SMの専門サイト

SM-Iの年齢制限コンテンツ

SM-IのコンテンツはSM動画のページ以外はすべて年齢制限なしでお読みいただけます。SM動画のページについてはページを開こうとすると年齢認証が表示されますので、未成年の方はキャンセルをタップして閲覧しないようにしてください。

その他のページ(www.sm-i.net内部のコンテンツ)に関しては未成年者でも知識としてならばお読みいただけます。

SM-Iとは?

SM-IはSMという世界を人間の考えた上下関係や指導者と従事者がそれぞれどのような精神状態で行動をするのか?もしくは、どのようなことがあなたにとってSMなのか?をおもに研究した結果をネットに配信しているサイトです。したがって性的要素または性的興奮作用の可能性のあるコンテンツはSM動画ページ以外にはございません。

それ以外のページにはビジネス的要素または求人などの読み物コンテンツがございますが、こちらはビジネスをされている方が参照するページとなります。

基本的にはどこのコンテンツを開いても性的興奮作用のあるページは一切ございませんが、ご利用はご自分の責任下においておこなってください。

なお、メニューにある「SM掲示板/SMチャット/SM出会い/SMクラブ」コンテンツ内部にはwww.sm-i.net外部に繋がるコンテンツがあります、外部コンテンツは未成年の方はご利用になれません。

SMについての説明

SMの語源は様々なものがありますが、当サイトで使用されているSMという語源はサディスト&マゾヒストの略になります。

SMとはどのようなものなのかを追求してみる事とします。

・サディスト - Sと言われている語源です、現在の日本のSMでの認識ではSはサービスのSとかスレイブのSなどと様々な表現をされており、SMはSlave&Masterとも言われていますが、元々の語源はサディストのSになります。

・マゾヒスト - Mと言われています、使用用途によっては満足のM、メインのMなどともいわれておりますが、こちらもやはりマゾヒストが元々の語源になります。

そんな事誰でも知っているよ!と思われるかもしれませんが、アダルト的なSMは虫食い状態になっております。これはSM風俗が主流になった頃に遡りますが、元来のSMは今のSM風俗におけるすべてのプレイ内容の総称としてSMと表現しておりました。しかし、SMをビジネスとして本腰を入れた人たちが内部分散を起こしはじめたのです、これは単純にSMをビジネスとする人達の好みが枝分かれした結果となりました。

名ばかりのSM

Mの男性達は女性をSMの女王様として、女王様カテゴリを作り、SMから女王様を抜き取りました。また、フェチカテゴリに関しても同様でSMからフェチを抜き取りました。

Sの男性達はSMから緊縛、奉仕、アナル責めなどを抜き取りました。

SM風俗が総合カテゴリであるSMという総称から専門的かつパーツ分類分けをし、それぞれを専門分野のビジネスとして誕生させていったのです。つまり今は名ばかりのSMとして残留しています。

日本のSMは独特の文化である

日本のSMは海外にはない独特の文化で発展していきました、その裏ではマニアックな世界として知られ、非合法的なビジネスをする個人や企業も増えました。現在(この執筆は2016年)でも裏社会でのSMは存在しています、非合法という意味はお解り頂けると思います。

SMをビジネスとして始めた方たちは主に出会いにターゲットを絞り、現在でもサクラという女性会員のフリをしたスタッフを利用して多額の金銭要求をするサイト運営をし、出会いという信頼はそのような詐欺業者達の行った行為により失っていきました。

SM-Iでも出会い(正確に言えばコミュニケーション)が全体の半分を占めますが、悪徳業者達の影響もあり、信頼性を失っております。

縄師(緊縛師)の世界

SMから枝分かれした緊縛(縄師が人を縛る行為)の世界では、また別格の進化を遂げていきました。2000年~2010年までに沢山の縄師が出現し、それぞれの緊縛技術の披露及びSM観を広げていきました。特に緊縛技術に関してはショーやHPなどでオリジナルの手法を考え出し、独特の縛りを競い合っていきました。

その頃にはSMの世界は更に2分割されるようになりました、縄師達が集い運営するHPはSMのプロフェッショナルという名目となり、当サイトのようなアマチュアが運営しアマチュアが集うサイトとの繋がりを断ち切ったのです。つまり、SM-Iに集うユーザーはアマチュアであり、縄師やイベントをするユーザーはプロ側、更にプロはDVDの制作や動画販売などに着手しました。

SMは自分の世界観であり、当サイトでのコミュニケーションとは自分のSMという世界観を共有しあえる、分かり合える人と人が結びつく為のツールです。このツールを上手く利用して自分のSMをわかってくれる人、自分のSMを教えてあげたい人を見つけてください。


↑ページの先頭へ