SMの専門サイト
言語切り替え

誰でもわかるSMバーの遊び方と使い方及びQ&A

SM藍/全てのSM記事/SMバーはとても優しい空間

SMバーの主な使い方や遊び方、ちょっとした利用方法をご紹介します。

SMバーQ&A

SMバーの使い方と疑問に思う点、わからない内容などを項目を分けて説明しました、基本的にQ&A形式にしてありますので読みやすいと思います。

当ページに掲載している写真は新宿にあるSMバーアルカディア東京の責任者、堂山鉄心さんが店内写真のご協力をしてくださいました。

当Q&Aはあくまでもアルカディア東京をベースに作成しています、他の店舗での営業形式については異なる場合があります、予めご了承ください。

  • SMバーをおしゃれに使ってみる
  • SMバーでの遊び方は?
  • 店内スタッフはいつもお客様をみているの?
  • 飲み物は基本フリードリンク?
  • SMバーでのイベントは?
  • 店内はSMの雰囲気でいっぱいなの?
  • SMバーで異性との出会いは?
  • SMバーに初心者が1人でいくとどうなるの?
  • 怖いイメージがあるんだけど、どうすればいい?
  • SMバーに持っていくものは何かあるの?
  • どんな格好で行けばいいの?
  • SMバーQ&Aまとめ
  • SMバーをおしゃれに使ってみる

    意外と知られてないSMバーのおしゃれな使い方はデートスポットとしての利用です。

    SMバーのおしゃれな内装
    「SMバーのオシャレ感ある内装」

    最近ではSMバーの記事を読んで、初めて顔を合わせる場所として利用する事もしばしば見られ、カップル誕生の場としても人気があります。

    また、SMファッションを追求する方が、女性スタッフのファッションを勉強したり、様々なアドバイスを受けている光景も目にします。

    SMバーの空間そのものが、雰囲気をうまく演出してくれますので、男性は格好良く、女性は妖艶な雰囲気を出せるのも1つの特徴と言えます。

    女の子が普段外で着れないようなボンデージ衣装に着替えて、会話や遊びを楽しんでいる光景も目にしますので、女の子は自分がSMバーの中でだけは特別な存在に感じるのでしょう。

    SMバーでの遊び方は?

    SMバー設置の遊び道具
    「遊び道具がズラリと並ぶ」

    基本的には会話が中心となりますが、店内にあるSM道具を使って遊んでいる光景も目にします、例えば鞭の使い方ですが、普通に鞭を使って打つのではなく、じゃんけんをして負けた方が打たれるなどの遊びをしているのです。

    SMのイメージはパートナー同士の緊張感のある場では真剣な雰囲気があるかもしれませんが、SMバー内ではどちらかというと、大人が子供になって遊ぶ感覚になっています。

    つまり、大人がはしゃげる場所なのです。

    普段の自分ではない自分をさらけ出したり、普段誰にも言えない事をカミングアウトする場所としては最適な場所と言えるでしょう。

    誰に話しかけても、恐らくほとんどの人が真剣にあなたの話を聞いてくれます。

    店内スタッフはいつもお客様をみているの?

    SMバーのスタッフは常にお客様の監視をしています、これは危険行為を未然に防ぐ事とせっかくお店に遊びに来たのだから楽しんでもらおうというスタッフの心構えです。

    スタッフの監視?
    「鉄心さん!本当にお客様の監視してんのか!?」

    SMを全く知らない人が1人でポツンと来たら、普通のショットバーならお酒を飲んでスタッフとちょこっとお話ししての程度ですが、SMバーではお客様同士のセッションをします。

    会話に入れない人、話下手な人でもスタッフが人と人を繋げて会話しやすい環境を常に整えてくれますので、本当に初めての人でも安心して遊びにいけます。

    また、男性が女性にしつこく口説く行為なども常に監視しておりますので、女性お1人で来ている方も多くいらっしゃいます、安心できるんですね。

    SM道具、例えば縄などを使って、危ない行為をしていればスタッフが止めます。

    そういう時は基本的な事も教えてくれるので、スタッフさんの存在がとても便利です。

    飲み物は基本フリードリンク?

