですが、相手ができる確率がかなり低いのはみなさんもご存じのはず。

ましてや無料のところは無法地帯、メールしたら相手が業者だったなんてのはザラにあるのです、使うなら有料で安い所。

つまり、相手を探すなら目的の視点を変える必要があるということです、それがSM婚を目的とした出会い方法です。

実際にはSM婚を目的としたところで結婚までたどりつく確率は低いのが現状です。

結婚が決まるまでは恋人同士、SMのジャンルにいいかえればSMパートナー同士というわけ。

さらに目的が結婚であれば、まじめな相手だけにターゲットを絞る事ができるのです、まさに最強アイテムかもしれない。

ではSM婚の活用方法をくわしく調べてみましょう、きっと読者の人生が180度ひっくりかえることになるでしょう。

SM婚を目的とすればSMパートナーは作り放題!?

まず先にいっておかなければならないのは独身か既婚かについてです、SM婚は未婚であることが前提にありますが、今現在離婚予定があるもしくは家庭内別居状態にあることが条件のカギとなります。

特に既婚者の場合は「今、旦那がいて・・・」とか「今、妻が・・・」などの発言は完全NGワードとなります。

ともかく出会う相手にほかの異性の話はしないこと、それも現在進行形はぜったいに発言NG。

SM婚を目的としている相手は少なくとも自分と同じ性別の人間の話が出た瞬間、いっきに冷めてしまいます。

すでに彼氏彼女がいる場合もNG、会って話をしているときに連絡がきてごまかしても疑われるだけです。

一番かたいのは未婚もしくは離婚歴ありで彼氏/彼女がいないスタンスの人、異性の存在がまったくみえない人。

これらの条件をもとにSM婚を目的として出会いを求めるなら相手ができる確率はほぼ100%ということ。

仮に既婚者または彼氏彼女がいても完全にその存在を隠し通せるならば、それもまたほぼ100%パートナー獲得が可能。

早い話が相手と同じ性別の人間の存在がまったくみえなければ第一段階はクリアされるということです。

この段階がクリアできていればSMパートナーは作り放題です、ただし話し下手(はなしべた)はNGになるとおもわれる。

SM婚はまじめなだけにプロフィールもできるだけ細かくしよう

ぜったいに手抜きをしてはいけないのがプロフィールの設定です、相手がどんな人間なのか?なにを求めているのかは重要。

逆に自分が相手のプロフィールをみて「お相手募集中」とひとこと書いてあったとしたら、その人と会ってみたいと考えるか?といえば、優先順位がさがることは明らかです、つまりプロフィールを細かく設定する事が信頼を得ることになります。

プロフィールに書くのはSM以外の人間性の部分をアピールすると効果があります。

なぜSM以外の部分なのか?といえば、SM婚はSMの何が好きかよりも人間性が重要視されるからです。

SMの話は仲良くなってからでも遅くはないので、プロフィールにはできる限り自分の人間性をアピールするようにしましょう。

男性のアダルティっくなプロフィールはNGです、これはぜったいに書いてはいけない。

とくにSMの専門用語やプレイ内容などを詳しく書けば書くほど”女性が遠ざかる”現象が発生します。

逆に女性はある程度アダルティっくなプロフィールを入れても問題はありませんが、少な目に出すのがベストでしょう。

SM婚は女性に人気の出会いアイテムです、これは何を意味するのか?と言えば、未来を示すということになります。

つまり、男性が自分の過去をあーたらーこーたらすすんで女性に言ってはいけません、聞かれたら聞かれた所だけ答えればいいだけで、よけいなことはできる限り話さないことも信頼を得る方法の1つです。

嗜好は完全にわけるべきものである

自分はSとM両方もっているとアピールすれば、それはいいかえれば「どっちなのかわからない」といっているようなもの。

SM婚で必要なのは性別=男か女かとSM=SかMかです、Sは30%でMは70%というアピールは相手を困惑させるだけです。

SMの本質は希望とは異なります、だからできるだけ嗜好は正直に書くべきところです。

とくにめちゃくちゃ多いのが”MなのにSと言ってしまう男性”です、これ本当に意味ないんで正直になりましょう。

あとで「本当は私はMなんだ・・・」とカミングアウトされた瞬間に女性はあなたに対して失望します。

まれに「それでもいいよ・・・」という女性もいますが、それはそれ以上に人間性が良い評価を得ているからです。

人間性は自分の評価ではなく、自分以外の人間からの評価ですからある意味大バクチです。

他人が自分をどうおもっているか?なんて、わかるわけありませんから人間性の評価は相手に任せましょう。

見栄をはってもいつかはバレます、だったら最初から素直に嗜好を表に出すべきです。

ウソはNG、本当のことだけを相手に伝えよう

どんなにカムフラージュしてもバレるときはバレます、ウソは完全なものではありません。

SM婚を目的としている人間は少なからず相手を疑ってかかっている部分は男女ともにあります。

プロフィールにしても顔を合わせた時でもつじつまが合わない事を言えば信頼を得る事ができません。

よくあるパターンが”自分が何を言ったのか覚えていない”というパターンです、これはウソを言ったから覚えてない。

たとえば女性から男性への質問で「過去に何人の女性とおつきあいしましたか?」に対して「1人です」と答えたとします、顔を合わせたときに女性から同じ質問を受けたときに「何人だっけな?3人だったかな?」などを言えばアウトです。

女性は同性の過去の話に対しては非常に敏感ですから、ウソは必ずバレてしまいます。

もう1つ例を出してみましょう、M男性がS女性と知り合いました、S女性がM男性に質問で「過去に何人のS女性とつきあったか?」と聞くと、M男性は「まだSM未経験なんでS女性とはつきあったことはありません」と答えたとします。

おつきあいをはじめてS女性がM男性とSMの関係を結んだ直後にM男性が実は経験者であることはバレてしまいます。

そういう部分は女性はかなりスルドイのです、ですから何事も正直に伝えることです。

SM婚をフル活用してみよう

SM婚をフルに使ってジャンジャン知り合ってみましょう、最終的な目的が結婚でなくなったとしても縁はできます。

まずは縁をつくることです、出会う場所はどこでもかまいませんし、なるべくなら有料のところをおすすめします。

無料の出会いや掲示板は業者が多く、アダルティっくな要素が多いため”遊び半分の人”しか来ません。

遊び半分なSM婚は存在しません、つまりSM婚をフルに使った出会いをすることができないということです。

SM婚をつかう方法としては、適度なSM系出会いもしくはSM系結婚サイトでSM婚を希望していることを強くアピールすることです、ただSMパートナーを募集するようなやり方では相手を獲得することはできません。

自分の目的はあくまでもSM婚である、自分は遊び半分な人間ではないことを強くアピールしましょう。

何度もいいますが、SMの関係だけもしくはSMプレイなどを目的とした出会いは確率が一気に下がりますから、SM婚が目的であることを通常の出会いサイトでもアピールすれば状況がかなりかわります。

どのくらいの差があるのかといえば、現在が2であれば10以上になるくらいの差がでます、5倍以上見込めます。

SM婚は男女とも非常に魅力のある婚活であり、SM系でない人達でさえも「はやっているよね!」と口をそろえていいます。

これらはメディアがもたらした世の中への影響力が強くあり、SMが世の中に認知されたことで理解が生まれたのです。

ですからSMではない通常の出会い系でも効果を見込めると言ったのです、世の中が認知したからです。

今はSMは変態という概念ではなく、趣味の一環としてとらえられるようになりました。

ユーザーにとってはちょうどいい環境です、SM婚をフル活用してSMライフを楽しみましょう。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