SMの専門サイト
言語切り替え

SM精神論、SM理論を学習するコースのご案内

SM藍/全てのSM記事/更新履歴/お知らせ

こちらはSM精神論、SM理論の学習コースのご案内の説明ページになります。

最近のSM事情

SMの世界では主にSMプレイと緊縛プレイに分かれており、これらに共通するのは人間が相手であるということです、人間相手なら必ず基本やルール、テクニックがあるものと考え、筆者は20年以上にわたって、SMに関する様々な研究をしてきました。

筆者がSM-Iを始めた頃には緊縛師や女王様が沢山出現しましたが、その多くは手探りでやってきた為、続けられるものではなかったと解釈しています。

その結果として、SMから離れた者、SMから遠ざかった人が次々と続出し、過疎化が進んでしまったため、SMユーザーの数は2000年代前半に比べて大幅に減りました。

しかし、近年特にこの2017年~2018年にかけて、SMがメディア化された為に若い層のSMユーザーが増えつつあり、特にSM婚を希望する女性が増えてきました。

SMバーの利用客は7割近くが女性であり、性行為というよりも遊ぶジャンルの1つとして若いSMユーザー層に広がってきています。

SM精神論とは?

SM精神論はある1つの行為を行った結果、相手がどのような反応や行動を示すか?を研究する技術です、これは100人いれば100通りのパターンがあります。

しかし、それは性格面や育った環境である程度はパターン化されたものであると認識できました、そのパターンを解析した結果、SMに興味をもつM性の男女もしくは女性に限ってですが、ある特定のパターンを先に読むことで、信頼感を得る事ができる事がわかったのです。

例えば、あくまでも一般的ですが、日本人であれば公共機関を信用する、先生と呼ばれる人を信用する、警察を信用するなどがあり、これらはすべて権威力がある為に信頼性が発生する訳です。

これをSMに切り替えてみると、有名な縄師や有名な女王様は信頼度が高いとされていますが、芸能人も同じような現象が起きています。

では、無名な人はどうなるのでしょうか?無名でも権威力を持てるのか?が課題となりますが、実は無名であっても、素人であっても言葉や行動のよしあしで信用される事も事実なのです。

つまり、人は相手との上下関係を考え、下に見てしまう場合は信用しませんが、上にみてしまう場合は信用してしまうものなのです。

この精神的な状態をSMにつなげてみると、非常に簡単な方法で人から上にみられる事がわかりました、もちろん数百人という実験対象を元に得られた結果ですからほぼ間違いありません。

この精神状態を無理矢理切り替させる技術がSM精神論になります。

「論」とつけていますが、特に恰好のいい名称を付ける必要がないので、SM精神論としてます。

SM理論とは?

こうするとああいう結果になるというのがSM理論です、つまり何かをおこなった事で何かの現象が発生する事をSM理論といいます。

例えば、蚊に刺されてかゆいから掻きますが、掻いている時に子供が「お腹すいた!」と言ってくれば、その瞬間にかゆいことを忘れ、食事の用意をはじめます。

かゆいところを掻いているのは無意識状態で掻いているのです、このような経験ありませんか?誰でもあると思います、当たり前の事をしているとその他の部分は無意識に動いてしまっているという人間の自然な現象です。

これをSMに例えると、例えば鞭で滅多打ちにされたとしても、快楽を与えると不思議なくらい痛みの事を忘れて快楽に浸ります。

痛みが消えている訳ではありません、ただ、快楽が勝ると痛みへの意識が薄れて認識しなくなるのです、これらの感覚の入れ替えを行う事をSM理論と称しています。

自分の意識で切り替える事、自分の無意識で切り替わってしまうこと、強制的に切り替える事がSM理論では可能なのです、この強制的に感覚を入れ替える事を何度も行う事をSMでは「調教」と言われていますが、実際にSM調教している人はほとんどいません。

なぜならSM理論を知らない人が手探りで行っている為です、感覚の入れかえには理論(基本)があるのです、それを学ぶ為のSM理論になります。

SMユーザーのプロデュース

SMユーザー(S男、S女、M男)により良いSMライフを楽しんでいただくために、それぞれの学習コースをご用意しました。

それぞれのコースは応募者によって全く違うプロデュースとなりますので、応募者が100人いれば100通りの学習方法となります。

その為、応募者が技術を習得したところで、その技術を他の人に伝えても教えられた人は技術を習得することができません、それほど応募者の適正に合わせた方式を採用します。

例えば言葉がうまい人もいれば、腕力のある人もいます、性器に自信がある人もいます、これらを総体的に教えても身につきません。

従って、固有の学習コースをご用意し、習得して頂く形としています。

期間は3ヶ月~半年くらいだとお考えください。

人の上下関係

男女共経験あると思いますが、上に見てしまうと絶対にその相手を手に入れる事が出来ないことを経験したことは何度もあると思います、恋愛も同じです。

例えば男性がキャバクラに行って、「あぁ、この子いいなぁ~」と上に見てしまえばその子を落とせることはまずなく、お客様で終わってしまいます。

しかし、同じ状況下で「この子はどうでもいいや」と思っている子はすんなりと落とせます。

これらは企業同士の営業活動に於いても同じで、下に見られたら負けです。

先方が納得し、裏付けがあり、説得力のあるプレゼンを行えば仕事はすんなり取れます。

これが人と人の上下関係です、これをSMに置き換えてみるとどうでしょうか?

例えばM女性がS男性に対して「なに?こいつ!」と思えば、その時点でS男性はM女性よりも下に下がってしまいます、M女性にとってはS男性が下の上下関係となります。

反対にM女性がS男性に対して「すごいなぁ~」などの尊敬の意を持てばS男性は上にM女性は自らが下に潜り込もうとします、これはドSだから?緊縛ができるから?などではなく、もっと人間としての根本的な部分の問題なのです。

人の上下関係は人間と人間の質の勝負です、人間の質とは例えインチキでもいいので、相手に自分が下だと思わせる事が重要であり、自分が下になれば何も得る事ができないのが世の中です。当講座では、必ず人から上に見られるように癖を直す事も同時に行います

まとめるとこうなります

こちらはどのコースを選んでも人より上に立つ存在になりなさいというものです。

SEOに関しても同様です、人よりも上に立つための技術学習です。

何事も基本あってのSMです、基本を手探りで何度探し当ててみても、その理由を知らなければ全ては偶然でしたという結果にしかなりません。

S男性にM女が寄るのは理由があります、女王様にM男が尽くすのも理由があります。

しかし、これらが偶然出来たとしても、中身がわからないままもしくは自分がこうではないか?と予測した自論でやっていても行き当たりばったりなのはわかると思います。

物事にはなんでも理由があり、その理由を行動に移し、結果がある訳です。

あなたが会社でどんな立場が存じませんが、SMの世界では誰もが最初は初心者です。

初心者でも上級者でも知識があるとないでは大きな差ができます、上級者は所詮自称上級者であり、SM歴何十年と適当に書いているだけです、中身はありません

しかし、初心者でも知識と技術があれば自称上級者が全く追いつけない程のステータスを手に入れる事ができます、これが知っている知らないの違いです。

まずは基本をマスターし、誰よりも特をするSMをしましょう。

各コースへの応募は各種応募をご覧ください。


[更新履歴/お知らせ]

↑ページの先頭へ