SMの専門サイト
言語切り替え

SMクラブの暴露記事と店舗の目的

SMクラブのシステムや内情、もしくは裏情報などを主に掲載しています。記事によっては既に閉店している店舗記事もあります。

SM藍/SMクラブの暴露記事と店舗の目的関連記事

SMクラブの真実

SMクラブといえば、SM風俗という分野で主にマニアな人達に人気のある風俗店ですが、”クラブ”と名称が付く以上は部活的な活動を行っていると思われがちでもあります、では、実際のSMクラブはどのような場所でどのような事が行われているのかを主に検証、調査を行い、真実を明かしたい思います。

SMクラブの法律の基本

まず、SMクラブ(SM風俗)はプレイルームを所有する事ができませんので、派遣型での運営しかできないのが現状です。

派遣先はお客様のご自宅や指定場所、主にホテルなどをプレイ場所として利用しているのが一般的です。

一軒家でのSMクラブ運営をしている場所は国内にはありません、必ずどこかのマンションの一室というのが定番となっており、その事務所にて電話受付を行い、在籍するSM女性をお客様の指定場所へ派遣することを生業としています。

SMクラブ事務所の運営方式は2パターン存在する

当初派遣型出張ヘルスの法律が決定された時に最初に誕生したSMクラブは事務所にてお客様と接触し、お客様のご希望を聞いた後に、お客様を先にホテルへ行かせます、その指定ホテルの部屋にSM女性が行ってプレイをする方式だったのですが、今は法律が変わり、お客様が事務所に来ることはなく、電話での応対のみとなっております。

この2つの運営方式は届出を出した時期の差によるもので、当初に届け出を出したSMクラブは既存のままお客様が事務所に来てスタッフにご希望を直接伝える事務所受付方式、新しい届出に関しては電話でのみ受付をし、直接お客様の指定する場所へSM女性を派遣する方式となっており、当初の事務所へお客様がご来店する方式は現在新規で運営する事はできません。

では、どちらの方式のSMクラブが良いのか?と言えば、後者の方が人気度があります、その理由はお客様がスタッフと顔を合わせる事をする必要がない為、プレイ前に感情崩れがさほど発生しないからです。

SMクラブ事務所スタッフは殆どが男性であり、プレイ前に男性と顔を合わせる事が好ましくないと思われているのでしょう。

SMクラブを利用してするプレイとはどのような事をするのか?

具体的には一般的なSM行為とされる鞭打、緊縛、苦痛、痛み責めなどがメインの内容となりますが、SMというカテゴリが完全に分裂した事により、その専門的な行為のみ行う店舗の方が多くなってきました、名称的にもSMクラブではなく、SクラブとMクラブ(正確には女王様クラブ)という形にSとMが分けられての運営であり、それぞれのお店にはS男性、M男性が利用する特化された運営方法に切り替わりました。

現在ではこの3方式(SMクラブ、Sクラブ、Mクラブ)が主流となっており、それぞれに特化した事でお客様が利用しやすい状態へと変化しましたが、その反面クラブ離れするお客様の層も同時に増えていく現象にも繋がりました。

この原因はプレイ内容の劣化が原因の1つとされています、プレイ内容の劣化とは単純にSM女性の見た目ばかりを重視する事を競争するSMクラブが増えてしまい、その分SM女性からのお客様に対するプレイ内容の品質が下がってしまったのです。

プレイ内容の品質が下がれば、お客様は満足を得る事ができず、お店からの客離れの原因となりました。

そもそも見た目だけ良ければなんでも良いというお客様ならばわざわざSMクラブを利用しなくてもお手軽なデリヘルで済ませばよい訳ですから、SMクラブ全体のクオリティが下がったとも言えます。

料金体系にしても通常のデリヘルと比べて高額利用となりますので、お客様にとってはマニアックなプレイが出来なければSMクラブの存在価値そのものが意味をなさない事となってしまうのです。

裏社会でのSMクラブは変化のない現状となっている

SMクラブには実はもう1つの裏で行われている完全VIP専用のものがあります、これは広報もしていなければHPなども一切ない完全に隠蔽されたSMクラブであり、その会員はVIPと呼ばれる特殊な人達で、主には芸能人や政界人、大手企業の役員などが利用しているクラブです。

このSMクラブは一般の人は一切利用する事はできませんし、SM女性の求人すらも行っていないのです。

では、SM女性をどうやって確保してきているのか?実際にクラブ会員になる為にはどうすればいいのか?

