SM-I/全てのSM記事
  • SMクラブ求人

    SMクラブが求人をしている理由は山ほどありますが、こちらでは主に”求人をしている本当の狙い”をベースにした形で執筆させていただきます、これからSMクラブでお仕事をされる方にとっては役に立つ情報です、是非お読みください。
    どこのお店でも同様ですが、特にSMクラブの求人にはいくつかの理由が存在します、本当にSM女性を求人しているケース、人員数確保の為の求人、引き立て役の求人が主な理由となります。
    本当にSMクラブが求人をしている場合を除いて、人員確保及び引き立て役については要注意となります。
    それぞれの説明をしますので、SMクラブで働いてみようと考えている方は騙されないようにしましょう。

    SMクラブが求人を出しているケース、人員確保

    ではまず初めに人員確保についてです、SMクラブが求人を出しているケースの1つとして人員確保があります、これは既存で既に在籍しているSM女性に仕事を振る為に入店させるケースです、ようは客寄せパンダですね。
    例えば、「新人が入りました!」とSMクラブのHPに告知しますが、いざお客様が来店してみるとその新人は予約がいっぱいで既存の在籍SM女性を紹介し、プレイをさせる方式です、従っていつまで経っても仕事ができない状態となります。
    見た目のクオリティが高い場合に於いてはSMクラブ側も新人を前に出すように仕向けますが、それ以外での新人はお客様のリピート率が下がる可能性を考え、あえて既存の在籍SM女性をお客様にアピールするのです。
    SMクラブに入店はしたものの、いつまで経っても予約の連絡が来ないのはこのケースが非常に多くあります。

    SMクラブの目的の異なる求人のケース

    次にSMクラブが求人を出す最もひどい理由です、これは”引き立て役”を求人しているケースとなります。
    引き立て役は主に見た目のクオリティが低いもしくは胸が小さいなど、すでに在籍しているSM女性と比べて明らかに劣ると判断できるSM女性を雇用し、既存のSM女性に仕事を振っていくケースとなります。
    引き立て役はただ単に新人としてHPに紹介されますが、実際にお客様が来店された際に写真やプロファイルを見せて既存のSM女性の方が優れていると営業をかけてプレイに持ち込みますので、このケースの場合も仕事が来る事がありません。
    SMクラブ側は求人が目的ではなく、売り上げが目的なのです、従って引き立て役の役割も大変重要ではあるのですが、引き立て役に対して給料を支払う程の余裕はありません、SMクラブでの給料保証は通常ないのはそれが理由です。
    しかしながら、裏を返してみると見た目のクオリティが良い新人には裏で若干でも給料を渡しているのが現実です。
    それはクオリティが良いと判断される新人は必ず最終的に売上に繋がるからです、だからSMクラブ側としては手放しません。
    その為に他のSM女性には内緒で給料保証を行うケースは多々あります。

    SMクラブは求人に対する責任は持たない

    SMクラブが求人をする理由はまだまだありますが、人員確保や引き立て役のケースの場合は男性スタッフが手を出す事もザラにあります、何故なら使い捨てメンバーとして雇用するので、退店してもSMクラブには影響がないためです。
    男性スタッフが在籍するSM女性に手を出す事を咎める事はできません、両者の承諾があっての行為と判断される為です。
    しかし、実際には仕事がなかなか来ないと考える新人のSM女性はゴマすりで男性スタッフと関係をもつ事で自分が有利な立場に立つ事ができると考えて、否応なくその手段を選びますが、結果的には仕事は回ってきません。
    つまり使い捨てはいつまで経っても使い捨ての役にしかならず、やがては退店をしてしまいますが、これが何度も新人→退店を繰り返すとどうなるかわかりますか?退店は本人の意向によるものでもSMクラブのHPにはちゃっかり掲載されたままです。
    これはSMクラブが求人をする為の次の素材になるのが理由であり、「在籍SM女性が沢山いますよ!」とアピールする為に既に退店しているSM女性を在籍女性としてHPに残すのです、そうする事で日本人の真似っ子な性格が「ここのSMクラブはSM女性が多いからきっと稼げるんだな、求人の募集に応募してみよう」と前に習えで更に新人が誕生します。
    筆者は20年以上の間、SMクラブの求人の根拠を詮索しておりましたが、これが本当の理由となります。
    つまり、SMクラブは求人をする事に責任を一切持たないのです、もしこの記事に関して信じられないとお思いでしたら実際に自分が在籍しているSMクラブへ聞いてみればわかります、求人に対する責任は一切持っていませんから。

    SMクラブの求人姿勢

    来るもの拒まず去るもの追わずのSMクラブの求人姿勢は蓋を開けてみれば単純に売上に繋がるか繋がらないかだけしか見ておりませんので、仮に生活できない状態になっているSM女性が入店したとしても生活が楽になる事はありません。
    それこそ、そこらで適当なアルバイトをやった方がまだ全然マシだと言えます。
    SMクラブ側の立場で言えば求人をして入店させ、そのSM女性をどう使おうが勝手だろうと言えます、しかし入店したSM女性からすれば生活がかかっている、もしくはどうしてもお金が欲しいから入店する訳です、それぞれの考えは辻褄が合いません。
    SMクラブはただ求人しているだけに過ぎず、願わくば売上に繋がるSM女性が欲しいと考えている事に対し、生活の問題や金銭問題を抱えて入店するSM女性の私情には一切踏み込みませんので、簡単に言えばほったらかしなのです。
    身体を張って仕事をしようと考えてのSMクラブへの入店、やっと決心した入店は上手く利用されて終わりとなります。
    全てのSMクラブがこのような求人をしている訳ではありませんが、このようなケースを念頭に入れて面接を受けるかどうかを判断した方が良いでしょう、筆者が探ったこのケースは少なくとも過去約40店舗のSMクラブの求人実体となります。
    上記に記載したそれぞれのSMクラブの求人理由のケースを更に詳細化したのが下記のコンテンツとなりますので、気が向いたらお読みください、きっと貴女の役に立つ情報が多数あると思います。
    SMクラブ ブランドでもSM女性募集をしております、是非ご利用ください。
    M女性及び女王様の求人募集 ブランド
    SM嬢(SMコンパニオン)とはSMクラブの求人に見た目やセンスのクオリティは求めないうまい話のSMクラブ求人は存在しないSMクラブの求人欄に記載されている給与は正確ではないM女のSMクラブ求人は半分が利用されるだけの広報となるSMクラブの求人応募はリスクが高い場合がある