SMの専門サイト

SM婚 2017年~2018年の統計データ

全てのSM記事/SM出会い

SM婚活HP2017年にオープンさせたSM婚活サイトでのユーザーの行動や男女比率などのデータを集計しました、行動力があるのは圧倒的に女性である事も明らかになりました。

SM婚での女性の行動力の積極性はなぜ起きるのでしょうか?
SM出会いやSMパートナー募集とSM婚ではなにがどう違うのか?こちらもまとめて検証してみたいとおもいます。

尚、SM出会い系サービスのアステリアは婚活ではないため、統計データの公開はありません。

SM婚活希望登録者男女比率
プロフィール公開比率
アプローチ比率
婚活プロフィール編集のワード人気度
カップル成立後の婚活サイト退会比率
SM婚2017~2018年の総まとめ

SM婚活希望登録者男女比率

男女登録比率グラフ男女登録比率は男性が27%、女性が73%(2018年1月末現在)となっています。
男性登録数が少ないのは単純に男性のみ有料となっている点がネックとなっていますが、これが制限にもなっていますので、マジメに相手探しをするには都合よいといえます。

今後は料金の引き上げを徐々におこないます、3年後には10倍以上にする予定です。
今年には2倍に、来年は10倍に、2年後は15倍で最後に3年後には10倍以上とします。
料金は5000円>1万>5万>7.5万>10万(すべて税別)となります。

女性の登録数が多いのは有料/無料は関係なく単純に「目的が婚活である事」でしょう。
婚活目的の男性はマジメであるという印象があります、また、女性は男性を独占したい願望が強いのもあり、通常のSM出会い系では独占できる男性が少ないのもうなづけます。

普通に考えれば自分のSMパートナーに別の異性がいて、その異性の事を気にしないといけないのは面倒です、奥さんがいれば奥さんを優先されてしまいます。
それは自分が相手にとって1番ではない事の証明にもなります、故に女性が多いのでしょう。

プロフィール公開比率

プロフィール公開比率グラフこれは強制的に表示させない限りはどうしてもプロフィールを表に公開するのを嫌がる方が圧倒的に多いということです。
男女登録数と同じ数字という結果でした、非公開が27%、公開が73%です。
男女比グラフ及びプロフィール公開率グラフは全くの偶然にもこのような結果となりました。

たとえプロフィールを適当に作ったとしても、自分が利用していることを少しでも人に知られたくないという考え方があるのでしょうか?
非公開者は自分から選ぶことしかできません、相手に選んでもらい、たくさんの人とコミュニケーションをはかって一人に絞り込む方が効率的とは思いますが、こればかりは人それぞれの考え方などがあるのでしょう、無理に公開状態に切り替える事はできません。

既に退会された女性(非公開者)にお聞きしたところ、「年齢的に近い人でないと婚活の意味がないから」という意見をいただきました。
その女性は1度プロフィールの公開をおこない、親子ほど年齢の離れた男性からのメールばかりがきたので、非公開に変えたそうです。
プロフィールの公開/非公開はメリットもあればデメリットもあるいという事ですね。

アプローチ比率

男女アプローチ比率グラフ世の中の男性諸君はどうなっているのでしょうか?これが今の世の中なのでしょうか?
新規でメールする場合、女性から男性への新規送信が圧倒的に多いのです。
グラフにあるように男性からの新規メール送信はわずか8%、残り92%は女性から男性へのアプローチとなっています。

今の男性が消極的なのか?もしくは今の女性が積極的なのか?のどちらかになります。
婚活を選ぶ時点で、女性の方に焦りがあると考えてみればこれが自然とも言えますが、それにしてもあまりにも差がありすぎます。

他の婚活サイトにしても同様の現象が起こっています、仮に顔を合わせての面談だとしても話題をふるのはほとんど女性からであり、男性が無口という印象が強くあります。

さすがにSM婚サイトではありませんが、大手の婚活サイトでは面談をオフィス内でおこない、婚活希望の男女を応接室で1時間二人きりにさせ、話をさせるのですが、男性がほとんど無口である事、男性は母親と一緒に来社している確率が高い事などがみられます。