それについては運営者側からは一切のコメントを拒否されてしまいましたので、実際にどのような事が行われているのかが定かではないのが現状ですが、筆者の推測では恐らく違法的な事なのではないかと考えています。

もちろん、その裏付けや確たる証拠は一切ありませんが、広報もせずに求人もせずに運営ができるSMクラブが合法的に運営できるはずがありません、第一どうやってお客様を確保するのかの時点で大問題な訳です。

しかし、ある程度の情報を掴む事はできましたので、別記事にてその真相を暴露していきたいと思います。

SMクラブはSとM両方に対応している店舗が少ない

SMクラブとは名称通り、Sのクラブ、MのクラブをまとめてSMクラブと言われておりますが、実際にはSとM両方のサービスを扱っているお店は少なく、ほとんどがSクラブ、Mクラブと別々の運営形態になっているのが一般的です。

特にMクラブ側は別名女王様クラブもしくはM性感などの名称でも知られており、これらにはSプレイ自体が存在しません。

また、SMクラブのシステムでの表記方法はいずれも男性客を意識した料金体系となっており、プレイ名称も男性側の見方でSプレイ(男性がSをするプレイ)、Mプレイ(男性がMをするプレイ)としていますが、稀に女性客が来られる場合もあり、その女性客に対しても男性客側のプレイ名称として使われているのが一般的です。

SMクラブを利用する際に自分のSMグッズを持ち込む事は禁止されている

SMクラブは通常手ぶらで行きます、なぜならSMプレイをする為のSM道具は全てお店側で用意されているからですが、自分の専用道具を使いたいというお客様もたまにいらっしゃいます。

その場合はお店側が問題ないと判断した場合のみ、SM道具の持ち込みを許可しますが、通常は持ち込みは全て不可という形となっており、理由は在籍するSM女性に対する店側の責任がある為とされています。

この事由より、派遣されるSM女性が個人宅に出張するケースは少なく、お客様のご自宅にはSM道具が装備されている可能性を考慮した上でNGとされており、通常はファッションホテルなどを主なプレイルームとして利用しています。

SMクラブは名称の通り”クラブ”である為、会員制としている

どこのSMクラブでも完全会員制と記載がありますが、これはSMクラブ自体がクラブであり、クラブとはサークルやクラブ活動そのものの意味を示す名称ですので、どこのSMクラブでも会員制という形での運営をしているのが一般的です。

事務所でお客様と顔を合わせる事、お客様本人による入会カードへの記入をさせる事など、これらを行った上で会員の一員として在籍するSM女性とのプレイをする事が出来るのが会員制SMクラブです。

会員制にする事のメリットはお客様の好みやプレイ歴などを常に把握し、次のプレイの際に前回のプレイ内容を踏まえた上で好みに対応したSM女性をお客様にお勧めできる点など、会員制とするのは有利な点が多くあります。

お客様側としても会員制の方が、自分の好みやプレイ内容をSMクラブ側が把握している分、あまり考えたり悩んだりする事なく次のプレイをする事ができるのです。

出来るだけスマートに対応するのがお店側であり、自分の事を多く知っている故にツーカーで即プレイができるのは会員制SMクラブの使いやすい部分でもありますので、お客様の立場で考えだしたシステムが会員制SMクラブなのです。

SMクラブの暴露記事と店舗の目的関連記事


SMクラブ ブランド

こちらはSMクラブの暴露記事と店舗の目的に関わる記事をおもに掲載しています。

(20件)

SMクラブのつかい方、マナーやルールなど。 


SMクラブのクラブ活動 


SMクラブが高額とされているのは品質ではない 


長い板を所持してSMクラブに通う不思議な男性 


裏社会に存在しているSMクラブがある 


SM女性の在籍数が少ないSMクラブを利用するメリット 


SMクラブに来た珍しいお客様 


SMクラブの運営年数はクオリティと比例しない 


SMクラブで出会いを求めるのはNGの理由 


SMクラブでプレイして感染した例、ラブホの意外な真実 


プレイをすると大損をする事がある 


仕事とプライベートを混在してしまうSMクラブ 


SMクラブを転職してもイメージ通りの仕事内容にはならない 


スタッフが潰す店舗運営の実態と内部事情 


SM女性が在籍してもすぐに辞めてしまうSMクラブの内情 


検索上位に表示するSMクラブはクオリティが高いと判断するのは間違い 


SMクラブとは名ばかりのデリヘル産業が増大 


何度も名称変更するSMクラブの本当の目的 


口コミで評判の良いSMクラブが存在する 


SMクラブ ブランドの開設と内部の仕様 


↑ページの先頭へ