SMの専門サイト
言語切り替え

SMの出会いは願望を先に求めなければ後でかならず叶う

SM藍/全てのSM記事/SM出会いの統計データと情報

SMで求めること、それは人ですか?行為ですか?関係ですか?それともフェティシズムですか?

この1文で「あ!」と気づいたらこのコラムを読む必要はありません、すぐに行動にうつしてください。

本当に求めているものは何か?

気づかなかった人は、自分が何を求めているのかを見直す必要があります。

あなたが求めているものはなんですか?あなたが必要だと感じることはなんですか?

SMの嗜好をもつ方々がSMパートナーを求める理由を再確認してみてください。

これ読んでも理解できなければ、あなたは人としての修行をやり直す必要がある。

希望や願いは先に求めてはいけない

あなたが普段会社に行って仕事をし、毎月給料ををもらっています、これはごく当たり前のこと。

レストランにお客様がきました、食べ物を食べさせました、代金を支払っていただきました、これも当たり前。

給料を先にもらってから仕事をする、食券のお店は除いて通常の飲食店では食べた後に支払いが発生する。

ではこれを人に例えたならどうなる?

給料は希望、食事も希望もしくは目的である、では人が人に求めるのはどのような目的なのだろうか?

よく考えてみてほしい、例えばM女が「私をいじめてほしい」と願ったとする、これは何を求めている?

人が必要なのか、行為なのか、その精神状態におちいりたいのか、それとも道具なのだろうか?

先ほどの会社や飲食店の例を読めばわかると思うが、目的を達成するためにはまずその努力をするのが普通だ。

M女がイジメてほしいと願うなら、自分が求める目的をまず明らかにしなければ達成は不可能である。

ご主人様が欲しいと願うなら”目的は人”であり、行為を求めるならば”技術が目的”となる。

もしくはM男が女王様が欲しいと願った、M男がストッキングフェチである場合、彼の目的は人かストッキングか?

ストッキングならばスーパーで買えばすむが、女性が履いているストッキングなら女という人が必要になる。

人が不可欠ならば、「私はストッキングフェチだから女王様お願いします!」といくら願ってもかなわない。

必ず努力/時間/対価が必要となる訳だ、お手軽なのは女王様専門の風俗に行けばいい、その対価はお金である。

希望や願い(目的)は先に求めるものではない、何かしらの努力が備わってはじめて結果が得られるのが世の中だ。

行程を飛ばして最終目標だけをいくら願ってもかなわない、それは当然だとおもわないか?

目的を決めたら行程(努力)があり、それ次第で結果が左右される。

仕事でがんばって給料が増えるのは仕事という行程を飛ばさずに努力したから給料が増えるわけだ。

SMの出会いも同じである、SMという目的の中身はいったいなんなのか?なにが目的なのか?

その目的を達成するためには何をすればよいのか?を考えて実行しなければ目標にたどり着くことはできない。

願望ばかりいくら増やしても、あなたは何も手に入れる事はできない、世の中の流れをまずは知ることだ。

人と人の縁は世の中の流れに沿ってみる

SMで人を求めるならば、行為や道具ではなく人との縁をつくらなければならない。

縁を面倒だとおもうならば、あなたはSM行為を自分が自分にすればいい、他人を巻き込む必要はない。

非常によくみられるのが男性の行動が適当であることだ、これは本当に多い。

例えばS男が「M女募集」と掲示板もしくはSM出会い系サイトで書いたとする、で?終わりなのだよ(笑)

文章の短い長いは人それぞれだが、募集をして終わりなのだよ、それでM女が自分に来ると本当に思っているのか?

しかもだ、それで「なぜ俺にはM女が来ないんだろう?」と考え込むS男が多いが明らかにおかしいだろ?

来るわけないじゃないか、どう転んでもそれでM女が獲得できる訳がない、あるとすれば単なる偶然だ。

この偶然を人は”運”という、運よくM女からメールが来た、それは数万分の一程度の確率でしかない。

そんな夢みたいなこと考えてないで、世の中の流れに沿って行動をするべきだとおもわないか?

縁を作るには行動が伴う、行動をするには費用だってかかる、それが世の中の流れである。

名前は出さないが、チャットで私がもっとも一番嫌いなS男がいる、彼は「出会いを金で買うのは間違っている」と言っていたのだが、ちゃんちゃらおかしくて笑いこけてしまった。

なぜ私が笑ったのか?わからない人はわからないまま生涯を過ごすとよい、修復の余地なしだ。

まぁ、普通はわかるだろう、「出会いにお金を使わないのは100%無理」なのだよ、現にチャットを使っている時点で電気代、ネット代などの対価を支払っているわけだ。

物は言いようだな、彼は電気代、電話代やネット代は出会いのためにお金を使っていると理解していない。

そうじゃない!出会いのサービスなどにお金を使いたくないって言ってるんだ!経費のことじゃない!

あー、はいはい、水道光熱費及び電話、ネット代は出会いにお金を使っていないといいたいわけね。

ならば、もしネット代がチャットを運営している会社へ支払うものだとしたらどうだろう?ここで気づけばいいのだが。

もしネットを使っている世の中全員がネット代を支払うのにチャットを運営している会社に支払うのが当たり前だったとしたら、ネットを使う全ての人が普通に毎月支払いをおこなうだろう?今はプロバイダが電気代も込みで支払いをする時代だ。

つまり、ネット代を支払う=チャットをするためにお金を使っている=出会いのためにお金を使っているのだよ。

それがネットをする目的の0.1%だとしても結果は同じだ、出会いのためにお金を使っているのは事実だ。

本当に彼のいう「出会いにお金を使いたくない」ならば、ネットをしない、車に乗らない、電車に乗らない、自転車を買わないなどなどで、女性と出会ってみてくれ、できるならそれが一番良いことだろうな。

もちろん、女性と一緒に食事はしない、お茶もしない、ホテルにもいかないとなるので、結果はわかりきっている。

人が人と縁を作るためには少なからず対価が必要となる、それが普通でありそれが世の中の流れだ。

対価を支払うのは好みだ、お茶にするか食事にするかを選ぶのも好み。

出会いにお金を使うか使わないかも好み。

縁を作るためには普通であること、普通とは世の中の流れに沿うことであり世の中の最も多い人間性である。

目的が人でないとしてもまずは人を知る

あなたがもし人の一部もしくは人の技術/所有するものを求めているのなら、目的は人ではない。

人の一部とは例えば~~フェチなどだ、他人のフェティシズムなんぞ他人からすれば理解不可能である。

つまり、他人は自分を理解する事は決してないが、そこに感情が発生する事で同調しようとする努力はするものだ。

あなたが女性のお尻に対して非常に強いフェティシズムを持っており、女性のお尻ばかりに執着すると全てを見失う。

女性からすれば「私のお尻じゃなくても誰のでもいいんじゃん」となるだろう、女性からすればどうでもいい人種だ。

人は人から魅力を感じて初めて同調しようという意識が働く、お尻だけ差し出すバカ女はいない。

したがって、目的がどのような事情であってもまずは相手を知る、自分を知る必要がある。

自分を知らない人間が相手から理解されるわけがないだろう?まずは自分を知ること、次に相手を知ること。

そこではじめて人と人の縁ができる、まずはそこから始めなければなにもはじまらない。

自分の願望を求めるならば、その願望は後で起こるイベントだと思え。

相手は人間だ、人間の一部のパーツにあなたは声をかけているわけではない。

人と人が繋がってはじめてその先が見える、まずは人を理解することを覚えなければあなたの希望は成就されない。
[SM出会いの統計データと情報]

↑ページの先頭へ