SMの専門サイト

SM掲示板をつかいこなすテクニック

全てのSM記事/SM掲示板

SM掲示板を利用している主な趣旨は情報の収集か出会いとなっている。
多くの掲示板はSM出会い掲示板またはSM画像掲示板のような表現で、画像掲示板においては見せびらかすのが目的となる。

掲示板の使い方にもよるがそのほとんどは交流目的が前提だ。
しかし、2008年12月1日よりインターネット異性紹介業法が出て以来、既存で異性との出会い目的で利用した場合、違法利用とされ、それなりの処罰が下る。

SM-Iも対象業者とされ、既存ではアステリアと名称変更をしたが、それでも掲示板での異性交流に関してはかなり厳しい審査基準で書込みを制限している。
「せっかく頑張って文章考えて書込みしたのに・・・なんで消えてるの?」
という疑問は管理側がすぐに削除するからである、ほぼ瞬間的に削除対象とする。

他のSM掲示板運営業者に関しては、ほぼ無法地帯状態となっており、あまり目立った行動をするといずれは違法運営とされ、摘発につながってしまうだろう。
しかし、物は考えようである、異性との出会いを目的としなければ良いだけだ。
そこで、ちょっとアドリブを加えたSM掲示板の使い方やテクニックをご紹介しよう。

SM掲示板を出会いに使うアドリブ方法

出会いとして認識されるワード(言葉)は募集/探す/求める/応募/その他対人ワードである。
対人としないワードは独り言やアドバイス、物販や情報収集である。
これらは他のマジメな業者はかなり気を使って掲示板の管理をしている。

では、ここに1つ例を出してみよう。
例えばS男性が「使わなくなった縄があるので、欲しい方に譲ります」と掲示板へ書込みをしたら、それをみたユーザーはどう反応するだろうか?
そのままの文章で読み取れば「物を人に譲る」という判断となるが、根本的な目的がM女性を募集していることであったならどうだろう?

つまり、人に物を譲(ゆず)る表現とすれば男女関係なく堂々と募集ができるわけだ。
その中でマジメに「縄が欲しい!」と思った男性からのメールには「もう譲る相手が決まりました」と言えば、そこで終わるがM女性からメールが来た場合、異性との縁が出来上がってしまい、雑談から始めれば相応の結果も期待できる。

ここで問題となるのは、縄を譲る相手を限定しない事だ。
「M女性に譲ります」とかけば管理側は異性との交際目的としていると判断するが、男女関係なく縄を譲る相手を求めている場合に限ってはなんら干渉はしない。

物を人に譲るのはお互いに住所を教え合う必要がある為、現実的ではないので、SM風に言えば「痕を残さない縛り方を教えます」と書けばこれもまた異性のみを対象としていない。
このようにちょっとしたアドリブを加えることで、異性との出会い目的であっても運営者が別の判断をするような文章を書き込めば掲示板から削除されることはないという事だ。

違法とされるSM掲示板の使い方

明らかに違法とされるSM掲示板の使い方は異性との出会い目的である。
「都内でS女性の募集」「大阪でM女性を探しています」などはタイトルを見た時点で審査対象とする、ただし、文中に連絡先(メアドやラインのIDなど)が記載されていない場合、管理側は「こういう妄想なんだな」と判断し、そのまま放置する。

連絡先さえ書かなければ、どんなに異性を募集しても構わない。
実際に男女が縁を作る事ができないため、掲示板を運営する側にとっては「記事が増えた」の程度で処理する。

では、連絡先を書かずに掲示板を使って出会う方法があるのか?と言えばあると言える。
さりげなく、2ショットチャット伝言掲示板オープンチャット伝言板があるだろう?
これらを利用して、日時とハンドルネームを記載すれば待ち合わせは可能である。

アステリアのプロフィール機能を使うならば、普通に募集文章を書いてアステリアでの登録名を記載しておけば、これもまた完全な合法となるので問題視しない。
違法と判断するのはその場ですぐに連絡が取りあえる事が基準である。
その場ですぐに連絡を取り合わずに別のアイテムを使って出会う分にはなんら問題はない。