    ビールは1杯だけは無料、その後は有料ですが、それ以外は基本フリードリンクが定番だそうです、ボトルキープなどは除きます。

    ドリンクの作成
    「ドリンクを作っている鉄心さん」

    お酒のある場所なので、飲み放題だとしてもある程度までとして、泥酔はしないように注意しましょう、下手すれば追い出されてしまう事もあります(笑)

    泥酔はどこのSMバーでも嫌われます、何故なら他のお客様へのご迷惑になる可能性がある為です、何事もやりすぎには注意が必要ですね。

    SMバーでのイベントは?

    SMバーでは様々なイベントがあります、日によって異なりますが、フェティッシュイベントはかなり人気があります。

    店内でイベントに使われるスペース
    「写真は店内の吊りができるイベントスペース」

    フェティッシュイベントとは平たく言えば、コスプレイベントのようなもので、公の場では決してすることがないような衣装を着たり、キャラを作ってみたりするイベントの事です。

    例えば、全身タイツを着て公の場を歩く事はまずしませんし、ボンデージファッションも通常、外を歩く洋服ではありませんが、イベント内ではこれが普通になります。

    また、緊縛のイベント、SMショーなどもありますので、見応えのあるショーを見せてくれるイベントもありますから、お店のイベント情報を予め確認して行くと良いでしょう。

    店内はSMの雰囲気でいっぱいなの?

    SMっぽい雰囲気もあり、おしゃれ感もある内装ですから人によって感じ方は違います。

    SMの雰囲気がある店内
    「写真はSMの雰囲気を漂わせる店内」

    SMの雰囲気はその場に来ているお客様が決めるもので、お店の内装がどんな雰囲気であってもお客様がアニメの話をしていれば、特撮の撮影現場のようにも感じます。

    人それぞれ感じ方が違うのは、来店されているお客様が全員自分のSM観を持っているからであり、他のお客様とSM観を共有する事によって全く違うSMの雰囲気が味わえます。

    ベテランの人が来てSMバーの内装をみれば「これは使えるな!」と思うでしょうし、SM初心者が店内の雰囲気をみれば「へぇ~なんか別世界みたい」と感じることもあるでしょう。

    そういう意味では、お店の雰囲気は人によって感じ方が異なるというのが答えとなります。

    SMバーで異性との出会いは?

    単独男性、単独女性の来店が多いSMバーでの出会いの比率はかなり高確率です。

    SMバーのカウンター
    「写真はSMバーのカウンター」

    しかし、女王様がホステスの立場となっているミストレスバーでは、女性=店員となる為、お客様は男性がほとんどで素人の女性と知り合う確率はほぼありません。

    これがSMバーとミストレスバーの出会い比率の主な差です。

    確率的に言ってもS女性:M女性の比率は1:9ほどでSM系のバーに出入りする女性のほとんどがM女性である事もわかっています。

    じゃぁM男が行っても意味ないじゃん?と思われますか?その考え方そのものが間違っています、実際にM男がS女とカップルになるパターンはM同士からのスタートが多いのです。

    つまり、女性は男性を好きになると自分のM嗜好よりも相手のM嗜好を優先する為、S女性に切り替わっていくのです、結果的にM男としては理想のS女性とのカップルになります。

    ですから、M男の場合でもM女と知り合った方が最終的には良い結果となるのです。

    SMバーに初心者が1人でいくとどうなるの?

    SMバーに初心者が1人で行くのは珍しい事ではありません、百聞は一見に如かずなのですよ、SMがわからなければ、ネットで調べるよりも自分の目で見た方が得られる情報は多いです。

    それに他のお客様のお話なども非常に興味深く、人それぞれのSM概念があるんだなと認識できますので、自分のSMを否定するのが馬鹿らしくなります。

    初心者が持つSMバーのイメージは敷居が高いと考える事が非常に多いのですが、ネットに比べたら全然敷居は低いです。

    SMの世界に長年いる人が目立つからそう思えるだけで、実際にはSM初心者だからといって、それをバカにする人はいませんから、堂々としていればいいのです。

    それがどんな嗜好であっても、否定されることはありません。

    怖いイメージがあるんだけど、どうすればいい?