男性が単に人見知りや無口なのか?それとも消極的な性格の人が婚活サイトに集まるのか?は不明ですが、いずれにしても積極的なのは女性であることは間違いありません。

婚活プロフィール編集のワード人気度

プロフィールワードグラフこちらのグラフはSM婚プロフィールに記載されているワード別で集計をとったものです。
深い関係:42%/緊縛:22%/繋がり:19%/婚活:11%/刺激:6%となります。
それぞれのワードがプロフィールコメントにかかれていると、メールが来る比率が高いという意味で、SM婚らしいワードが並んでいます。

しかし、このワードグラフを見る限りでは婚活というワードはさほど重要ではないようにも思えます、もっともSM出会いからスタートして付き合ってみないとわからないものです。
結婚まで行きつけるのが必ずしも婚活している男女とは限りません。

そういう意味では男女がまず顔を合わせたらSM婚の話よりもむしろお互いの嗜好やSMにかんする色々なお話しをする事の方が多いのかもしれません。
例えば、M女性にしてみれば緊縛というワードに反応する場合もあれば、「おしおき」という言葉に反応するM女性もいるわけですから、まずはSMの話となるのでしょう。

カップル成立後の婚活サイト退会比率

カップル退会率グラフこちらのグラフはメールのやり取りがおこなわれると、途中からサーバ側にメール送信/受信信号が途絶えたパターンです、つまり直アド交換もしくはラインIDなどの交換をおこなったためにサーバ側へ信号が届かなくなるということです。

エルリリスは会員同士のメールの内容はサーバ内部に残りませんので、管理側もどんなメールをしているのか?の内容までは把握できておりません。
ただ、繰り返しメールが送受信を繰り返してピタリと止まった時に2人で退会する率が高いため、信号が止まる=カップル成立だと判断をしています。

もちろん、ご報告も多数ございますが、報告してくるカップルさんはほんの一部だけです。
ほとんどの方はお互いの世界に入ってしまえば、SM婚活サイトの存在などどうでもよくなるものですので、お二人の世界だけが残っているのでしょう。

しかし、グラフにある通り、信号が止まっても62%の方は退会をしていません。
38%の方は寿退会されていらっしゃいますので、男女とも管理側での退会処理としています。
62%の退会をしない人達はカップル成立に失敗したのか?もしくはもっと別の人を探そうと考えているのか定かではありません。

かといって、別の人とのメールのやりとりが起こればメールサーバには信号が届きますが、実は再びサーバに信号が来ることもないのです。
そこで考えられるのは、今直にやり取りをしている人と会ってみて話してみてダメな場合もありますから、その時のための保険として退会をしていないのでは?と思われます。

SM婚2017~2018年の総まとめ

実はSM結婚サイトをはじめて運営しはじめたのは2012年なのです、しかし1年運営しても会員登録数が数人だったという理由からサイトを閉鎖しました、この時は完全無料でした。
この度、システムをバージョンアップして2017年にエルリリスとしてSM婚専用サイトとしたときは非常に速いスピードで登録がされていきました。

今、SMが流行っているからかもしれませんが、2012年オープン時には「SMに特化した婚活は需要がないのでは?」と思い込んでしまった事もありました。
カップルになって寿退会された方達からは様々な感謝のお言葉をいただいております。

しかし・・・この感謝のお言葉も実は女性からの方が多いのです。
SM男性のパワー不足なのか?あるいは消極的なのかはわかりませんが、男ならドーンと女性に堂々とアプローチをかけてほしいものです。
新郎新婦となったときにお嫁さん側に挨拶させるわけにもいかないでしょう?^^;

また1年経った頃に統計データを2年分としてグラフ化してみます。
男性はもっと積極的に行動をするようにしましょう。
[SM出会い]

↑ページの先頭へ