SM掲示板で笑えるネカマの奇妙な行動

SM掲示板でかなりアクセス数があるのが女性同士用交流&女性同士用プレイパートナー募集掲示板である、これは同性同士(レズビアン/ビアン掲示板)となるので問題はない。
が、世の中にはどうにか遊び相手の女をゲットしたいと必死に考えた行動をする者がいる。
それが紹介者のフリをするネカマである。

一生懸命考えた結果、こういう方法しか思いつかなかったのだろうが、正直言って筆者はこのネカマの奇妙な行動が笑えてならない。

手順はこうだ、まず女のフリをして掲示板に女性の募集を出す、ある程度仲良くなったら「私の友人と会ってもらえませんか?」と異性の紹介をはじめる。

この異性に対する評価が素晴らしいくらいに大絶賛した文章なのだよ(笑)
例としてはこんな感じだ、「私の友人の男性ですけど、この人がすごいんですよ!こんなこともできてあんなこともできて、もう最高なんです!絶対会った方がいいと思います!」なんて書いているわけだ、これに相手の女性が「え?そうなの!?じゃぁ、会ってみようかな?」と食いついてくるのではないか?と思っているのだろう?あるはずがない。

こんな低レベルな誘導で騙される女性は滅多にいない、それこそ「まぁ、騙されてやろうじゃないの」の程度で完全に見下されている場合は遊びであるかもしれないが。
ある程度女性達も知識を得たのであろう、最近の書き込みでは「音声通話で性別の確認をします」を徹底している、確かにこれならば性別の判定は簡単である。

さらに笑える事件が発生!
この「音声通話で性別の確認をする」と書いてある女性に対して男性が裏声で「はじめまして、わたくし〇〇です♪」と音声通話をしたらしい(笑)
結果は見えている、即座に音声通話を切ったそうだ。

そこまでして異性と出会いたいのだろうか?上記の報告はビアン掲示板では割と常連の女性であり、嗜好としてはM女性としている。
つ・ま・り・・・裏声を出して、「わたくし・・・」と言った男性はS男性という事だ、裏声で女のフリをするS男性?それで、SとMの関係を作ろうとしてもM女性がご主人様扱いするはずがない、もうちょっと行動を自粛するべきだ。

SM掲示板への書き込みに対する判定方法

掲示板への書き込みに対する判定基準は以下である。

1.1:1で異性を募集していないか?
2.異性を募集する際に連絡先を記載していないか?
3.文中に金銭譲渡に関与する内容が書かれていないか?
4.募集する対象に性別が記載されていないか?
5.未成年か?成人か?

主な判定は上記の5つでおこなっている、例えば「15歳で今中3です」と書き込みがあれば、その場で速攻削除している→これはかなり多い。
1.の1:1で異性を募集しているというのは言いかえれば1:1で募集しなければ判定基準に当てはまらないと判断するため放置する。

例えば、「SMサークルを作ります!参加者募集!メアドはここに」は問題ない。
もしくは「S男性です、私の奴隷になりたい男女を募集します」を男性同士の掲示板に書き込みをしても問題はないとしている。

つまり、イベント掲示板で「SMイベントをやります!」とか「SMサークルを始めます!」などは特定の異性を募集していると判断しないため、削除対象とならない。
掲示板の趣旨によって、それぞれを判定しているので、どうしても掲示板だけで異性と出会いを求めているならば、同性も同時に募集すれば良い。

なお、「PR-BBS」は独り言である事が条件だ、独り言が発言できないのであれば、あるいは独り言の意味がわからないのならば使ってはいけない。
PR-BBSで「俺は女を求めている」と書けば独り言ではないので、削除対象となる。

SM掲示板はあくまでも法律の判定基準で書込み内容をリアルタイムで審査している。
したがって、相当巧妙な手口を使わない限りは全て削除されてしまうので、利用者は掲示板の使い方をよく理解し、管理者を完全に騙せるような書き込みをしてみたらいい。
[SM掲示板]

↑ページの先頭へ