    怖いイメージを持つのは主に2つに分かれます、1つはSMそのものに対する恐怖、もう1つは自分を公の場に晒す恐怖ですが、SMでなくてもそれは一緒なのです。

    例えば新しい職場に行けば不安があり、仕事ができるのかどうか?が恐怖の対象となります。

    仕事内容が営業であれば、初めて顔を合わせるお客様に対しての不安もあります、これらの感情はSM及び自分を公開する事となんら変わりません。

    その一歩を踏み出すか踏み出さないか?を迷う気持ちは誰しもが持っていますが、踏み出さなければ何事も始まらないのです。

    筆者が良く言いますが「信じる事をしなければ何も始まらない」という事です。

    信じる事とは怖くても入ってみる、見てみるという行動そのものです。

    男と女が出会って仲良くなるのも同じです、最初は誰だって他人ですから、縁が出来てお互いに信じる事をしなければ先には進めません。

    その点、SMバーは予めスタッフがサポートしてくれますので、お店に入ってしまえば不安などはなくなり、楽しい時間が過ごせるようになっています。

    SMバーに持っていくものは何かあるの?

    もしあなたが自慢したいものがあれば持って行っても良いですが、基本手ぶらでじゅうぶんです、なぜなら何かを自慢し合う場所ではない為です。

    例えば男女のカップルがいて、そのお互いが自慢の対象ならば「私のカレシっていいでしょう?」や「僕の彼女は可愛いんだ」と考えるでしょうが、それを言葉には出しません。

    カップルのSM観はその二人だけの世界ですから、元々二人の間に割り込む隙はありません。

    すごく高価なムチや、仕上がりの良い縄を持って行ったとしても、それもまた自己満足でしかありませんので、新型のスマホを自慢するようなものです。

    自分にとって自慢できるものであっても、他人からすれば見たくもなければ聞きたくもない情報なのですよ、自分が相手の立場に立ってみればわかると思います。

    遊び道具も飲み物も用意されていますから、持っていくものは特にありません

    どんな格好で行けばいいの?

    SMバーに行く人は仕事帰りの人がいたり、お店に行く為だけにおしゃれをしていく人もいますし、会話できればいいからと適当な格好で行く人もいます。

    筆者がSMバーにいくならば適当な格好で行きます、気分的に楽でいたいからです。

    仕事で神経を使っているのに、遊びに行くときも更に神経を使う必要はないと考えます。

    筆者の顔を知っている方は「あ!土屋だ!」と思うかもしれませんが、地味なイメージを貫いている人間ですから、そこら辺の石ころの様な存在でしかありません。

    おしゃれをしたい人はすればいいですし、気楽な方がいいと考えればラフな格好でじゅうぶんです、人の格好を否定したり悪くいう人はその場にいませんので、ご安心ください。

    それこそ作業服でもいいくらいです、価値観は人それぞれ、自分が楽だと思われる格好でも、ナルシズムを得たいからとおしゃれをしても問題はありません。

    自分が思う程、人は自分の事を見ていないし思っていないものです。

    SMバーQ&Aまとめ

    SMバーは自分を人に知ってもらう場所であり、人の世界を知る場所です。

    つまり、人としての最低限のマナーを持ち合わせていればいいだけなのです。

    SM嗜好よりも人としてどうか?技術を持っていても人としてどうか?ですから、SMバーの中では地位もなければ上下関係も一切ありません。

    どこぞの会社の社長もいれば、コンビニでバイトしている人もいますし、その二人に上下関係も発生しませんし、ゴマをする必要もありません。

    店内にいるスタッフを含める全ての人が皆同じ立場になるのがSMバーです。

    アルカディア東京の鉄心さんが自分自身を売り込んでいるのは売名行為と言ってますが(笑)、それは逆から考えればお店の中の秩序的な存在である証明にもなります。

    カウンター内の鉄心さん
    「写真はカウンター内で接客する鉄心さん」

    SMバー店内の秩序を守る事が責任者としての義務です、彼から学ぶことは非常に多くあります、なにもわからなければ彼がなんでも教えてくれます。

    必要なのは行動するかしないかだけです。
    [SMバーはとても優しい空間]

    大阪SMバーARCADIA

    SMバーARCADIA TOKYO

    東京SM&フェティッシュバーTitty Twister

    大阪SM&フェティッシュバーARCANA

    ↑ページの先頭へ